沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-22



沖縄・ミヤコサワガニ、県の天然記念物に指定

県の天然記念物に指定されたミヤコサワガニ
null
(写真提供・藤田喜久氏)

【那覇支局】県教育委員会 (比嘉梨香委員長) は15日、
宮古島固有種のミヤコサワガニを県指定文化財 (天然記念物)
に指定すると発表した。
ミヤコサワガニの甲幅は3㌢程度で、 渡嘉敷島産のオオサワガニの

近縁であると考えられている。

同委員会は 「琉球列島の地史を検討する上で貴重であり
生息地も限定され絶滅が危惧されることから
保護する必要がある」 と指定したもの。


ミヤコサワガニの指定に向けては、 県文化財保護審議会
(上江洲敏夫会長) が7日に答申し、 県教育委員会が決定した。


宮古島固有のサワガニで、 水中で活動することが多く
夜行性で陸産貝類や水中の有機物を摂食する。
サワガニ類は陸水もしくは陸上のみで生活史を全うし
海水中では生息できない。

宮古島はかつて海面下に水没し
そのあと他の陸地と一度も陸続きにならなかったという説が
一般的なことから宮古島の地史の再検討を促す
貴重な生物として注目。

現在、 生息場所は限られており、 推定個体数は
400から500固体程度と見られている。


同委員会は、 今後の課題では 「外来種(ヤエヤマイシガメ)
により稚ガニが捕食される可能性が高いため
外来種対策を検討する必要がある。

生息地の保全についてはミヤコサワガニの生息場所は
数カ所に限られているため、 今後も生息場所を
良好に保つことが重要である」 と強調する。


指定までの経緯は、 07年9月4日に県教育委員会から
県文化財保護審議会に諮問され、 同年10月22日に
同審議会の指示を受けた第3専門部会 (天然記念物) が
10年2月に宮古島で現地調査を実施。

10年9月7日に同審議会長から県教育長へ指定に向けての
答申があり、 教育委員会が15日の会議において決定した。


(宮古新報の記事より)

2010-10-21

世界が注目 ウチナーグチ BBC電子版に光龍さん記事

比嘉光龍さんのウチナーグチ復興への取り組みを紹介した
英BBC放送のウェブサイト

null

唄三線者で沖縄語(ウチナーグチ)の保存・継承に取り組む
比嘉光龍(ふぃじゃ・ばいろん)さん(41)が
9日更新のイギリスBBC放送電子版に掲載された。

米国人の父を知らずに育った自身の生い立ちから、
沖縄語を取り巻く歴史、講座やラジオ番組を通した
復興活動を取り上げた。

沖縄語による自己紹介の音声も収録され、比嘉さんは
「沖縄が外から注目されていると県民に知ってもらい、
ウチナーグチの復興につなげてほしい」と期待した。

記事中では、2009年にユネスコ(国連教育科学文化機関)が
日本で絶滅の危機にある言語として「国頭語」から「与那国語」まで
琉球列島の6言語の存在を認めたことも紹介。

イギリス・ウェールズ地方が法律でウェールズ語を学校教育の必修科目とし、
沖縄語復興のモデルとして比嘉さんが注目していることなどが記された。

アジア・太平洋地域のニュースや論文を翻訳しインターネット上で
発信する「ジャパン・フォーカス」で論文を発表したことが取材の
きっかけになったという。

比嘉さんは「県民が沖縄独自の文化を見直せば、日米関係にも
影響が出るはずだ」と強調する。

比嘉さんの紹介は「米軍基地負担への沖縄の怒り」と題した特集の
一環。

BBCのウェブサイト
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-11406969
で閲覧できる。



(琉球新報の紙面より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。