沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-22



沖縄・ミヤコサワガニ、県の天然記念物に指定

県の天然記念物に指定されたミヤコサワガニ
null
(写真提供・藤田喜久氏)

【那覇支局】県教育委員会 (比嘉梨香委員長) は15日、
宮古島固有種のミヤコサワガニを県指定文化財 (天然記念物)
に指定すると発表した。
ミヤコサワガニの甲幅は3㌢程度で、 渡嘉敷島産のオオサワガニの

近縁であると考えられている。

同委員会は 「琉球列島の地史を検討する上で貴重であり
生息地も限定され絶滅が危惧されることから
保護する必要がある」 と指定したもの。


ミヤコサワガニの指定に向けては、 県文化財保護審議会
(上江洲敏夫会長) が7日に答申し、 県教育委員会が決定した。


宮古島固有のサワガニで、 水中で活動することが多く
夜行性で陸産貝類や水中の有機物を摂食する。
サワガニ類は陸水もしくは陸上のみで生活史を全うし
海水中では生息できない。

宮古島はかつて海面下に水没し
そのあと他の陸地と一度も陸続きにならなかったという説が
一般的なことから宮古島の地史の再検討を促す
貴重な生物として注目。

現在、 生息場所は限られており、 推定個体数は
400から500固体程度と見られている。


同委員会は、 今後の課題では 「外来種(ヤエヤマイシガメ)
により稚ガニが捕食される可能性が高いため
外来種対策を検討する必要がある。

生息地の保全についてはミヤコサワガニの生息場所は
数カ所に限られているため、 今後も生息場所を
良好に保つことが重要である」 と強調する。


指定までの経緯は、 07年9月4日に県教育委員会から
県文化財保護審議会に諮問され、 同年10月22日に
同審議会の指示を受けた第3専門部会 (天然記念物) が
10年2月に宮古島で現地調査を実施。

10年9月7日に同審議会長から県教育長へ指定に向けての
答申があり、 教育委員会が15日の会議において決定した。


(宮古新報の記事より)

2010-10-20

「琉球島和牛」を開発した

母牛の肉 商品化「琉球島和牛」 

null

【名護】食品流通業の琉風(那覇市、河野圭一社長)と飲食店経営の
ワールド・ワン(神戸市、同社長)、山原牧場(大宜味村、嘉陽学代表)
北部農林高校(名護市、島袋良直校長)の4者は18日
出産後の母牛の肉を使った「琉球島和牛」の精肉や製品を開発したと
発表した。今月下旬から発売予定で、参加企業は
「母牛の肉の活用で畜産業界に良い影響を与えられる」と期待を寄せている。

仔牛を出産した後の母牛は市場ではミンチなどとして安価で
取引されるため、4者はこれまで肉質改善に取り組んできた。
北部農林や山原牧場が泡盛やもろみ酢のかすなどを配合して
アミノ酸値の多い飼料の研究を進め、母牛に与えることで
甘みやうま味の高い肉の開発に成功した。

今後は肉に含まれるうま味成分を分析・数値化し、月3~4トンの
出荷を目標としている。製品製造をした琉風の粟國尚貴氏は
「母牛の出荷は畜産業界に新たな市場を生みだして
良い効果を与えることができるはず。また
高校生が開発にかかわることで若い世代にもしっかりと
引き継ぐことができる」と話した。

null
産後の母牛を使った「琉球島和牛」の開発を発表する
企業や学校関係者ら=18日、名護市の北部農林高校寄合原農場
 

琉球島和牛を使った製品はコンビーフやギョーザ、ソーセージなど5種類で
第1回おきぎん美ら島商談会や第34回沖縄の産業まつりに出品される。

12月には兵庫県神戸市に琉球島和牛やチャーグー専門の
居酒屋もオープンする。



(琉球新報の紙面より)

2010-10-16

沖縄の宮古島ミャークヅツで賑わう

null
池間島と佐良浜、西原の伝統祭祀となっているミャークヅツがはじまり
3地域ではクイチャー奉納が繰り広げられた=11日、池間島

旧暦9月の甲午 (きのえうま) の11日、 平良の池間島と西原
伊良部の佐良浜で伝統祭祀 「ミャークヅツ」 がはじまった。
池間と西原は3日間、 佐良浜は4日間行われる。

ミャークヅツは数え55歳以上 (池間) の男性集団を中心に執り行われる
集落最大の祭りで、 期間中は泡盛に練乳を混ぜた 「ミルク酒」 を
酌み交わして楽しむとともに、 賑やかにクイチャーを踊って
子孫繁栄と五穀豊穣を願うほか、 御願 (うがん) や
この1年間に生まれた子どもを迎え入れる 「マスムイ」 の儀礼
などを行う。 池間島と、 その分村である西原、 佐良
浜でも受け継がれている。  

ミャークヅツ=ミャークは現世、 ヅツは 「節」 とされる。
期限は定かではないが、 池間島では200年以上前とされている。

由来は仲保屋の池間の主が、税金 (人頭税) の完納の祝いとして
祭りを与えたというほか、 子どもが亡くなった悲しみで
「人生の無情から、 現世を楽しく生きよう」 とはじまった
との説が伝えられている。


 (宮古新報の記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。