沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-29



家族ら喜び (ドラフト1位指名)

「これからが勝嶺負」伊志気込み 
null
 家族ら喜び
「やった」 「すごい」。 プロ野球のドラフト会議が行われた28日、
平良字下里の伊志嶺翔大さんの自宅では、 父秀行さん (52)、
母史子さん (53) ら家族や親戚、 知人が顔を揃えて指名の
瞬間を待ちわびた。
ロッテの1位指名が確定した瞬間は喜
びを爆発させ、 祝杯を重ねて宮古初のプロ選手誕生を祝った。
翔大さんは 「嬉しい。 ホッとした。 これからが勝負」 と
意気込みを語った。

念願の指名を受け、 翔大さんは 「これからが勝負なので
気が引き締まる思い」 と
表情を引き締め、 「活躍し、 色んな人に名前を挙げてもらえるような
選手になりたい」と意欲。
宮古の球児達に向けて、 「小さな島からでも指名を受けることができた
常に上を目指してやってほしい。 自分が指名されたことで、
島が盛り上がってくれれば」 と語った。
 
自宅では、 集まった家族や親戚、 知人らがバンザイなどで喜びを
爆発させていた

秀行さんは 「小さい頃から夢だったプロの世界に入ることを
非常に嬉しく思う。 本人の努力はもちろん、 これまで支えて
くれた大勢の方のお陰」 と感謝。 「ケガをせず、 一軍で活躍できるよう
がんばって、 ファンに夢と感動を与える選手になってほしい」 と
期待を寄せた。 史子さんは 「夢見ていた道に進めるとあって嬉しい
支えてくれる周囲への感謝を忘れず、 がんばってほしい」 と話し、
「みなさん応援よろしくお願いします」 と頭を下げた。
 
南ファイターズで指導した大嶺正雄さんは 「嬉しくて涙が出た。
足を生かし活躍してほしい」 と感想。
中学時代の恩師・豊見山誠さんは 「1位指名される選手になってくれて
嬉しい。 昔から光るものがあったが、 たくさんの人が原石を磨いて
くれた。 先輩の胸を借りながら一流の宝石になってほしい」 と語った。

宮古野球連盟の川満時英会長は 「宮古の野球人として誇り。
一軍で活躍するよう期待したい。 宮古の球児達にも良い影響がある」 と話した。



(宮古新報の記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。