沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-23



朗読劇「ハテルマ ハテルマ」八重山(沖縄)

null

 戦争マラリアをテーマにした朗読劇「ハテルマ ハテルマ」が24
日に行われるのを前に、主催する「戦争マラリアを語り継ぐ会」(玉
城功一会長)のけいこも熱を帯びている。玉城会長は「朗読劇を通し
て、弾を撃ち合うのとは全然違う戦争があったということが分かる
と思う」と話し、多くの来場を呼び掛ける。

 「ハテルマ ハテルマ」は戦争マラリアの体験者の証言で構成し
た朗読劇で、和歌山県の作家、栗原省さん(81)の作品。「疎開地へ
」「マラリア地獄」など7場で構成されている。八重山では2005年に
波照間などで上演されている。

 同会は、戦争マラリアの体験者が高齢化していることから、その
体験の継承を目的に今年6月に結成。最初の取り組みとして今回の朗
読劇を企画した。

 出演者は、感情を込めて証言を朗読したり、時には芝居さながら
に演技したりしながら、80分間の公演を披露することになっている
。現在の波照間島の景色や旧盆行事の「ムシャーマ」の写真なども
進行に合わせてスクリーンに映し出すことにしている。

 20日夜のけいこは大浜信泉記念館で行われ、出演者や音響、影像
の担当者、ステージ上でいすやマイクスタンドを動かす八重山高校
の3年生など約30人が参加し、3時間近くかけて全編を読み通した。

 作者の栗原さんが指導に当たり、「人形のように立ってないで、
少し動きながら」「テンポを上げて」などと朗読者の動きや発声に
厳しく注文を付けることも。

 家族10数人を戦争マラリアで失い、一人生き残ったことに苦悩す
る女性の証言を朗読する元小学校校長、慶田盛京子さん(62)は「戦
争マラリアの体験者が高齢になっている。朗読でその体験を語り継
ぐことは意義があると思う」と話していた。

 朗読劇「ハテルマ ハテルマ」は24日午後7時から市民会館大ホー
ル。問い合わせは同会事務局(090-7453-1823)。


(八重山毎日新聞記事より)

2010-10-21

市制5周年記念初の牛まつり大盛況

「おいしい宮古牛」アピール
宮古牛の大試食会には朝早くからたくさんの市民が訪れ
会場内は長蛇の列とな

null


17日、カママ嶺公園多目的広場宮古牛を内外にPRする
「宮古牛まつり」(主催・同実行委員会)が17日、
カママ嶺公園多目的広場で開催された。

会場には牛汁や焼き肉などの大試食会を目的に
たくさんの市民や観光客らが詰め掛け、長蛇の列となった。
お目当ての宮古牛を味わった人たちからは「とってもおいしい」
「宮古牛サイコー」などの感想が聞かれた。
そのほか、会場では牛鳴き声コンテストなどの
関連イベントも行われ、盛り上がった。

午前10時から行われた開会セレモニーで、
同まつり実行委員会会長の下地敏彦市長は
「市制5周年を記念してこのまつりを企画した。
『宮古の牛は本当においしいんだ』ということを
もっと県内、県外にアピールし、宮古の畜産を振興させたい。
皆さんもきょう一日この会場でまつりを楽しんでほしい」
と呼び掛けた。

null

そのほか、下地明市議会議長、砂川博紀県農業協同組合
代表理事理事長、砂川正幸県宮古農林水産振興センター所長が
来賓祝辞を行い、宮古畜産界発展に期待を寄せた。


開会セレモニー中から、試食のテント前には
宮古牛を味わおうと長蛇の列ができた。

この日用意されたのは、牛汁1500食、牛串500本、
焼き肉1500食(1人100㌘)、ハンバーグ500食、
ハンバーガー200食。


宮古牛の焼き肉を試食した親子は「柔らかいね」
「やっぱり宮古牛っておいしい」などの感想が聞かれた。
用意された試食用の肉は、
午後1時前までにはすべてなくなった。

null

牛の鳴き声コンテストでは、いろいろな牛の鳴き声を
参加者たちが披露し、会場は大きな笑い声が響いた。
 
そのほか、クイズ大会、ミニライブ、創作ダンスなど
多彩な催しが行われ、まつりを盛り上げた。


まつりの最後は、宮古牛1頭が当たる大抽選会が行われ、
上地美香さん(34)=平良=が当選し、
まつりは大盛況のうちに幕を閉じた。

同まつりは、市制5周年記念事業の一環。
宮古島の畜産農家が生産した「宮古牛」を
県内外にアピールし、消費の拡大を狙う。


(宮古毎日新聞の紙面より)

2010-10-20

「琉球島和牛」を開発した

母牛の肉 商品化「琉球島和牛」 

null

【名護】食品流通業の琉風(那覇市、河野圭一社長)と飲食店経営の
ワールド・ワン(神戸市、同社長)、山原牧場(大宜味村、嘉陽学代表)
北部農林高校(名護市、島袋良直校長)の4者は18日
出産後の母牛の肉を使った「琉球島和牛」の精肉や製品を開発したと
発表した。今月下旬から発売予定で、参加企業は
「母牛の肉の活用で畜産業界に良い影響を与えられる」と期待を寄せている。

仔牛を出産した後の母牛は市場ではミンチなどとして安価で
取引されるため、4者はこれまで肉質改善に取り組んできた。
北部農林や山原牧場が泡盛やもろみ酢のかすなどを配合して
アミノ酸値の多い飼料の研究を進め、母牛に与えることで
甘みやうま味の高い肉の開発に成功した。

今後は肉に含まれるうま味成分を分析・数値化し、月3~4トンの
出荷を目標としている。製品製造をした琉風の粟國尚貴氏は
「母牛の出荷は畜産業界に新たな市場を生みだして
良い効果を与えることができるはず。また
高校生が開発にかかわることで若い世代にもしっかりと
引き継ぐことができる」と話した。

null
産後の母牛を使った「琉球島和牛」の開発を発表する
企業や学校関係者ら=18日、名護市の北部農林高校寄合原農場
 

琉球島和牛を使った製品はコンビーフやギョーザ、ソーセージなど5種類で
第1回おきぎん美ら島商談会や第34回沖縄の産業まつりに出品される。

12月には兵庫県神戸市に琉球島和牛やチャーグー専門の
居酒屋もオープンする。



(琉球新報の紙面より)

2010-10-16

沖縄の宮古島ミャークヅツで賑わう

null
池間島と佐良浜、西原の伝統祭祀となっているミャークヅツがはじまり
3地域ではクイチャー奉納が繰り広げられた=11日、池間島

旧暦9月の甲午 (きのえうま) の11日、 平良の池間島と西原
伊良部の佐良浜で伝統祭祀 「ミャークヅツ」 がはじまった。
池間と西原は3日間、 佐良浜は4日間行われる。

ミャークヅツは数え55歳以上 (池間) の男性集団を中心に執り行われる
集落最大の祭りで、 期間中は泡盛に練乳を混ぜた 「ミルク酒」 を
酌み交わして楽しむとともに、 賑やかにクイチャーを踊って
子孫繁栄と五穀豊穣を願うほか、 御願 (うがん) や
この1年間に生まれた子どもを迎え入れる 「マスムイ」 の儀礼
などを行う。 池間島と、 その分村である西原、 佐良
浜でも受け継がれている。  

ミャークヅツ=ミャークは現世、 ヅツは 「節」 とされる。
期限は定かではないが、 池間島では200年以上前とされている。

由来は仲保屋の池間の主が、税金 (人頭税) の完納の祝いとして
祭りを与えたというほか、 子どもが亡くなった悲しみで
「人生の無情から、 現世を楽しく生きよう」 とはじまった
との説が伝えられている。


 (宮古新報の記事より)

2010-10-07

沖縄の長寿3兄弟「次はカジマヤーだ」

「次はカジマヤーだ」
ご長寿3兄弟 合わせて270歳 南城・玉城
大城善之助さんの米寿祝う 助一さん93歳・助二さん89歳

null
肩を組み大城善之助さん(中央)のトーカチを祝う
助一さん(左)と助二さん

【南城】合わせて270歳になる3人兄弟がいる。
市玉城の大城助一さん(93)、助二さん(89)、善之助さん(88)だ。
互いに近くに住み、日ごろからゲートボールを楽しむなど元気いっぱい。
2日には善之助さんのトーカチ祝いが開かれ、親族ら約130人が祝った。
兄2人は肩を組み、「次は3人でカジマヤーだ」と弟を祝福した。

 米軍施設内で電気工事の仕事に従事し、引退後はサトウキビ栽培をする善之助さん。
毎日の日課は20年以上続けているという朝のラジオ体操に始まり
ゴルフの素振り、農作業。昼食を挟んで午後はゲートボールや
グラウンドゴルフを楽しむ。
月に1回はチャンピオンコースへ出てゴルフで汗を流し、
農作業ができない雨の日は練習場で腕を磨く。

 「けんかなんかしたことない。しっかりした自慢の弟です」と
善之助さんを祝う助一さん、助二さん。善之助さんの“元気体質”は
2人から受け継がれている。

 自家用野菜を栽培する助二さんは毎朝新聞を読み、
ゲートボールで体を動かす。4年後にカジマヤーを迎える
助一さんはヤギと牛を飼育し、午後はゲートボール。
そして何と言っても週に1回、近くの店でウイスキーグラスを
傾けるのが楽しみなのだという。
兄弟は「体を動かし、楽しく生きること」と
長寿の秘訣(ひけつ)を語る。


 笑顔の3人はあすもゲートボールで汗を流す。

 (沖縄タイムスの記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。