沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2011-02-16



都内百貨店に出店へ 石垣島スパイスマーケット(沖縄)

都内百貨店に出店へ 石垣島スパイスマーケット
null
4月までに計3回商品カタログも発刊異業種16人で活動

「石垣島を育む」をビジョンに島の素材を活用して石垣島なら
ではの商品やライフスタイルを提案する製造業者らが昨年9月に
「石垣島スパイスマーケット」(ISM、平良静男代表、16業者)
を立ち上げ活動を本格化させている。平良代表らメンバーが14日、
市商工会で会見し商品紹介用のカタログ発刊と東京都内での
百貨店出店計画を発表した。今後、ISMの考えに共感する事業者を
募り、輪を広げていく考えだ。

平良代表は「ヒト、モノ、コトのつながりで石垣島をアピールして
いきたい」と話している。

市商工会が昨年1月、特産品のブランド化を図り、適正価格で販売
することを目的に島内業者を集め、小田急百貨店で
「石垣スパイスマーケット」を出店したのがきっかけ。スパイスには
「刺激」「非日常」という意味合いが込められており、平良代表は
「石垣島に来ること自体がスパイス。非日常を味わえる意味で
ネーミングされた」と説明した。

参加業者はその後も会合を重ねてビジョンやポリシーをつくり、
賛同者を募って昨年9月、異業種の集まり「石垣島スパイスマーケット」
を発足させた。

食品からジュエリー、陶器、民芸、オイルなど業種はさまざまだが、
▽地場素材を活用した第一次産業とのつながり▽観光ビジネスを活用
した第3次産業のつながり
▽製造業と他の産業がリンクするシステムづくりを
目指すことを確認した。

ISMはこれまでにカタログ5000部の発刊とともにホームページを開設。
4月までに都内で3回、百貨店などに出店する。八重山の産業まつり
(5月)ではブースを設け、バイヤーの招聘(しょうへい)も企画している

事務局的や役割を担う岡元信之・桂子さん「いろんな業種が出会った
ことでつながりができ、統一した考えをもって取り組みができる。
これからも新しい商品を生み出していきたい」と話した。
平田睦事務局長も「どんどん生み出すことで島の活性化につながる」
と期待する。

ISMへの問い合わせは岡元さん(090-5745-3939)。商品は
「石垣ペンギン」(旧イーグン)=大川=で購入できる。



(八重山毎日新聞)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。