沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 || Next»

2011-03-11



鬼の芸能など学ぶ 星砂の島文化講演会 (八重山・沖縄)

鬼の芸能など学ぶ 星砂の島文化講演会
null
 
【竹富】全国竹富島文化協会(高嶺方裕理事長)はこのほど、
竹富島まちなみ館で「第15回星砂の島文化講演会」を開催した
 
今回は國學院大学の長野隆之准教授が「鬼の芸能」、沖縄国際
大学の狩俣恵一教授が「鬼狂言と組踊り」と題して講演した。

「鬼」というテーマに関心の高さを示してか、会員以外の参加
もあり例年以上に多くの参加者があった。
 
長野准教授は「学生だった15年前に初来島し文化協会の設立
総会にも参加したが、何よりも種子取祭を見て神が感じられた」
と述べ芸能がそれぞれの時代、演者により創意工夫が加えられ
魅力的になっていると指摘。

その中で「鬼狂言」に出てくる女鬼は、日本の民俗芸能全体を
見渡しても見ることはできないと話し、全国各地の鬼が出る祭
を分類しながら映像で紹介した。

狩俣教授は「佐敷ミントングスクの角の生えたアマミキヨ神と、
赤マタ黒マタの来訪神は鬼と神の要素を併せ持っている。
種子取祭の鬼はスーパースターはいないが、以前は鬼にもせりふ
があったがなくしたり、子役は若衆姿からかすりの着物になったり
鬼退治の武士は足袋からわらじ履きになったりと、組踊りの様式
から写実的に改革されていった」と説明。

また「本来は1匹だったのが雌鬼を登場させ、迫力を出すために
子鬼まで出したが、さすがにそれは先輩からしかられた」と裏話
まで紹介し、無邪気でユーモラスな伊江島の「ペンシマ」の鬼の
映像と比較した。

懇親会では鬼捕り狂言の元鬼の演者と現役の鬼、元武士役が解説
と感想を述べ、裏話も多々出るなど和やかに交流した。


(竹富通信員)


(八重山毎日新聞)

2010-10-25

農家民宿津嘉山さん意見発表 (沖縄宮古島)

全国男女共同参画フォーラムで津嘉山さん意見発表

null
【那覇支局】「全国男女共同参画フォーラム2010in沖縄」
(主催・沖縄県など) が23日、 那覇市の県男女共同参画センター
(てぃるる) で開催された。

パネルディスカッションで 宮古島市の津嘉山千代さん
(農家民宿津嘉山荘経営) は、 「お金をかけずに、 ある物
(野菜など) を利用して民泊させることをモットーに行っている。

スローフードの教室では300品を作り、 手作りの魅力を伝えてい
る」 などと述べた。
同フォーラムは、 全国3ブロックに分けて毎年行われているもの。
県民や民間団体、 行政機関が一堂に会する連携の場において
男女共同参画の気運を高め理解を深めることを目的としている。

内閣府から国内、 世界の男女共同参画について状況報告があり
開梨香さん (カルティベイト社長) が 「夢をかたちに」 の演題
で基調講演を行った。

パネルディスカッションでは内海恵美子さん (琉球大学准教授)
をコーディネーターに、 津嘉山さん、 新城恵子さん (アイリスエ
ステサロン社長)、 名護宏雄さん (コンピュータ沖縄社長) が
パネリストを務めた。
3人は経営内容を紹介しながら男女共同参画への考えを述べた。

津嘉山さんは、 グリーンツーリズムやスローフードを取り入れた
民宿を経営しており、 全国各地から旅行で訪れた人たちが宿泊して
いる。 今は長男夫婦と一緒に行っており、 「私60代と、 長男30代
の味のハーモニーがお客さんを魅了している」 と強調した。


(宮古新報の記事より)

2010-10-22

自由に「とぅばらーま」熱唱

なかどぅ道ぬとぅばらーま祭
大勢の市民詰めかけ熱気
null

「歌う人が主人公」として幅広い出演者が特徴の
「なかどぅ道ぬとぅばらーま祭」(主催・同実行委員会)が
20日午後7時から平真小学校体育館で行われ
子どもからお年寄りまで幅広い年代の出演者が
自由にとぅばらーまを披露した。

同祭は例年、旧暦8月13日に開かれる
「石垣市とぅばらーま大会」の前夜祭として
登野城のなかどぅ道ぬとぅばらーま歌碑広場で行われ
今年で20年目の節目を迎えた。

今年は台風を避け1カ月先延ばししたが
台風13号の影響で会場を同広場から
平真小体育館に変更した。

この日のとぅばらーま祭には、島内外から幅広い
年代の出演者が個人やグループで参加。
歌詞や歌い方、上手下手を問わず、思いの丈を込め
のびのびととぅばらーまを歌いあげていた。
また、中山義隆市長もトップバッターでのどを
披露した。会場には大勢の聴衆が詰め掛け
出演者が自由に歌うとぅばらーまを心ゆくまでたんのうした。



(八重山毎日新聞記事より)

2010-10-20

狂言・舞踊 感謝の奉納 小浜島で結願祭

null
4人一組で息のあった踊りを見せた「ダートゥーダー」
竹富町小浜島・嘉保根御嶽

【小浜島=竹富】豊作など神への願いが結ばれたことを感謝する
竹富町小浜島の結願祭が16日から3日間の日程で行われ
17日、同島嘉保根御嶽の神前でさまざまな奉納芸能が
繰り広げられた。

住民や郷友会、観光客らが多数集まり、伸び伸びと小浜方言で
演じられる狂言や多彩な舞踊などの芸能を堪能した。

この日は南集落と北集落から伝統芸能が次々と奉納された。
島の老若男女から本島や石垣市の郷友まで島の縁者が
舞台に上がり、見応えのある舞台を繰り広げた。

「ハピラー」や「ダートゥーダー」など、結願祭でしか
見ることができない演目も披露され、集まった人を喜ばせた。

(奥沢秀一通信員)


(沖縄タイムス紙面より)

2010-10-19

沖縄の祭り・宮古島パーントゥ

パーントゥ3匹現る/国指定文化財泥を塗り厄払い
null
新生児に泥を付けるパーントゥ=18日、島尻

国指定重要無形民俗文化財の奇祭「パーントゥ」が18日、島尻地区で行われた。

体中に泥を塗り仮面をかぶったパーントゥ3匹が、住民らに泥を塗りたくって
厄除け、招福した。集落内は、泥を塗られた人の「キャーッ」「ウワーッ」の
悲鳴が響き渡っていた。きょう19日も行われる。

この日の夕暮れ、親子連れや観光客らが3匹が現れるのを待った。

3匹は仮面を付け、泥だらけのつる性の植物を身にまとい、
つえを持ち、裸足のいでたちで出現した。

見物人らは「パーントゥが、来たぞ」と騒ぎ立てた
中には恐怖心から逃げ回る子どももいた。
パーントゥは追い掛け、捕まえた人に容赦なく泥を塗った。

新生児と新築家は泥を塗ってもらうのが習わし。パーントゥは
新生児の顔には優しく泥を付けた。新築家に上がり込むと
壁などに泥を塗り、家主から祝い酒のもてなしを受けた。

仲里長造自治会長は「今後ともパーントゥを大事に守り
次世代に引き継いでいきたい」と語った。

パーントゥ 数百年前に島尻でクバマと呼ばれる西海岸に
黒と赤の仮面が漂着した。
村人はこの仮面は海のかなたから訪れた来訪神と崇敬した。
男が仮面をかぶって集落内を駆け回ったのが由来と伝えられている。


(宮古毎日新聞の紙面より)
«Prev || 1 | 2 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。