沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 || Next»

2011-03-11



鬼の芸能など学ぶ 星砂の島文化講演会 (八重山・沖縄)

鬼の芸能など学ぶ 星砂の島文化講演会
null
 
【竹富】全国竹富島文化協会(高嶺方裕理事長)はこのほど、
竹富島まちなみ館で「第15回星砂の島文化講演会」を開催した
 
今回は國學院大学の長野隆之准教授が「鬼の芸能」、沖縄国際
大学の狩俣恵一教授が「鬼狂言と組踊り」と題して講演した。

「鬼」というテーマに関心の高さを示してか、会員以外の参加
もあり例年以上に多くの参加者があった。
 
長野准教授は「学生だった15年前に初来島し文化協会の設立
総会にも参加したが、何よりも種子取祭を見て神が感じられた」
と述べ芸能がそれぞれの時代、演者により創意工夫が加えられ
魅力的になっていると指摘。

その中で「鬼狂言」に出てくる女鬼は、日本の民俗芸能全体を
見渡しても見ることはできないと話し、全国各地の鬼が出る祭
を分類しながら映像で紹介した。

狩俣教授は「佐敷ミントングスクの角の生えたアマミキヨ神と、
赤マタ黒マタの来訪神は鬼と神の要素を併せ持っている。
種子取祭の鬼はスーパースターはいないが、以前は鬼にもせりふ
があったがなくしたり、子役は若衆姿からかすりの着物になったり
鬼退治の武士は足袋からわらじ履きになったりと、組踊りの様式
から写実的に改革されていった」と説明。

また「本来は1匹だったのが雌鬼を登場させ、迫力を出すために
子鬼まで出したが、さすがにそれは先輩からしかられた」と裏話
まで紹介し、無邪気でユーモラスな伊江島の「ペンシマ」の鬼の
映像と比較した。

懇親会では鬼捕り狂言の元鬼の演者と現役の鬼、元武士役が解説
と感想を述べ、裏話も多々出るなど和やかに交流した。


(竹富通信員)


(八重山毎日新聞)

2010-10-19

沖縄の祭り・宮古島パーントゥ

パーントゥ3匹現る/国指定文化財泥を塗り厄払い
null
新生児に泥を付けるパーントゥ=18日、島尻

国指定重要無形民俗文化財の奇祭「パーントゥ」が18日、島尻地区で行われた。

体中に泥を塗り仮面をかぶったパーントゥ3匹が、住民らに泥を塗りたくって
厄除け、招福した。集落内は、泥を塗られた人の「キャーッ」「ウワーッ」の
悲鳴が響き渡っていた。きょう19日も行われる。

この日の夕暮れ、親子連れや観光客らが3匹が現れるのを待った。

3匹は仮面を付け、泥だらけのつる性の植物を身にまとい、
つえを持ち、裸足のいでたちで出現した。

見物人らは「パーントゥが、来たぞ」と騒ぎ立てた
中には恐怖心から逃げ回る子どももいた。
パーントゥは追い掛け、捕まえた人に容赦なく泥を塗った。

新生児と新築家は泥を塗ってもらうのが習わし。パーントゥは
新生児の顔には優しく泥を付けた。新築家に上がり込むと
壁などに泥を塗り、家主から祝い酒のもてなしを受けた。

仲里長造自治会長は「今後ともパーントゥを大事に守り
次世代に引き継いでいきたい」と語った。

パーントゥ 数百年前に島尻でクバマと呼ばれる西海岸に
黒と赤の仮面が漂着した。
村人はこの仮面は海のかなたから訪れた来訪神と崇敬した。
男が仮面をかぶって集落内を駆け回ったのが由来と伝えられている。


(宮古毎日新聞の紙面より)

2010-10-15

伝説の空手家「武士・松村宗昆の遺墨」

松村宗棍(まつむら そうこん、1800年 - 1892年)
は、琉球王国時代の最も偉大な武術家の一人であり
文武両道に秀でた人物であった。
null

写真の遺墨は「人、常に敬恭なれば、則ち心は常に光明なり」

宗昆七十六歳の作で、筆力や語句に武人らしさや人間性がにじみでている。

松村宗棍は、1809年、首里山川村(現在の那覇市首里山川町)に生まれ
唐名は武成達、世間では武士松村と呼ばれ広く知られた。

松村は、幼少の頃より武に優れ17、8歳の頃には、
すでに武術家として頭角を現し始めたという。

成人してから、松村は役人として薩摩に渡り、示現流の免許皆伝を得たとされ,

1836年に北京へ渡り、勉学のかたわら、北京王宮の中国武術も学んだとも伝えられる。

帰国後松村は、17代琉球国王から19代尚泰王の三代にわたって
警護役と武術指南役もつとめたと言われる。

松村は晩年、多くの弟子達に唐手を指導した。松村の主な弟子には、
牧志朝忠(板良敷朝忠、安里安恒、糸洲安恒、知花朝章、本部朝勇、本部朝基兄弟
らがいる。明治32年(1899年)、91歳の長寿で没した。

2010-10-08

幸せ祈りミルクと歩く 

石垣・登野城12年ぶり結願祭
null
ミルクを中心に、にぎやかに市内を練り歩く「道すない」
(7日、石垣市登野城)

【石垣】御嶽(うたき)の神々に対する過去1年間の祈願の締めくくりとして
12年に1度、寅(とら)年に行われる登野城字(あざ)会(比屋根重雄会長)の
結願祭が7日、石垣市の登野城地区で行われた。

総勢600人余りの住民が地区に受け継がれてきたすべての
伝統芸能を奉納して神へ感謝し、来年の豊作や無病息災を願った。

祭りは、このほど面を新調した「ミルク(弥勒)神」を中心に
集落を練り歩く「道すない」で幕開け(又吉嘉例撮影)。
青年会や婦人会、小中高生らがさまざまな装束を身にまとい
にぎやかに天川御嶽を目指した。

御嶽では「胡蝶(こちょう)の舞」「木遣り」、「大胴(ウードゥ)
・小胴(クードゥ)」などこの日だけの伝統芸能が次々と披露され
大勢の市民や観光客らの拍手や歓声を浴びていた。

木遣りを指導した上地節さん(84)は「健康を守ってくれる
神様への感謝の気持ちを持って踊ることができた。
12年後も元気なら参加したい」と意欲的だった。


(沖縄タイムス記事より)

島包む伝統芸能 竹富島 種子取祭

null
生き生きとした踊りで喜びを表現するジッチュ=7日
竹富町竹富島の世持御嶽

【竹富島=竹富】600年余り続いている国の重要無形民俗文化財で
竹富島最大の祭り、種子取祭(タナドゥイ)の奉納芸能が7日、
同島の世持御嶽(ユームチオン)で始まった。

2日間にわたって庭の芸能と舞台芸能約80演目が奉納される。
 午前10時前から御嶽前の広場で棒術や太鼓、
農耕作業を表したマミドー、人頭税に苦しみながら
毎年の年貢を完納し琉球国王に拝謁(はいえつ)する
機会を得た喜びを表現するジッチュなどが披露された。

御嶽前では夕方まで舞台芸能が奉納された。


(琉球新報記事より)
«Prev || 1 | 2 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。