沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2011-01-16



与那国の大会2連覇なるか 八重山毎日駅伝きょう号砲 (八重山・沖縄)

与那国の大会2連覇なるか 八重山毎日駅伝きょう号砲
null
19チームがエントリー石垣島1周で熱戦展開

 第36回八重山毎日駅伝競走大会(主催・八重山毎日新聞社、
主管・八重山陸上競技協会)が16日午前9時の号砲を合図に、
石垣市中央運動公園陸上競技場を発着する全16区間、76.6キロの島内東回り
1周コースで開催される。今年は郡内各地域から19チームが出場し、大会2連覇が
かかった与那国をはじめ、2大会連続総合3位の波照間、34回大会で初めての
頂点となり勢いがある新栄町、古豪復活を狙う白保など各字や地域の力走に
大きな期待が寄せられている。

 毎年恒例の大会は、郡民の健康の保持増進と競技力向上を図ると共に、全国に
向けた選手の発掘養成に寄与するのが目的で、前半と後半で総合成績を決める。

 前半は、陸上競技場スタート~大浜農協バス停~磯辺バス停~宮良西バス停~
白保小前バス停~大里バス停~星野バス停~伊野田小前バス停~伊原間新垣商店前
~野底下地バス停の39.1キロ。

 後半は、野底下地バス停~富野バス停~米原バス停~吉原バス停~高嶺酒造所前
~崎枝バス停~名蔵大橋~陸上競技場の37.5キロ。

 1位のチームがゴールするのは午後1時30分になる見込み。最も距離がある
最終区間(10.3キロ)は、各チームともベテランやエースを配置しており、
白熱した展開が予想されている。



(八重山毎日新聞)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。