沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-25



沖縄・山之口貘の児童詩確認 米プランゲ文庫

null
山之口貘の児童詩確認 米プランゲ文庫、1947年雑誌掲載
山之口貘「キカンシャ」(「こどものまど」6月号)

県出身の詩人・山之口貘(1903~63年)が書いた子ども向け詩作品
「キカンシャ」が米国の大学で見つかった。
これまで作品名のみ知られていたが、このほど至学館大学の齋木喜美子教授(児童文学)が
原本を確認、内容が初めて明らかになった。

同作品の複写は、県立図書館開館100周年を記念して11月1日に開設する
山之口貘文庫の資料として収められる予定。
貘の子ども向け詩作品は極めて少なく、今回の発見は児童文学分野で
貘研究の深化につながりそうだ。

「キカンシャ」は、占領期日本の雑誌や新聞を収蔵する米国メリーランド大学の
プランゲ文庫所蔵の児童雑誌「こどものまど」6月号(1947年5月発行)に
掲載されている。

「オトナノ/キカンシヤ/オオキナ/オカオ ダ」で始まるカタカナ書きの
幼児語を交えた素朴な詩作品。淀井敏夫氏の機関車のカラー挿絵が付いている。

これまで「占領期新聞・雑誌記事情報データベース」に作品名と著者名のみが
紹介されていた。雑誌の表紙に検閲番号が書かれている。
データベースに2巻5号と記載されていたが、実際は2巻2号であったことも分かった。

同作品について、山之口貘研究者の松下博文筑紫女学園大学教授は
「貘さんの詩でカタカナ書きのものはこれまで、戦時中に書いた
『アカイマルイシルシ』『オホゾラノハナ』の二つしかなかった。
これらが日の丸や落下傘を隠喩(いんゆ)化したくぐまった形の
児童詩であるのに対し、『キカンシャ』は非常におおらかで力強い。
戦後復興のけん引力になるような形の書き方をしている」と語る。
 
齋木教授は「これまで山之口貘の作品に対する関心は
大人を対象としたものに限られ、児童文学については関心が低かった。
これを機に貘の児童文学にも関心が高まるとうれしい」と話している。
(高良由加利)

 キカンシャ
     山之口 貘

オトナノ
キカンシヤ
オオキナ
オカオ ダ

ハコニ
イツパイ
ミンナヲ ノセテ
ツヨイ
チカラ ダ
オトナノ
 キカンシヤ

テツノ
オカオ ダ
オオキナ
オカオ ダ


(琉球新報の紙面より)

2010-10-23

朗読劇「ハテルマ ハテルマ」八重山(沖縄)

null

 戦争マラリアをテーマにした朗読劇「ハテルマ ハテルマ」が24
日に行われるのを前に、主催する「戦争マラリアを語り継ぐ会」(玉
城功一会長)のけいこも熱を帯びている。玉城会長は「朗読劇を通し
て、弾を撃ち合うのとは全然違う戦争があったということが分かる
と思う」と話し、多くの来場を呼び掛ける。

 「ハテルマ ハテルマ」は戦争マラリアの体験者の証言で構成し
た朗読劇で、和歌山県の作家、栗原省さん(81)の作品。「疎開地へ
」「マラリア地獄」など7場で構成されている。八重山では2005年に
波照間などで上演されている。

 同会は、戦争マラリアの体験者が高齢化していることから、その
体験の継承を目的に今年6月に結成。最初の取り組みとして今回の朗
読劇を企画した。

 出演者は、感情を込めて証言を朗読したり、時には芝居さながら
に演技したりしながら、80分間の公演を披露することになっている
。現在の波照間島の景色や旧盆行事の「ムシャーマ」の写真なども
進行に合わせてスクリーンに映し出すことにしている。

 20日夜のけいこは大浜信泉記念館で行われ、出演者や音響、影像
の担当者、ステージ上でいすやマイクスタンドを動かす八重山高校
の3年生など約30人が参加し、3時間近くかけて全編を読み通した。

 作者の栗原さんが指導に当たり、「人形のように立ってないで、
少し動きながら」「テンポを上げて」などと朗読者の動きや発声に
厳しく注文を付けることも。

 家族10数人を戦争マラリアで失い、一人生き残ったことに苦悩す
る女性の証言を朗読する元小学校校長、慶田盛京子さん(62)は「戦
争マラリアの体験者が高齢になっている。朗読でその体験を語り継
ぐことは意義があると思う」と話していた。

 朗読劇「ハテルマ ハテルマ」は24日午後7時から市民会館大ホー
ル。問い合わせは同会事務局(090-7453-1823)。


(八重山毎日新聞記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。