沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-22



沖縄・ミヤコサワガニ、県の天然記念物に指定

県の天然記念物に指定されたミヤコサワガニ
null
(写真提供・藤田喜久氏)

【那覇支局】県教育委員会 (比嘉梨香委員長) は15日、
宮古島固有種のミヤコサワガニを県指定文化財 (天然記念物)
に指定すると発表した。
ミヤコサワガニの甲幅は3㌢程度で、 渡嘉敷島産のオオサワガニの

近縁であると考えられている。

同委員会は 「琉球列島の地史を検討する上で貴重であり
生息地も限定され絶滅が危惧されることから
保護する必要がある」 と指定したもの。


ミヤコサワガニの指定に向けては、 県文化財保護審議会
(上江洲敏夫会長) が7日に答申し、 県教育委員会が決定した。


宮古島固有のサワガニで、 水中で活動することが多く
夜行性で陸産貝類や水中の有機物を摂食する。
サワガニ類は陸水もしくは陸上のみで生活史を全うし
海水中では生息できない。

宮古島はかつて海面下に水没し
そのあと他の陸地と一度も陸続きにならなかったという説が
一般的なことから宮古島の地史の再検討を促す
貴重な生物として注目。

現在、 生息場所は限られており、 推定個体数は
400から500固体程度と見られている。


同委員会は、 今後の課題では 「外来種(ヤエヤマイシガメ)
により稚ガニが捕食される可能性が高いため
外来種対策を検討する必要がある。

生息地の保全についてはミヤコサワガニの生息場所は
数カ所に限られているため、 今後も生息場所を
良好に保つことが重要である」 と強調する。


指定までの経緯は、 07年9月4日に県教育委員会から
県文化財保護審議会に諮問され、 同年10月22日に
同審議会の指示を受けた第3専門部会 (天然記念物) が
10年2月に宮古島で現地調査を実施。

10年9月7日に同審議会長から県教育長へ指定に向けての
答申があり、 教育委員会が15日の会議において決定した。


(宮古新報の記事より)

2010-10-22

自由に「とぅばらーま」熱唱

なかどぅ道ぬとぅばらーま祭
大勢の市民詰めかけ熱気
null

「歌う人が主人公」として幅広い出演者が特徴の
「なかどぅ道ぬとぅばらーま祭」(主催・同実行委員会)が
20日午後7時から平真小学校体育館で行われ
子どもからお年寄りまで幅広い年代の出演者が
自由にとぅばらーまを披露した。

同祭は例年、旧暦8月13日に開かれる
「石垣市とぅばらーま大会」の前夜祭として
登野城のなかどぅ道ぬとぅばらーま歌碑広場で行われ
今年で20年目の節目を迎えた。

今年は台風を避け1カ月先延ばししたが
台風13号の影響で会場を同広場から
平真小体育館に変更した。

この日のとぅばらーま祭には、島内外から幅広い
年代の出演者が個人やグループで参加。
歌詞や歌い方、上手下手を問わず、思いの丈を込め
のびのびととぅばらーまを歌いあげていた。
また、中山義隆市長もトップバッターでのどを
披露した。会場には大勢の聴衆が詰め掛け
出演者が自由に歌うとぅばらーまを心ゆくまでたんのうした。



(八重山毎日新聞記事より)

2010-10-20

狂言・舞踊 感謝の奉納 小浜島で結願祭

null
4人一組で息のあった踊りを見せた「ダートゥーダー」
竹富町小浜島・嘉保根御嶽

【小浜島=竹富】豊作など神への願いが結ばれたことを感謝する
竹富町小浜島の結願祭が16日から3日間の日程で行われ
17日、同島嘉保根御嶽の神前でさまざまな奉納芸能が
繰り広げられた。

住民や郷友会、観光客らが多数集まり、伸び伸びと小浜方言で
演じられる狂言や多彩な舞踊などの芸能を堪能した。

この日は南集落と北集落から伝統芸能が次々と奉納された。
島の老若男女から本島や石垣市の郷友まで島の縁者が
舞台に上がり、見応えのある舞台を繰り広げた。

「ハピラー」や「ダートゥーダー」など、結願祭でしか
見ることができない演目も披露され、集まった人を喜ばせた。

(奥沢秀一通信員)


(沖縄タイムス紙面より)

2010-10-19

沖縄・西表祖納・干立で節祭

「オホホ」笑い 福招く

null
ひょうきんなしぐさで観客を笑わせた干立のオホホ
17日、竹富町西表島・干立御嶽

【西表島=竹富】国指定の重要無形民俗文化財で、

500年以上の歴史があるとされる「西表島の節(しち)祭」
中日の「世乞(ゆーく)い」行事が17日、同島の祖納、
干立の両集落でそれぞれ行われた。

集落独自の奉納芸能や船こぎ競漕(きょうそう)などを披露して
豊作に感謝し、住民の無病息災と地域の繁栄を祈願した。

サバニを浜に浮かべる儀式で始まった祖納ではミルク(弥勒神)行列や
黒装束の女性による「アンガー行列」の入場後「祖納岳節」
「丸間盆山節」など奉納芸能が繰り広げられた。
船こぎでは舟子が力強い櫂(かい)さばきを見せ
「ミルク世果報(ゆがふ)(幸せや豊年)を舟に乗せてきた」と
報告した。

干立でも船こぎや狂言、アンガー踊りなどを奉納。

ミルク行列の最中に現れた、同地域だけの仮面神「オホホ」が
奇声を上げながら行列や観客をはやし立て、笑いを誘った。


(沖縄タイムス紙面より)

2010-10-07

沖縄の長寿3兄弟「次はカジマヤーだ」

「次はカジマヤーだ」
ご長寿3兄弟 合わせて270歳 南城・玉城
大城善之助さんの米寿祝う 助一さん93歳・助二さん89歳

null
肩を組み大城善之助さん(中央)のトーカチを祝う
助一さん(左)と助二さん

【南城】合わせて270歳になる3人兄弟がいる。
市玉城の大城助一さん(93)、助二さん(89)、善之助さん(88)だ。
互いに近くに住み、日ごろからゲートボールを楽しむなど元気いっぱい。
2日には善之助さんのトーカチ祝いが開かれ、親族ら約130人が祝った。
兄2人は肩を組み、「次は3人でカジマヤーだ」と弟を祝福した。

 米軍施設内で電気工事の仕事に従事し、引退後はサトウキビ栽培をする善之助さん。
毎日の日課は20年以上続けているという朝のラジオ体操に始まり
ゴルフの素振り、農作業。昼食を挟んで午後はゲートボールや
グラウンドゴルフを楽しむ。
月に1回はチャンピオンコースへ出てゴルフで汗を流し、
農作業ができない雨の日は練習場で腕を磨く。

 「けんかなんかしたことない。しっかりした自慢の弟です」と
善之助さんを祝う助一さん、助二さん。善之助さんの“元気体質”は
2人から受け継がれている。

 自家用野菜を栽培する助二さんは毎朝新聞を読み、
ゲートボールで体を動かす。4年後にカジマヤーを迎える
助一さんはヤギと牛を飼育し、午後はゲートボール。
そして何と言っても週に1回、近くの店でウイスキーグラスを
傾けるのが楽しみなのだという。
兄弟は「体を動かし、楽しく生きること」と
長寿の秘訣(ひけつ)を語る。


 笑顔の3人はあすもゲートボールで汗を流す。

 (沖縄タイムスの記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。