沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-24



クマノミの繁殖・放流に挑戦(沖縄宮古島・自然)

海の観を、クマノミ光資源保護の繁殖・放流に挑戦
null
アニメ映画で有名になり、 乱獲による減少が懸念されているカクレ

クマノミの繁殖に挑戦している上野宮国の比屋根安春・敦子さん夫
妻 (40)。 飼育での産卵とふ化には成功したものの、 成長・放流
には至っていない。 比屋根さんは繁殖を通して、 海の観光資源保
護を訴えている。

 うえのドイツ文化村で土産店を営む比屋根さんは、 観光客の人気
も高いクマノミが宮古島の海から少なくなっていると感じ、 2年ほ
ど前から独学で繁殖に取り組んでいる。 現在、 クマノミは繁殖技
術が確立しつつあり、 観賞用としても流通している。 比屋根さん
は自然に近い形での繁殖を目指しており、 最近では平均的にふ化に
成功している。 だがエサなど課題が多く成魚まで育て切れないとい
う。 また水質の維持も難しく、 毎日新鮮な海水を補充している。

 店を訪れる観光客からも宮古島の海とクマノミの人気は高く 「透
明度と魚の種類の多さは宮古の観光資源。 クマノミも間近で見られ
る。 その楽しみを無くしていけないと思う」 と話す。 比屋根さん
は出身地の糸満が埋立てで多くの自然を失ったことから、 「子供の
世代まで残したい。 地元の人が海の資源を守っていく必要がある」
と環境の保全を呼びかける。


(宮古新報の記事より)

2010-10-23

沖縄宮古島・サンゴ移植は300群体

海中公園工事調査結果を大きく下回る
null
採捕作業前の海中公園整備海域。多数のサンゴ礁が確認できる
=平良狩俣地区

 平良狩俣地区に建設される宮古島海中公園(仮称)の工事に合わ
せ、市が実施するサンゴの移植数が300群体程度にとどまること
がこのほど、明らかになった。移植は海中観察施設の前方にのみ行
われる。事前に行われた環境調査では「1800群体から選定して
採捕することが望ましい」とされていたことから、それを大きく下
回る結果となった。

着工前に行われた環境調査によると、当初計画では海中観察施設
を設置することで、推計8500群体のサンゴが直接影響を受ける
とした上で、採捕が可能と思われる岩盤から立ち上がった約450
0群体のうち、20㌢以上の中型のサンゴ約1800群体から選定し
て採捕し、観察施設前や周辺に可能な限り移植するのが望ましいと
報告されていた。

調査結果を受け、市が中型サンゴ約1800群体と観察施設前の
移植可能スペースなどを調べた結果、移植できるサンゴ数を200
から300群体と判断。県に移植の申請を行い、許可を得て、先週
から採捕作業を実施している。

 環境調査で「周辺に可能な限り移植するのが望ましい」とありな
がら、観察施設前にのみ移植を行うことについて、市海中公園プロ
ジェクト室の仲間利夫室長は「県のマニュアルで生息海域から別の
海域へ移すことが禁止されている」と離れた場所への移植が認めら
れていないことを説明した。

 移植申請を許可した県水産課の担当者は「工期も決まっているの
で、現実対応できる数として200から300群体となったのでは
ないか。申請があればさらなる移植を許可することは可能」との考
えを示した。


(宮古毎日新聞の紙面より)

2010-10-21

市制5周年記念初の牛まつり大盛況

「おいしい宮古牛」アピール
宮古牛の大試食会には朝早くからたくさんの市民が訪れ
会場内は長蛇の列とな

null


17日、カママ嶺公園多目的広場宮古牛を内外にPRする
「宮古牛まつり」(主催・同実行委員会)が17日、
カママ嶺公園多目的広場で開催された。

会場には牛汁や焼き肉などの大試食会を目的に
たくさんの市民や観光客らが詰め掛け、長蛇の列となった。
お目当ての宮古牛を味わった人たちからは「とってもおいしい」
「宮古牛サイコー」などの感想が聞かれた。
そのほか、会場では牛鳴き声コンテストなどの
関連イベントも行われ、盛り上がった。

午前10時から行われた開会セレモニーで、
同まつり実行委員会会長の下地敏彦市長は
「市制5周年を記念してこのまつりを企画した。
『宮古の牛は本当においしいんだ』ということを
もっと県内、県外にアピールし、宮古の畜産を振興させたい。
皆さんもきょう一日この会場でまつりを楽しんでほしい」
と呼び掛けた。

null

そのほか、下地明市議会議長、砂川博紀県農業協同組合
代表理事理事長、砂川正幸県宮古農林水産振興センター所長が
来賓祝辞を行い、宮古畜産界発展に期待を寄せた。


開会セレモニー中から、試食のテント前には
宮古牛を味わおうと長蛇の列ができた。

この日用意されたのは、牛汁1500食、牛串500本、
焼き肉1500食(1人100㌘)、ハンバーグ500食、
ハンバーガー200食。


宮古牛の焼き肉を試食した親子は「柔らかいね」
「やっぱり宮古牛っておいしい」などの感想が聞かれた。
用意された試食用の肉は、
午後1時前までにはすべてなくなった。

null

牛の鳴き声コンテストでは、いろいろな牛の鳴き声を
参加者たちが披露し、会場は大きな笑い声が響いた。
 
そのほか、クイズ大会、ミニライブ、創作ダンスなど
多彩な催しが行われ、まつりを盛り上げた。


まつりの最後は、宮古牛1頭が当たる大抽選会が行われ、
上地美香さん(34)=平良=が当選し、
まつりは大盛況のうちに幕を閉じた。

同まつりは、市制5周年記念事業の一環。
宮古島の畜産農家が生産した「宮古牛」を
県内外にアピールし、消費の拡大を狙う。


(宮古毎日新聞の紙面より)

2010-10-12

フランスで沖縄空手 仏語で独習本

現地の上地流協会長・島袋さん「沖縄と交流深めたい」

null

「上地流空手道―歴史と形」

フランス上地流空手道協会会長、上地流空手道宗家9段の島袋幸信氏(68)
=浦添市出身

パリ西郊外ウイユ市在住=がR2N出版社から、「上地流空手道―歴史と形」
という本をフランス語で出版した。
欧州では上地流空手道の形の本はなく、生徒たちの独習を目的に出版。

上地流空手道の歴史をひもとき、発祥から発展の経緯、流儀と兵法、
独特の練習法、歴代の師の功績、形を写真入りで解説している。

 また、空手を教えた半生、亡き島袋夫人の思い出も語っている。

null

「上地流空手道―歴史と形」を出版した島袋幸信氏

沖縄空手がフランスや欧州に普及できたのは
「上地流宗家の上地完明師範のご支援や沖縄空手関係者の協力のおかげであり
この本の出版は心からの感謝の表れ。指導者や後継者をできるだけたくさん育成し
空手道を通して、当地の空手家たちと沖縄との交流を深めたい」と語っている。

島袋氏は1984年渡仏。日系銀行パリ支店に勤務のかたわら空手を指導。
イブリンヌ県キャリエールシュルセーヌ市での上地空手道クラブを中心に
現在ではフランス全土に12道場を構え、
ベルギー、スペイン、スロベニア、ポーランド、ロシアまで活動を伸ばしている。
数年前から毎年、フランス空手道連盟と共催で
上地流空手道フランス全国大会を開催し、沖縄空手道の普及に専念している。

2006年にも「上地流空手道―中国から沖縄へ・沖縄からフランスへ」と
題した日本語の本を東京図書出版会リフレ出版から出版している。

【久高泰子通信員】


(沖縄タイムスの記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。