沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-29



なかどぅ道ぬとぅばらーま祭(沖縄・八重山)

なかどぅ道ぬとぅばらーま祭 
null
20周年-石垣島で開催

「なかどぅ道ぬとぅばらーま祭」が10月20日
平真小学校体育館で開かれ、出場者たちは思い思いに唄を披露した。

「いずすどぅ主(歌う人が主人公)」をテーマに、
八重山を代表する情歌「とぅばらーま」を歌い上げる同祭は
今年で20周年の節目を迎えた。
旧暦8月13日に開催される「石垣市とぅばらーま大会」の
前夜祭として始まり、5年前からは「なかどぅ道ぬとぅばらーま祭」
と発展改称。

飛び入りで誰でも歌え、さまざまなバリエーションで歌われる
素朴で和やかなイベントとして愛されている。

今年はこれまでの日程(旧暦8月12日)が台風シーズンであることなどから、
1ヶ月遅らせて日本古来の「十三夜」(栗名月、豆名月)にあたる旧暦9月13日に開催。
あいにく当日は雨模様で、会場も例年のとぅばらーま歌碑広場(石垣市登野城)
ではなく体育館となったが、島内外から多くの人が参加し聴衆も駆けつけた。

石垣市の中山義隆市長がトップバッターを務め、その後は小学生から高齢者まで
幅広い年齢層の人たちが登場した。その中では波照間島に伝わる古謡として
玉城功一さんが「夕びが夜ゆんぐとぅ」を披露。また中学生が唄と踊りの
コラボレーションを見せたり、ハモりで聴かせる新しいとぅばらーまを
披露するグループなど、「いずすどぅ主」のステージに会場は拍手喝采となった。


( 八重山日報の記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。