沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-28



マングローブの苗木を植植え付け(沖縄・宮古島)

「大きく育ってね」/マングローブ90本植樹
 親子ら70人参加/下地与那覇湾
null
マングローブの苗木を植植え付ける参加者ら
=24日、下地与那覇湾

宮古島環境クラブ(下地邦輝会長)は24日午後、南小5年生と
父母を対象にしたマングローブ植樹を下地与那覇湾で実施した。
親子ら総勢70人が参加。干潟に苗木90本を丁寧に植え付け、
大きく育つよう願った。

苗木は、ヒルギダマシ、ヤエヤマヒルギ、オヒルギの3種類。
植樹地帯は、与那覇湾のサニツ浜東海岸。
 
参加者らは、干潮で干上がった干潟で、深さ20㌢掘り、
固形状の肥料を1個入れてから苗木を植えた。

下地会長は「なぜマングローブを植えるのか。
一人一人が植えながら考えてください」と語った。

参加した加藤草太君は「植える時は、元気に育ててほしいと
願いを込めた。植えた場所は覚えているので、
いつか両親と見に来たい」と話し、額の汗をぬぐった。

同クラブはこの日の午前、川満漁港で緑の朝市を開いた。

川満棒踊りが披露され、農産物の即売会を盛り上げた。


(宮古毎日新聞の紙面より)

2010-10-24

沖縄宮古島・メガソーラー研究設備工事完了

メガソーラー研究設備工事完了/沖縄電力実証実験運用始まる
null
設置工事が完了したメガソーラー実証実験施設=15日、城辺

 沖縄電力(石嶺伝一郎社長)が4月6日に城辺で着工した宮古島
メガソーラー実証実験研究設備の設置工事が15日に完了し、同日か
ら実証実験のための運用が始まった。多良間島、与那国島、北大東
島に続き、宮古島の設置工事が終わったことで、離島独立型系統新
エネルギー導入実証事業の工事がすべて完了した。

 同設備は太陽光発電としては国内最大級で約4000㌔㍗を発電
・蓄電する。同社によると、宮古島の最大需要電力はおよそ5万㌔
㍗で、同設備がその約8%を担うことになるという。

 経済産業省資源エネルギー庁の同事業の4離島合わせた総事業費
は当初の見込みより5億円少ない約70億円。このうち61億5000
万円が宮古島の設備に投じられた。

 実証実験は2010年10月から14年の3月まで行われ、太陽光発
電設備の電力を大量導入した場合、既存の実系統への影響を把握し
、系統安定化対策の実験、実証をする。

 同施設の用地は城辺の福里、七又、保良の3地区の地番に及ぶ総
面積9万8089平方㍍。このうち2万8771平方㍍に太陽光パ
ネル約2万枚を設置した。

 既存の風力発電を合わせて離島独立系統の系統安定化を検証する
のが目的で、国の「低炭素化社会づくり行動計画」に基づき「離島
独立型系統新エネルギー導入事業で検証する。

 年平均の日照時間を8時間、設備利用率を12%と想定すると、約
1200世帯の電力供給が可能としている。設備利用率は沖縄電力
が県内離島に設置している太陽光発電設備の利用率から割り出した。


(宮古毎日新聞の紙面より)

2010-10-22

自由に「とぅばらーま」熱唱

なかどぅ道ぬとぅばらーま祭
大勢の市民詰めかけ熱気
null

「歌う人が主人公」として幅広い出演者が特徴の
「なかどぅ道ぬとぅばらーま祭」(主催・同実行委員会)が
20日午後7時から平真小学校体育館で行われ
子どもからお年寄りまで幅広い年代の出演者が
自由にとぅばらーまを披露した。

同祭は例年、旧暦8月13日に開かれる
「石垣市とぅばらーま大会」の前夜祭として
登野城のなかどぅ道ぬとぅばらーま歌碑広場で行われ
今年で20年目の節目を迎えた。

今年は台風を避け1カ月先延ばししたが
台風13号の影響で会場を同広場から
平真小体育館に変更した。

この日のとぅばらーま祭には、島内外から幅広い
年代の出演者が個人やグループで参加。
歌詞や歌い方、上手下手を問わず、思いの丈を込め
のびのびととぅばらーまを歌いあげていた。
また、中山義隆市長もトップバッターでのどを
披露した。会場には大勢の聴衆が詰め掛け
出演者が自由に歌うとぅばらーまを心ゆくまでたんのうした。



(八重山毎日新聞記事より)

2010-10-07

沖縄の長寿3兄弟「次はカジマヤーだ」

「次はカジマヤーだ」
ご長寿3兄弟 合わせて270歳 南城・玉城
大城善之助さんの米寿祝う 助一さん93歳・助二さん89歳

null
肩を組み大城善之助さん(中央)のトーカチを祝う
助一さん(左)と助二さん

【南城】合わせて270歳になる3人兄弟がいる。
市玉城の大城助一さん(93)、助二さん(89)、善之助さん(88)だ。
互いに近くに住み、日ごろからゲートボールを楽しむなど元気いっぱい。
2日には善之助さんのトーカチ祝いが開かれ、親族ら約130人が祝った。
兄2人は肩を組み、「次は3人でカジマヤーだ」と弟を祝福した。

 米軍施設内で電気工事の仕事に従事し、引退後はサトウキビ栽培をする善之助さん。
毎日の日課は20年以上続けているという朝のラジオ体操に始まり
ゴルフの素振り、農作業。昼食を挟んで午後はゲートボールや
グラウンドゴルフを楽しむ。
月に1回はチャンピオンコースへ出てゴルフで汗を流し、
農作業ができない雨の日は練習場で腕を磨く。

 「けんかなんかしたことない。しっかりした自慢の弟です」と
善之助さんを祝う助一さん、助二さん。善之助さんの“元気体質”は
2人から受け継がれている。

 自家用野菜を栽培する助二さんは毎朝新聞を読み、
ゲートボールで体を動かす。4年後にカジマヤーを迎える
助一さんはヤギと牛を飼育し、午後はゲートボール。
そして何と言っても週に1回、近くの店でウイスキーグラスを
傾けるのが楽しみなのだという。
兄弟は「体を動かし、楽しく生きること」と
長寿の秘訣(ひけつ)を語る。


 笑顔の3人はあすもゲートボールで汗を流す。

 (沖縄タイムスの記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。