沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-21



夢の競演 「にーびち余興」王 うるまで決定戦道極めた?

14団体出場 「MURU石川」に栄冠
null
余興王に選ばれたMURU石川の「7色のシークヮーサー」
一糸乱れぬ演技と真剣な表情
17日、うるま市具志川総合運動公園

伝統芸能やチビッコのダンス。体を張った、いわゆる「色物」に至るまで
何でもありのバリエーションで沖縄の結婚披露宴に花を添える余興。
そのチャンピオンを決める「にーびち余興王決定戦」が17日、
うるま市で催された。
腕に覚えのある、市内の14団体が出場。
体当たり演技や綿密に計算されたパフォーマンスの数々は
観客の目をとらえて放さなかった。

このイベントは同日、うるま市具志川総合運動公園で開かれた
「第5回うるま祭り」の一環。
初の企画に同市経済部商工観光課・観光物産係長の浜端良光さんは
「にーびち余興が一つのステージに集まったらどうなるんだろう、
という仲間同士のおしゃべりからスタートした」と説明する。

「脱いじゃダメ」など、決して下品にならない条件で参加者を募ったところ
お母さん方のフォークダンスやフラメンコサークル、
運動会デビューを果たしたばかりの小学生らによる「チョンダラー」チーム。
缶ビール片手に「あねカンパーイ」の酔っぱらい風まで
多彩な顔ぶれが集まった。

null

コンテストは審査員の評価はもちろん、会場の盛り上がりが重要ポイントになる司会を務めたタレントの「ひーぷー」こと真栄平仁さんも
「中には笑えるものもあるが、何より一生懸命やっていることがいい」と
出場チームをねぎらう。

2位に相当する「余興大臣」に選ばれたうるま市消防チームはこの日
同僚の披露宴出席後に出場。
現役の隊員5人による「スタンド・バイ・ミー」やゴスペラーズの
ハーモニーに、司会のひーぷーさんも「訓練しないで歌の練習ばかり
やってるんじゃないの」とツッコミを入れた。

メンバーの金城伸也さん(42)は「交代制勤務の合間をぬって練習した。
きれいな声を出すために、ステージの前に酒は飲みません」と
〝プロ意識〟を見せる。夜勤シフトのため、発表後は足早に会場を後にした。

優勝したのは黒タイツ、赤い手袋姿の人体パフォーマンス「MURU石川」
による「7色のシークヮーサー」。
「肝高の阿麻和利」のテーマに乗って息の合ったパントマイムを披露。
体を弦楽器に見立てるなど、想定外の動きで観客の目をくぎ付けにした。

メンバーは石川高校の同級生でキャリアは10年以上。
「大人から子どもまで幅広く親しめる内容を選んだ」と話す
平良剛史さん(30)。
レパートリーは10種類以上。年間10件以上の結婚披露宴出場を誇り
「まったく知らない人に呼ばれることもある」ほどだという。

  ■  ■  ■

どの参加チームも思い入れたっぷり。味の濃い余興が繰り広げられた
決定戦は、「チャンプルー」を象徴する沖縄の結婚式に敬意を表する
趣旨も込められている。噛(か)むほど味が出るにーびち余興は、
大事な沖縄文化なのかもしれない。

文・天久仁 写真・勝浦大輔

練習 深夜までも

沖縄のにーびち余興は、かぎやで風や空手演武などの正統派、
海パンや黄色いヘルメットなどの「色物」派に大別される。
仕事を終えた後の練習は、披露宴が近づくと深夜に及ぶことも。

本番では酔っぱらった招待客を舞台に振り向かせつつ、
緊張した新郎新婦をニヤリとさせる緩和剤の役割もあり。
節度をわきまえながら、さらなるグレードアップを期待したい。




(沖縄タイムス紙面より)


2010-10-20

狂言・舞踊 感謝の奉納 小浜島で結願祭

null
4人一組で息のあった踊りを見せた「ダートゥーダー」
竹富町小浜島・嘉保根御嶽

【小浜島=竹富】豊作など神への願いが結ばれたことを感謝する
竹富町小浜島の結願祭が16日から3日間の日程で行われ
17日、同島嘉保根御嶽の神前でさまざまな奉納芸能が
繰り広げられた。

住民や郷友会、観光客らが多数集まり、伸び伸びと小浜方言で
演じられる狂言や多彩な舞踊などの芸能を堪能した。

この日は南集落と北集落から伝統芸能が次々と奉納された。
島の老若男女から本島や石垣市の郷友まで島の縁者が
舞台に上がり、見応えのある舞台を繰り広げた。

「ハピラー」や「ダートゥーダー」など、結願祭でしか
見ることができない演目も披露され、集まった人を喜ばせた。

(奥沢秀一通信員)


(沖縄タイムス紙面より)

2010-10-19

沖縄・西表祖納・干立で節祭

「オホホ」笑い 福招く

null
ひょうきんなしぐさで観客を笑わせた干立のオホホ
17日、竹富町西表島・干立御嶽

【西表島=竹富】国指定の重要無形民俗文化財で、

500年以上の歴史があるとされる「西表島の節(しち)祭」
中日の「世乞(ゆーく)い」行事が17日、同島の祖納、
干立の両集落でそれぞれ行われた。

集落独自の奉納芸能や船こぎ競漕(きょうそう)などを披露して
豊作に感謝し、住民の無病息災と地域の繁栄を祈願した。

サバニを浜に浮かべる儀式で始まった祖納ではミルク(弥勒神)行列や
黒装束の女性による「アンガー行列」の入場後「祖納岳節」
「丸間盆山節」など奉納芸能が繰り広げられた。
船こぎでは舟子が力強い櫂(かい)さばきを見せ
「ミルク世果報(ゆがふ)(幸せや豊年)を舟に乗せてきた」と
報告した。

干立でも船こぎや狂言、アンガー踊りなどを奉納。

ミルク行列の最中に現れた、同地域だけの仮面神「オホホ」が
奇声を上げながら行列や観客をはやし立て、笑いを誘った。


(沖縄タイムス紙面より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。