沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 || Next»

2009-06-08



金月(きんちち)

店名:創作オキナワンソバ 金月(きんちち)



紹介メニュー:軟骨ソーキソバ
金額:700円



感想
魚介系のあっさり系のスープ。(魚粉がかかっています)
自家製麺の太縮れ麺がおいしいです。
初めてスープ全部飲みました。
でも全体的にラーメンぽい感じ。
くずれ三枚肉のまぜまぜご飯とかつけソバとかラーメン屋
っぽいメニューもあります。
後、お店の雰囲気がロハスな感じです。

その他メニュー
沖縄ソバ 630円
つけソバ 750円
くずれ三枚肉のまぜまぜご飯 300円
ミミガー飯 300円



営業時間
11:00-19:00

定休日 木曜日

住所
読谷村喜名201番地

電話番号
098-958-5896

駐車場
なし(目の前に止めれます)


by koba

2008-11-18

和食ダイニング「川(sen)」

店名:和食ダイニング川(sen) 那覇市港町本店
null

紹介メニュー:炙りとろとろ軟骨ソーキすば(大)
         スープ:わさびかつお風味


金額:600円

営業時間:昼11:30~16:00
       夜17:00~24:00(ラストオーダー23:30)
年中無休

住所:那覇市港町2-5-8 1F

電話番号:098-861-4447

店内情報
・カウンター18席
・掘りごたつ席40席
・テーブル24席
・庭席12席
全94席(個室40席)

駐車場:20台完備

感想:スープが三種類あり、今回はわさびかつお風味をチョイスしました。鼻にツーンとしたわさび風味は、これまでに味わった事がない、沖縄そばの新しい味でした。美味しいですよ。
トッピングの軟骨ソーキはサイズがデカイのに、非常に柔らかい!! 軟骨好きにはたまらないボリュームで、食べ応えありですよ。 これで600円は非常に安い!!



麺は普通だったけど、スープが独特なので、美味しかったです。
スープは他に、かつお風味とゆずかつお風味の2種類がありました。



是非お試しあれ!!


取材スタッフ:泳魚

2008-09-30

うるくそば本店

●沖縄そば屋の名前
うるくそば本店
 しっかり味が自慢です!! ~特選沖縄手打ちそばの店~
●紹介メニュー
なんこつソーキ(大) ※ジューシー付
null
●金額
730円
●住所
那覇市鏡原町10-11
●電話番号
098-857-8047
●営業時間
午前11時~午後9時(ラストオーダー午後8時半)
※年中無休
●駐車場有

●感想
かつおダシの汁がおいしいです。
そばの上には紅しょうがではなく、かつお節がパラパラっと・・・。
なんこつも大きいし、柔らかいし、全部食べれます。これもおいしい!
麺の種類も平麺、太麺、細麺と3種類もありました。
ジューシーの他にも、コーヒーorぜんざいも付いてくるので、金額的にはいいくらいでした。
お客さんは地元の方が多い感じでした。
とにかく、普通においしいそばでした。
●取材した人の名前:ニックネーム
泳魚
●写真:





2008-09-18

新山そば(新山食堂)

●沖縄そば屋の名前
 新山そば(新山食堂)
●紹介メニュー
 そばセット
null
●金額
 650円
●住所
 名護市大東1丁目9-2
●電話番号
 0980-53-3354
●感想:
 麺は太麺でもっちりして食べ応えがありますね。
 スープはあっさりとしたカツオのような豚骨のような・・・。どちらだろう・・・? もしかしたらカツオと豚骨のチャンプルースープかも。
 テーブルにあるコーレーグースはよんなぁよんなぁ入れていかないと、ヒータッターしますよ。
 かなり辛い!! トウガラシがたっぷりだから納得ですけどね。
 一緒についてくるジューシーもうまいの一言。
  他にもてびちそばやら野菜そば、フーチバーそばなどいろいろありますので名護に行く際には是非どうぞ。
 地元の方だけじゃなく、以外に観光客が多かったですよ。
 いったいどこから情報を探してくるのやら。
 恐るべし観光客!!
●取材した人の名前:ニックネーム
 泳魚
●写真














2008-09-12

そば処 玉家

●沖縄そば屋の名前
 そば処 玉家・2号店
●紹介メニュー
 ソーキそば(特盛)

●金額
 750円
●住所
 〒901-1207
 南城市大里字古堅913-1
●電話番号
 098-944-6886
●営業時間
 午前11時半~午後6時迄
 年中無休(年始のみ休み)
●感想
 かつおだしが十分に出ていてあっさりとしたスープ。
 特盛なだけに、ボリュームもすごく多くて食べ応えがありました。
 ソーキもやわらかいし、麺もおいしい。
 南部ドライブに行く際には、これからガンガン行きたい場所ですね。
 店内はテーブル席と座敷席があって全部で30人くらいは軽く入るんじゃないですかね。
 おすすめのそば屋です。
●取材した人の名前:ニックネーム
 泳魚
●写真
null








«Prev || 1 | 2 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。