沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2011-02-23



HY最終公演 観客と声合わせ沖縄市で ライブ収録も(沖縄)

HY最終公演 観客と声合わせ沖縄市で ライブ収録も
null
全国158カ所を回ったHYの「マチカンティーソータンドー
ツアー」最終公演=20日夜、沖縄市のセブンスヘブンコザ

うるま市出身の人気バンドHY(エイチワイ)が全国を回った
「マチカンティーソータンドーツアー2010―2011」の
158本目となる最終公演が20日、沖縄市のライブハウス・
セブンスヘブンコザで開かれた。県内外から約250人のファン
が駆け付け会場は開演前から熱気があふれた。

観客と近いステージで観客からの質問も受けるなど味わい深い
ライブで絆を深めた。ロックからバラードまで14曲をたっぷり
と聞かせた。

HYはギターの宮里悠平、ボーカルの仲宗根泉(キーボード)
と新里英之(ギター)、ベースの許田信介、ドラムの名嘉俊で
2000年結成。インディーズとして北谷町のストリートから
国内外のライブを敢行、オリコンチャート1位の記録を更新する
など活躍する。10年の年末はNHK紅白歌合戦に初出場した。

ツアー皮切りは4千人を沸かせた、10年3月の宜野湾海浜公園
屋外劇場。街から街へ歌を届け、今月16日の宮古島公演は
1500人が集まった。セブンス―は高校時代からインディーズ
デビューまでよくライブをしていた場所。「あれから10年後、
こうやって皆さんの前で歌えるなんて幸せ」と感謝を込めた。

ライブは「隆福丸」から「少年」などロックで乗せ、バラードの
「さあ行こう」はしっとりと聞かせた。仲宗根の声が大きく響く
「Song for…」。「前向きでいつもキラキラしたあなた
でいて」などと冒頭からのメッセージで涙ぐむファンもいた。
元気いっぱい「ホイッスル」は会場一体となり、それぞれ指笛
など吹いて盛り上がった。

観客の熱心な歌声に応えたアンコールは、初めて5人で作詞作曲
に挑戦した「卒業」。6枚目アルバムに収録予定だったが延期し
“6人目のメンバー”の観客と一緒に歌いたいと、ライブ中に
録音観客が声を合わせ「ラララ/ありがとう」などと合唱した。
同曲は7枚目新アルバムに収録される。 平和や家族、命の大切
さを紅白の舞台で歌った「時をこえ」。響く三線や太鼓の音にも
メンバーの気持ちがあふれ、会場から大きな拍手が起こった。

(中地由希香)



(琉 球 新 報)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。