沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-21



全国エイサー東急チームが特別賞 沖縄・宮古島

全国エイサー東急チームが特別賞 結成1年半で快挙
null

エイサーの魅力を国内及び世界に向けて発信することを
目的に16、 17の両日、 沖縄市コザ総合運動公園で
初めて開催された、 2010全国エイサー大会
(主催・県、 同実行委員会) で、 宮古から唯一出場した
東急太鼓チームが結成約1年半ながら特別賞を受賞する
快挙を達成した。

同大会には県内外から21団体が出場し、 創作エイサーを披露。
グランプリには琉球舞段昇龍太鼓 (東京) が選ばれた。
2日間で約2万5000人が来場するなど盛り上がりを見せた。

東急太鼓チームは昨年3月に結成。 メンバーは10人と少ないが、
宮古島東急リゾート野外ステージで演舞など活動を重ねてきた。

「ダイナミック琉球」 の歌詞に合うよう踊りを工夫したという。
リーダーの荒木茂穂さんは 「リハーサルを見た時から周りの
レベルが高く、 賞をとれることはないだろうと思っていた。
なんとか思いを伝えたいと 『一打入魂』 をテーマに
気持ちを込めて演舞に臨んだ」 と振り返り、
「グランプリを受賞したチームは30人と多く、
また、 アレンジも素晴らしかった。

今大会の経験を生かしレベルアップしたい」 と
意気込みを語った


(宮古新報の記事より)

2010-10-16

沖縄平和賞 シェア=国際保健協力市民の会に贈呈

null
沖縄平和賞を受賞した(右から)シェアの沢田貴志副代表理事、本田徹代表理事と
仲井真弘多知事、同賞選考委員会副委員長の尚弘子氏
=15日、名護市の万国津梁館

 アジア太平洋地域の平和の構築・維持に貢献する個人や団体に贈られる
第5回沖縄平和賞の授賞式が15日、名護市の万国津梁館で開かれた。
受賞者のNPO法人「シェア=国際保健協力市民の会」(本田徹代表理事)に
賞状と賞牌(しょうはい)、副賞1千万円が同賞委員会会長の仲井真弘多知事から贈られた。

式典でシェアの沢田貴志副代表理事が受賞者を代表してあいさつし、
「沖縄戦犠牲者の思い、海外移住者の苦労、今も基地を抱え向き合う
県民の思いを考えた時にこの賞を頂くことの重大さを感じている」と
賞の喜びを語った。

主催者あいさつで仲井真知事は「これまでの活動の功績をたたえ
敬意を表します」と話した。


(琉球新報の記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。