沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2011-02-25



勝連さんのキビ、反収20・6㌧(宮古島・沖縄)

勝連さんのキビ、反収20・6㌧/サトウキビ競作会
2年連続県1位に期待
null
収穫した審査用のサトウキビを手に笑顔の勝連さん
=24日、上野新里

県糖業振興協会の2010-11年期サトウキビ優良事例調査
(競作会)宮古地区全刈り作業が24日、地区代表の勝連栄一さん
のほ場で行われた。収穫した結果、収量は反収ベースで20・6㌧
平均糖度は13・9度。産糖量は同協会で正確に算出されるが、
2年連続宮古地区代表の県1位が期待される。

勝連さんのサトウキビは夏植えで品種は農林21号。09年8月に
植え付けたもので、堆肥とプリンスベイト剤を使用している。
さらに植え付け後、高さ1㍍ほどに伸びたキビを根元から切って
茎数を増やしたという。

全刈り作業は午前9時30分ごろから行われた。県、市、JAなど
の関係者が刈り取り作業を担当。キビの長さは最長で5㍍超、
平均でも4㍍50㌢以上で高収量を裏付けた。

収穫後は宮古製糖城辺工場で計測した。収量、品質ともに前期
県1位だった川満長英さんのキビには及ばないものの反収20㌧は
県内トップクラス。事前の予備審査では産糖量も上位に付ける
など県1位が期待される。

勝連さんは「宮古代表に選ばれてうれしく思う。このキビは
県1位を狙って植え付け時から管理してきた。1位になって
皆さんの期待に応えたい」などと抱負を話した。

勝連さんのサトウキビについて、県糖業振興協会の糸数勝美次長
は「茎数も長さもあるキビで素晴らしい」と評価した。

最終審査は来月上旬に実施、表彰式は4月21日に行われる。


(宮古毎日新聞)

2011-02-17

テビチでまちおこし 「戦後のにぎわいを」のぼり旗で盛り上げ(沖縄)

テビチでまちおこし 「戦後のにぎわいを」のぼり旗で盛り上げ
null
完成したばかりののぼり旗を手に笑顔を見せる会員ら
=7日、うるま市石川の市商工会石川支所前

【うるま】テビチで有名だった旧石川市(現うるま市石川)を再び
「食」で盛り上げようと、県飲食業生活衛生同業組合石川支部(神里
盛喜支部長)はこのほど、「てびちの町」をアピールするのぼり旗を
作製。組合員の店舗などで掲げ、地域活性化に意気込みを見せている。

石川は、終戦直後に収容所が設置され、戦後沖縄最初の中央政治機関
「沖縄諮詢(しじゅん)会」が置かれた「沖縄の戦後復興の地」と
いわれる。地元の関係者によると、当時の市場には、所狭しとそば屋
があり、多くの人たちがテビチそばに舌鼓を打っていたという。

のぼり旗には、戦後復興期に活躍した芸人・小那覇舞天(ぶーてん)
(本名・全孝)のイラストを取り入れ、「笑いは商なり」の文言を
加えた。旗は20枚作製し、石川地区内の居酒屋やレストランなど
支部会員の店舗で掲揚する。

神里支部長は「石川は戦後の食文化復興の地とも言える。不景気を
食と笑いで吹き飛ばしたい」とPR。同市商工会の山城和正会長は
「石川でおいしいテビチが食べられるとして、県内外から多くの人に
来てもらえる場所になるよう頑張ってもらいたい」と激励した。


(具志堅千恵子)






(琉 球 新 報)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。