沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2011-03-16



義援金600万円を可決/多良間村議会が宮古市へ(宮古島・沖縄)

義援金600万円を可決/多良間村議会が宮古市へ

【多良間】多良間村議会(西平幹議長)は14日、東日本大震災で
甚大な被害を受けた姉妹都市・岩手県宮古市への義援金600万円
を計上した補正予算を可決した。同村は同日、役場に義援金受付窓
口を開設。15日には、村民に義援金の協力を呼び掛ける文書の配布
を各区長に依頼した。

交通ルートが回復次第、下地昌明村長と西平議長が、見舞いに行
く。栄養豊富な多良間特産の黒糖も早急に送付する。

消防庁災害対策本部のまとめによると、15日午前11時30分現在の
宮古市の被害は死者110人、行方不明1658人、重軽傷33人、
火災6件に上っている。

下地村長は「宮古市とは、30年以上前から大人や子どもが交流を
続け、姉妹都市を締結している。悲惨な状況を知って、一刻も早く
駆け付けたいが交通の関係で、思うに任せない。早急な復興を願っ
ている」と話した。

両市村の交流は、多良間村に漂着した商船の乗員を島民が看護し
帰還させた史実をきっかけに始まった。姉妹都市は、1996年
に締結された。



(宮古毎日新聞)

2011-01-21

旅行社の担当者が宮古視察/修学旅行誘致景勝地など巡る(宮古島・沖縄)

旅行社の担当者が宮古視察/修学旅行誘致景勝地など巡る
null

一行は与那覇冴子さんのガイドで宮古島を視察した
=20日、東平安名崎

 旅行会社の教育旅行担当者ら11人が沖縄修学旅行現地視察研修会
(主催・沖縄観光コンベンションビューロー)で20日から2日間、
市内の観光地などを視察している。初日の20日は午前中に
博愛漁港から水中観光船で海中の模様や、地下ダム資料館、農家民泊の様子、
東平安名崎などを視察した。

 エイチ・アイ・エス大阪教育旅行営業所の大野文恵さんは
「大阪では決して味わえない体験ができる島。農家民泊の受け入れ農家が
しっかりしているので、安心して(学校に)薦められる」と述べ
「まさに百聞は一見にしかずで今回の視察は有意義だった。
来年は(宮古島への修学旅行を)実施する可能性は大きい」と
高く評価した。


 一行は午後から島尻のマングローブや池間大橋を視察した。
21日午前中は伊良部島に渡り白鳥岬や渡口の浜などを訪れる。

 同研修会は宮古島への修学旅行を誘致するために旅行会社の
教育旅行担当者をコンベンションビューローが招待した。



(宮古毎日新聞)

2010-11-10

ベロタクシーで首里散策いかが(沖縄観光)

ベロタクシーで首里散策いかが 沖縄都ホテルと連携
null
首里を走行するベロタクシー(ベロタクシー沖縄提供)

 環境に配慮した三輪自転車、ベロタクシーを運行

するベロタクシー沖縄(高江洲悦子代表)が那覇市

の沖縄都ホテルと提携し、首里の史跡や城下町を2

時間かけて案内するサービスを16日から開始する

。同ホテル玄関から発着する市内線バス「首里城下

町線」とベロタクシーを組み合わせた環境に優しい

ツアー。史跡巡り、酒蔵所巡り、菓子店巡りの3コ

ースがある。

 ベロタクシーは守礼門前で待機し、専属ドライバ

ーの与那覇仁さん24が、解説や唄、三線とともに

世界遺産の園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)石門

や金城町の石畳道などの史跡を案内する。酒蔵所巡

りでは泡盛の試飲ができ、菓子店巡りでは落雁(ら

くがん)やまんじゅうが食べられる。

 城下町を自ら歩きコースを考えた、与那覇さんは「史跡を見て帰るだけでなく
城下町の雰囲気を、ベロタクシーでゆっくり感じてほしい」と話した。

 料金は、1人4500円、2人で8000円(各施設入場料など含む)。
火・木・土曜日の週3回、1日2組限定。午前、午後に各1組ずつを
予定している。電話で事前予約が必要。

問い合わせ先はベロタクシー沖縄、
電話098(868)5105。



(沖縄タイムス)

«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。