沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2007-05-22



波上祭り・・・

先日の5月20日の日曜日に波上祭りが開かれた。
そもそも波上祭りとは毎年5月の20日前後の日曜日に行われる「波上祭り」(ナミノウエ)は那覇の辻町一帯で行われる。ごく小さな地域での伝統のある、そして独特の特色を持った祭りである。


神輿
沖縄で神輿に御目にかかることは極めて珍しいことだ。
神道である神社が沖縄に根をおろしたのははるかな琉球王朝時代で波の上宮、普天間神宮など琉球八社と呼ばれ8ヶ所存在したという。沖縄は今も残る原始宗教といわれる自然崇拝であった。例えば島で最も高の頂上(最も天に近い所)に近くの自然石を置き目に見えない神に祈りを続けた。いつの頃からか本土から神道が伝わり目に見えない(一神教に近い?)神を対象としていたのが島井とか祠が作られ、その中にかみの存在を認め祈りの対象となったと言われている。
しかし、現在の沖縄でも祈りの対象に海の彼方の「ニライカナイ」であり、森の奥深くの大きな木の根元であり、「ヒヌカン」(火の神様)、先祖崇拝が圧倒的に多い。


大太鼓
波の上宮を中心としたこの祭りにはやはり、神社の流れを強く感じさせる。
この大太鼓もそうであり、道行く人の目を引いた。

琉球王朝の紋と宮司
八夕に染め抜かれた巴の御紋(ヒジャグムン)は明らかに琉球王朝の紋だが宮司さんと一緒だ、こうして沖縄のチャンプルー文化が育っていくのかな。


子供達のエイサー
沖縄でどこの祭りでも小学校の運動会でも、はては結婚式の余興でも、エイサーは欠かせない。


沖縄のオバチャン
沖縄のオバチャン達は、元気者ぞろいだ。派手派手の揃いのハッピを着て道などを踊りまくる。

ジュリ馬
琉球王朝の時から花町でもあった、ここ辻町、波の上一帯は、未だに綺麗なお姉さんの多いところ。古い歴史を持つ「ジュリ馬」行列はこの地域の名物であり,多くのファンが居る。
ジュリ馬動画です


«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。