沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-12-09



国内外の書画一堂に、真太陽国際書道展始まる (宮古島・沖縄)

国内外の書画一堂に、真太陽国際書道展始まる
null

 第7回真太陽 (マティダ) 国際書道展
(主催・同実行委員会、 共催・宮古島市、 市教育委員会)
が8日、市総合体育館アリーナではじまった。
大賞に初めて設けられた文部科学、 外務、 環境の3大臣賞、
環境モデル都市に関連した市教育長賞の受賞作品をはじめ、
宮古島、 国内、 中国、 韓国、 台湾から寄せられた作品が
紹介されている。

今回は第26回国際蘭亭筆会書法展日本・宮古島展も合同開催。
11日午後にはセレモニーと大席書会も行われる。

 同展は、 「国を超え世代を超えた、 書道交流祭」 を
コンセプトに、 太陽の雄大さと恵みを意味する古語 「真太陽」
の島で、 ジュニアからシニア世代までの国際的な書道・
水墨画発表の場を提供することで、 書画文化の高揚と国際自然交流に
寄与することを目的として毎年、 12月に実施しているもの。

 昨年の同展から、 エコアイランド構想を推進していることを踏まえ、
「エコ書道」 部門を設定。 今回は 「木」 をテーマにした題材を
用いた作品が寄せられた。

 同実行委員会によると、 同時開催の国際蘭亭筆会展は、
各国の代表的な書家で構成されており、 これまでパリやローマ、
エジプト、 マレーシア、 中国、 台湾、 日本で開催された。
今回の展示会に合わせ、 台湾の基隆市から書画家、 さらには
各国のプロ書家らが来島を予定しているという。

 8日午後2時からはじまった展示会には、 西辺小学校の児童、
宮古高校の生徒をはじめ、 一般市民ら多数が詰めかけ、
アリーナと2階観客席の一部に展示された作品を熱心な様子で
鑑賞した。 展示会は12日までの期間、

午前10時~午後6時に開会 (最終日は午後3時まで) されている。
同実行委員会 (伊志嶺亮委員長) では、 「この機会に国際的な
書画の交流展を多くの市民に見てほしい」 と来場を呼びかけている。

 11日は午前10時からホテルアトールエメラルド宮古島で表彰式、
展示会場で午後3時から開会セレモニーと大席書会、 午後6時から
アトールで記念パーティーが予定されている。



(宮 古 新報)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。