沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-23



朗読劇「ハテルマ ハテルマ」八重山(沖縄)

null

 戦争マラリアをテーマにした朗読劇「ハテルマ ハテルマ」が24
日に行われるのを前に、主催する「戦争マラリアを語り継ぐ会」(玉
城功一会長)のけいこも熱を帯びている。玉城会長は「朗読劇を通し
て、弾を撃ち合うのとは全然違う戦争があったということが分かる
と思う」と話し、多くの来場を呼び掛ける。

 「ハテルマ ハテルマ」は戦争マラリアの体験者の証言で構成し
た朗読劇で、和歌山県の作家、栗原省さん(81)の作品。「疎開地へ
」「マラリア地獄」など7場で構成されている。八重山では2005年に
波照間などで上演されている。

 同会は、戦争マラリアの体験者が高齢化していることから、その
体験の継承を目的に今年6月に結成。最初の取り組みとして今回の朗
読劇を企画した。

 出演者は、感情を込めて証言を朗読したり、時には芝居さながら
に演技したりしながら、80分間の公演を披露することになっている
。現在の波照間島の景色や旧盆行事の「ムシャーマ」の写真なども
進行に合わせてスクリーンに映し出すことにしている。

 20日夜のけいこは大浜信泉記念館で行われ、出演者や音響、影像
の担当者、ステージ上でいすやマイクスタンドを動かす八重山高校
の3年生など約30人が参加し、3時間近くかけて全編を読み通した。

 作者の栗原さんが指導に当たり、「人形のように立ってないで、
少し動きながら」「テンポを上げて」などと朗読者の動きや発声に
厳しく注文を付けることも。

 家族10数人を戦争マラリアで失い、一人生き残ったことに苦悩す
る女性の証言を朗読する元小学校校長、慶田盛京子さん(62)は「戦
争マラリアの体験者が高齢になっている。朗読でその体験を語り継
ぐことは意義があると思う」と話していた。

 朗読劇「ハテルマ ハテルマ」は24日午後7時から市民会館大ホー
ル。問い合わせは同会事務局(090-7453-1823)。


(八重山毎日新聞記事より)

2010-10-20

狂言・舞踊 感謝の奉納 小浜島で結願祭

null
4人一組で息のあった踊りを見せた「ダートゥーダー」
竹富町小浜島・嘉保根御嶽

【小浜島=竹富】豊作など神への願いが結ばれたことを感謝する
竹富町小浜島の結願祭が16日から3日間の日程で行われ
17日、同島嘉保根御嶽の神前でさまざまな奉納芸能が
繰り広げられた。

住民や郷友会、観光客らが多数集まり、伸び伸びと小浜方言で
演じられる狂言や多彩な舞踊などの芸能を堪能した。

この日は南集落と北集落から伝統芸能が次々と奉納された。
島の老若男女から本島や石垣市の郷友まで島の縁者が
舞台に上がり、見応えのある舞台を繰り広げた。

「ハピラー」や「ダートゥーダー」など、結願祭でしか
見ることができない演目も披露され、集まった人を喜ばせた。

(奥沢秀一通信員)


(沖縄タイムス紙面より)

2010-10-19

沖縄・西表祖納・干立で節祭

「オホホ」笑い 福招く

null
ひょうきんなしぐさで観客を笑わせた干立のオホホ
17日、竹富町西表島・干立御嶽

【西表島=竹富】国指定の重要無形民俗文化財で、

500年以上の歴史があるとされる「西表島の節(しち)祭」
中日の「世乞(ゆーく)い」行事が17日、同島の祖納、
干立の両集落でそれぞれ行われた。

集落独自の奉納芸能や船こぎ競漕(きょうそう)などを披露して
豊作に感謝し、住民の無病息災と地域の繁栄を祈願した。

サバニを浜に浮かべる儀式で始まった祖納ではミルク(弥勒神)行列や
黒装束の女性による「アンガー行列」の入場後「祖納岳節」
「丸間盆山節」など奉納芸能が繰り広げられた。
船こぎでは舟子が力強い櫂(かい)さばきを見せ
「ミルク世果報(ゆがふ)(幸せや豊年)を舟に乗せてきた」と
報告した。

干立でも船こぎや狂言、アンガー踊りなどを奉納。

ミルク行列の最中に現れた、同地域だけの仮面神「オホホ」が
奇声を上げながら行列や観客をはやし立て、笑いを誘った。


(沖縄タイムス紙面より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。