沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2011-03-16



義援金600万円を可決/多良間村議会が宮古市へ(宮古島・沖縄)

義援金600万円を可決/多良間村議会が宮古市へ

【多良間】多良間村議会(西平幹議長)は14日、東日本大震災で
甚大な被害を受けた姉妹都市・岩手県宮古市への義援金600万円
を計上した補正予算を可決した。同村は同日、役場に義援金受付窓
口を開設。15日には、村民に義援金の協力を呼び掛ける文書の配布
を各区長に依頼した。

交通ルートが回復次第、下地昌明村長と西平議長が、見舞いに行
く。栄養豊富な多良間特産の黒糖も早急に送付する。

消防庁災害対策本部のまとめによると、15日午前11時30分現在の
宮古市の被害は死者110人、行方不明1658人、重軽傷33人、
火災6件に上っている。

下地村長は「宮古市とは、30年以上前から大人や子どもが交流を
続け、姉妹都市を締結している。悲惨な状況を知って、一刻も早く
駆け付けたいが交通の関係で、思うに任せない。早急な復興を願っ
ている」と話した。

両市村の交流は、多良間村に漂着した商船の乗員を島民が看護し
帰還させた史実をきっかけに始まった。姉妹都市は、1996年
に締結された。



(宮古毎日新聞)

2011-01-26

今年も与那国に援農隊 北海道から第1陣石垣着(沖縄)

今年も与那国に援農隊 北海道から第1陣石垣着
null

与那国島でサトウキビの収穫や製糖工場の作業を行う第36回与那国島
サトウキビ刈り援農隊は今期、約70人が参加することになっており、
このうち、北海道からの25人が24日夕、石垣空港に到着した。
一行は25日にフェリーで与那国入りする。

 JAおきなわ与那国支店製糖工場は27日から操業。原料は前期より
約400トン多い約5000トンを見込む。援農隊の参加者は民宿や農家に
分宿して、2カ月近くキビ刈りや工場の作業を行う。

 札幌市の自営業、長岡由紀子さん(36)は去年に続いて2度目の参加で、
「去年はきつい思いをしたが、それ以上に島の人の温かさが素晴らし
かった。景色もきれい。素晴らしいところでまた働きたいと思い、
参加した」と話していた。



(八重山毎日新聞)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。