沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-22



自由に「とぅばらーま」熱唱

なかどぅ道ぬとぅばらーま祭
大勢の市民詰めかけ熱気
null

「歌う人が主人公」として幅広い出演者が特徴の
「なかどぅ道ぬとぅばらーま祭」(主催・同実行委員会)が
20日午後7時から平真小学校体育館で行われ
子どもからお年寄りまで幅広い年代の出演者が
自由にとぅばらーまを披露した。

同祭は例年、旧暦8月13日に開かれる
「石垣市とぅばらーま大会」の前夜祭として
登野城のなかどぅ道ぬとぅばらーま歌碑広場で行われ
今年で20年目の節目を迎えた。

今年は台風を避け1カ月先延ばししたが
台風13号の影響で会場を同広場から
平真小体育館に変更した。

この日のとぅばらーま祭には、島内外から幅広い
年代の出演者が個人やグループで参加。
歌詞や歌い方、上手下手を問わず、思いの丈を込め
のびのびととぅばらーまを歌いあげていた。
また、中山義隆市長もトップバッターでのどを
披露した。会場には大勢の聴衆が詰め掛け
出演者が自由に歌うとぅばらーまを心ゆくまでたんのうした。



(八重山毎日新聞記事より)

2010-10-20

秋の使者が飛来/アカハラダカを確認

null
 平良 大野山林 羽を休めるアカハラダカ
 16日、平良(撮影・伊良波彌)
秋の使者、アカハラダカ(タカ科)が16日午前
大野山林で休んでいるのが確認された。
また宮古野鳥の会(仲地邦博会長)は、下地入江で南下する
アカハラダカ36羽をカウントした。

朝鮮半島などで夏を過ごしたアカハラダカ(タカ科)は毎年9月
越冬地の東南アジアへ向かう途中に宮古に立ち寄っている。
これから秋の渡りが本格化する。

頭上から体の上面は青灰色。成鳥の下面は白く、胸は橙褐色。
成鳥は全長30㌢。宮古島には夜飛来するとされる。
ひと晩休んだ後、越冬地へ旅立つ。


(宮古毎日新聞の紙面より)

狂言・舞踊 感謝の奉納 小浜島で結願祭

null
4人一組で息のあった踊りを見せた「ダートゥーダー」
竹富町小浜島・嘉保根御嶽

【小浜島=竹富】豊作など神への願いが結ばれたことを感謝する
竹富町小浜島の結願祭が16日から3日間の日程で行われ
17日、同島嘉保根御嶽の神前でさまざまな奉納芸能が
繰り広げられた。

住民や郷友会、観光客らが多数集まり、伸び伸びと小浜方言で
演じられる狂言や多彩な舞踊などの芸能を堪能した。

この日は南集落と北集落から伝統芸能が次々と奉納された。
島の老若男女から本島や石垣市の郷友まで島の縁者が
舞台に上がり、見応えのある舞台を繰り広げた。

「ハピラー」や「ダートゥーダー」など、結願祭でしか
見ることができない演目も披露され、集まった人を喜ばせた。

(奥沢秀一通信員)


(沖縄タイムス紙面より)

2010-10-19

沖縄・西表祖納・干立で節祭

「オホホ」笑い 福招く

null
ひょうきんなしぐさで観客を笑わせた干立のオホホ
17日、竹富町西表島・干立御嶽

【西表島=竹富】国指定の重要無形民俗文化財で、

500年以上の歴史があるとされる「西表島の節(しち)祭」
中日の「世乞(ゆーく)い」行事が17日、同島の祖納、
干立の両集落でそれぞれ行われた。

集落独自の奉納芸能や船こぎ競漕(きょうそう)などを披露して
豊作に感謝し、住民の無病息災と地域の繁栄を祈願した。

サバニを浜に浮かべる儀式で始まった祖納ではミルク(弥勒神)行列や
黒装束の女性による「アンガー行列」の入場後「祖納岳節」
「丸間盆山節」など奉納芸能が繰り広げられた。
船こぎでは舟子が力強い櫂(かい)さばきを見せ
「ミルク世果報(ゆがふ)(幸せや豊年)を舟に乗せてきた」と
報告した。

干立でも船こぎや狂言、アンガー踊りなどを奉納。

ミルク行列の最中に現れた、同地域だけの仮面神「オホホ」が
奇声を上げながら行列や観客をはやし立て、笑いを誘った。


(沖縄タイムス紙面より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。