沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2011-03-19



2011義援金100万円託す 市に石垣SSの大浜氏 (八重山・沖縄)

2011義援金100万円託す 市に石垣SSの大浜氏
null

石垣エスエスグループの大浜一郎社長は18日午後、石垣市役所を
訪ね、「東日本大震災の被災者に」と義援金100万円を中山義隆
市長に手渡した。

石垣市商工会女性部も、2月に開催したフリーマーケットの売上
金から10万円を寄付した。

中山市長は「被災者を何らかの形で支援したいという市民は多い
と思う。1日も早い被災地の復興に向けて市民の善意をより多く
集め、被災地に届けたい」と述べた。




(八重山毎日新聞)

2011-03-18

退職早めて被災地へ 八重山病院看護師の高野さん (沖縄)

退職早めて被災地へ 八重山病院看護師の高野さん
null
「震災、他人事でない」祖父母、阪神大震災で亡くす

東日本大震災の被災地岩手県釜石市に、県立八重山病院の看護師
高野直弥(なおみ)さん(37)が退職を早めて支援に向かう。公的な
ルートを頼らず、自ら行動を起こして受け入れ先を探した。今年3
月まで勤務する予定だった同病院を退職、18日に石垣島を発つ。
「医療スタッフも被災者。1日でも2日でも休ませてあげたい」と
話している。

高野さんは、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)で長田区に住
んでいた母方の祖父母を、スマトラ沖地震(2004年12月26日)で
スリランカの友人を亡くした。今回の被災地の一つ茨城県鹿嶋市
には、八重山病院に勤務する昨年1月までの8年間住んでいた。
震災を「人ごととは思えない」。友人から「沖縄は無事で良かっ
たね」と言われ、「何かできないか」との思いを強くした。

14日、医療・保健衛生分野を中心に緊急人道支援活動を展開する
特定非営利活動法人AMDA(アムダ)に連絡、16日に受け入れが決
まった。思い立ってからわずか3日間で支援への思いを形にした。

高野さんは17日付で同病院を退職。この日早朝、大阪の両親に
連絡すると「行くと思っていたよ」。理解してくれたことに
「分かってくれている。ありがたい」と感謝する。

「まったく情報が入っていないのでまずは現地の状況、現状を
知りたい。それを足がかりにできることがみつかるのではないか。
現地の医療従事者も被災者なので少しでも休ませたい」。19日、
現地に入る。



(八重山毎日新聞)

2011-03-16

赤十字県支部が宮城へ出発(沖縄)

赤十字県支部が宮城へ出発
null
出発式に臨む日本赤十字社県支部の医療救護班=那覇市・
沖縄赤十字病院

東日本大震災の被災地支援のため、日本赤十字社県支部の医療
救護班第1陣の7人が15日午前、現地へ向け出発した。東京
を経由し17日から4日間、宮城県石巻市の石巻赤十字病院を
拠点に活動する。出発を前に15日、沖縄赤十字病院で出発式
があり、班長の佐々木秀章医師が「被災者に少しでも安心して
もらえるよう、心を尽くしたい」と決意を述べた。

班は医師、看護師、自動車操作要員らで構成。救急車に診療や
蘇生(そせい)用の器具、薬品などを積み、病院や避難所を回
ってけが人や病人を手当てする。県支部長を務める仲井真弘多
知事は「自分の安全も確保しながら、1人でも多くの被災者を
助けてほしい」と激励した。

県医師会も第1陣派遣 岩手向け

県医師会(宮城信雄会長)の災害救助医療班の第1班も15日、
被災地の岩手県に向けて出発した。ボランティアで募った医師
3人、看護師2人、事務1人のチームが医療支援に当たる。
約1週間の日程で活動。同医師会では順次、チームを派遣する。

同日、南風原町新川の県医師会館で出発式があった。名桜大の
出口宝(しげる)医師(52)は「早く現場に行って、できる
限りのことをしたい。岩手県医師会とも連携してスムーズな対
応ができるようにしたい」と語った。県医師会の玉城信光副会
長は「安全を第一に活動してほしい」と激励した。

 第2班は20日に派遣される。



(沖縄タイムス)

石垣市から東北へ-緊急消防援助隊に3人を派遣 (石垣島・沖縄)

石垣市から東北へ-緊急消防援助隊に3人を派遣
null
 宇根隊長、黒島隊員、平良隊員(左から)

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の救援のため沖縄県隊
が17日に出発する。その一員として石垣市消防本部から3人の救
急隊員が派遣されることになった。

同隊は県内11消防本部からの隊員56人で編成され、救助や消火、
後方支援にあたる。沖縄本島の各本部からは工作車やポンプ車、
救急車などの車両も運搬。

石垣市から派遣されるのは、救急救命士の宇根正人さん(隊長)
黒島浩光さん、救急隊員の平良重信さんの3人で、平良さんは
「職務を遂行して救難救護に全力を尽くしたい。県民、市民の
代表としてできることを確実にやっていきたい」と話していた。

同消防本部が被災地に職員を派遣するのは初めて。器材だけで
なく自らの食糧や水などもそろえるため、持ち物は数十キロに
なるという。台風や海難などの現場を経験している隊員も、雪
が舞う地域での活動は初めて。前木秀靖消防長は「災害の規模
が大きいが、現場では冷静沈着に対応してもらいたい。くれぐ
れも2次災害には気をつけてもらいたいと思う」と語った。

3人は16日に那覇に向かい、17日に沖縄県隊として空路・東京
に入る。その後、陸路で現地に向かう予定。1週間程度を予定
しているが、「長期になることも考えられる」と前木消防長。
人員交代で現地に入ることも想定し、体制を整える。



(八重山日報)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。