沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2011-03-16



県立高校合格発表、宮古563人笑顔満開 (宮古島・沖縄)

県立高校合格発表、宮古563人笑顔満開
null
受験番号を見つけて喜ぶ受験生ら=宮古高校

2011年度県立高校入学試験の合格発表が15日、 県内一斉に
行われた。 このうち宮古地区の4高校 (宮古、 宮古総合実業、
伊良部、 宮古工業) では午前9時から連携型や推薦入学者を
含む計563人の合格者の受験番号が張り出され、 番号を見つ
けた受験生らが 「やった、 受かった」 などと歓声を挙げ、
家族や友人らと抱き合って喜び、 4月からの高校生活に胸を躍
らせていた。

宮古4校のうち、 学科別志願倍率は宮古理数科が1・21倍で最
も高く、 次いで同普通科が1・09倍、 宮古総合実業生活福祉科
が1・03倍、 同食品科学科が1・00倍だった。

このうち県立宮古高校では合格者の受験番号が午前9時から張り
出され、 待機していた大勢の受験生や家族が受験番号を見つけ
ては歓声を上げ、 合格を喜び合っていた。 涙を流したり、 カ
メラ付き携帯電話で受験番号を記念に撮影したりしながら、
合格の喜びをかみしめていた。 また、 電話やメールで両親に
合格を興奮した様子で伝える受験生の姿も見られた。

同校普通科に合格した城辺中の島尻元輝くんは 「長かった受験
生活を乗り越えやっと合格できた。 自信はなかったが合格でき
てうれしい。 高校ではバスケ部に入部し、 勉学と両立させ、
大学進学を目指したい」 と笑顔で話していた。 また、 理数科
に合格した平良中の島尻奈津希さんは 「高校では漢字検定、
数学検定など試験を受けたい。 目標である栄養士になるため
頑張りたい」 と意気込んでいた。

なお、 各校とも二次募集を16、 17の両日に実施する。 宮高
理数科、 普通科を除く3校10学科・6コースで実施される。
合格発表は25日。

二次募集内容は
▽伊良部=普通科35人▽宮古総実=生物生産14人環境工学11人、
生活福祉1人、 海洋科学13人、 食品科学10人、 商業20人
▽宮古工業=自動車機械システム20人 (機械システム15人、
自動車5人)、 電気情報17人 (電気技術5人、 情報技術12人)
生活情報16人 (服飾デザイン12人、 フードデザイン4人)



( 宮 古 新 報 )

2011-03-16

赤十字県支部が宮城へ出発(沖縄)

赤十字県支部が宮城へ出発
null
出発式に臨む日本赤十字社県支部の医療救護班=那覇市・
沖縄赤十字病院

東日本大震災の被災地支援のため、日本赤十字社県支部の医療
救護班第1陣の7人が15日午前、現地へ向け出発した。東京
を経由し17日から4日間、宮城県石巻市の石巻赤十字病院を
拠点に活動する。出発を前に15日、沖縄赤十字病院で出発式
があり、班長の佐々木秀章医師が「被災者に少しでも安心して
もらえるよう、心を尽くしたい」と決意を述べた。

班は医師、看護師、自動車操作要員らで構成。救急車に診療や
蘇生(そせい)用の器具、薬品などを積み、病院や避難所を回
ってけが人や病人を手当てする。県支部長を務める仲井真弘多
知事は「自分の安全も確保しながら、1人でも多くの被災者を
助けてほしい」と激励した。

県医師会も第1陣派遣 岩手向け

県医師会(宮城信雄会長)の災害救助医療班の第1班も15日、
被災地の岩手県に向けて出発した。ボランティアで募った医師
3人、看護師2人、事務1人のチームが医療支援に当たる。
約1週間の日程で活動。同医師会では順次、チームを派遣する。

同日、南風原町新川の県医師会館で出発式があった。名桜大の
出口宝(しげる)医師(52)は「早く現場に行って、できる
限りのことをしたい。岩手県医師会とも連携してスムーズな対
応ができるようにしたい」と語った。県医師会の玉城信光副会
長は「安全を第一に活動してほしい」と激励した。

 第2班は20日に派遣される。



(沖縄タイムス)

石垣市から東北へ-緊急消防援助隊に3人を派遣 (石垣島・沖縄)

石垣市から東北へ-緊急消防援助隊に3人を派遣
null
 宇根隊長、黒島隊員、平良隊員(左から)

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の救援のため沖縄県隊
が17日に出発する。その一員として石垣市消防本部から3人の救
急隊員が派遣されることになった。

同隊は県内11消防本部からの隊員56人で編成され、救助や消火、
後方支援にあたる。沖縄本島の各本部からは工作車やポンプ車、
救急車などの車両も運搬。

石垣市から派遣されるのは、救急救命士の宇根正人さん(隊長)
黒島浩光さん、救急隊員の平良重信さんの3人で、平良さんは
「職務を遂行して救難救護に全力を尽くしたい。県民、市民の
代表としてできることを確実にやっていきたい」と話していた。

同消防本部が被災地に職員を派遣するのは初めて。器材だけで
なく自らの食糧や水などもそろえるため、持ち物は数十キロに
なるという。台風や海難などの現場を経験している隊員も、雪
が舞う地域での活動は初めて。前木秀靖消防長は「災害の規模
が大きいが、現場では冷静沈着に対応してもらいたい。くれぐ
れも2次災害には気をつけてもらいたいと思う」と語った。

3人は16日に那覇に向かい、17日に沖縄県隊として空路・東京
に入る。その後、陸路で現地に向かう予定。1週間程度を予定
しているが、「長期になることも考えられる」と前木消防長。
人員交代で現地に入ることも想定し、体制を整える。



(八重山日報)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。