沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-23



朗読劇「ハテルマ ハテルマ」八重山(沖縄)

null

 戦争マラリアをテーマにした朗読劇「ハテルマ ハテルマ」が24
日に行われるのを前に、主催する「戦争マラリアを語り継ぐ会」(玉
城功一会長)のけいこも熱を帯びている。玉城会長は「朗読劇を通し
て、弾を撃ち合うのとは全然違う戦争があったということが分かる
と思う」と話し、多くの来場を呼び掛ける。

 「ハテルマ ハテルマ」は戦争マラリアの体験者の証言で構成し
た朗読劇で、和歌山県の作家、栗原省さん(81)の作品。「疎開地へ
」「マラリア地獄」など7場で構成されている。八重山では2005年に
波照間などで上演されている。

 同会は、戦争マラリアの体験者が高齢化していることから、その
体験の継承を目的に今年6月に結成。最初の取り組みとして今回の朗
読劇を企画した。

 出演者は、感情を込めて証言を朗読したり、時には芝居さながら
に演技したりしながら、80分間の公演を披露することになっている
。現在の波照間島の景色や旧盆行事の「ムシャーマ」の写真なども
進行に合わせてスクリーンに映し出すことにしている。

 20日夜のけいこは大浜信泉記念館で行われ、出演者や音響、影像
の担当者、ステージ上でいすやマイクスタンドを動かす八重山高校
の3年生など約30人が参加し、3時間近くかけて全編を読み通した。

 作者の栗原さんが指導に当たり、「人形のように立ってないで、
少し動きながら」「テンポを上げて」などと朗読者の動きや発声に
厳しく注文を付けることも。

 家族10数人を戦争マラリアで失い、一人生き残ったことに苦悩す
る女性の証言を朗読する元小学校校長、慶田盛京子さん(62)は「戦
争マラリアの体験者が高齢になっている。朗読でその体験を語り継
ぐことは意義があると思う」と話していた。

 朗読劇「ハテルマ ハテルマ」は24日午後7時から市民会館大ホー
ル。問い合わせは同会事務局(090-7453-1823)。


(八重山毎日新聞記事より)

2010-10-15

伝説の空手家「武士・松村宗昆の遺墨」

松村宗棍(まつむら そうこん、1800年 - 1892年)
は、琉球王国時代の最も偉大な武術家の一人であり
文武両道に秀でた人物であった。
null

写真の遺墨は「人、常に敬恭なれば、則ち心は常に光明なり」

宗昆七十六歳の作で、筆力や語句に武人らしさや人間性がにじみでている。

松村宗棍は、1809年、首里山川村(現在の那覇市首里山川町)に生まれ
唐名は武成達、世間では武士松村と呼ばれ広く知られた。

松村は、幼少の頃より武に優れ17、8歳の頃には、
すでに武術家として頭角を現し始めたという。

成人してから、松村は役人として薩摩に渡り、示現流の免許皆伝を得たとされ,

1836年に北京へ渡り、勉学のかたわら、北京王宮の中国武術も学んだとも伝えられる。

帰国後松村は、17代琉球国王から19代尚泰王の三代にわたって
警護役と武術指南役もつとめたと言われる。

松村は晩年、多くの弟子達に唐手を指導した。松村の主な弟子には、
牧志朝忠(板良敷朝忠、安里安恒、糸洲安恒、知花朝章、本部朝勇、本部朝基兄弟
らがいる。明治32年(1899年)、91歳の長寿で没した。

«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。