沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-24



沖縄・/浦添工高Tシャツ店「マモヤ」

浦添工高Tシャツ店「マモヤ」 那覇市、にぎわい広場に開店
null

5年目を迎えた浦添工業高校デザイン科3年の「T―SHIRTS
SHOP MAMOYA」の生徒たち=那覇市松尾のにぎわい広場

 浦添工業高校デザイン科3年の生徒らが企画から制作、販売まで
を行う期間限定のTシャツショップ「T―SHIRTS SHOP
 MAMOYA(マモヤ)」が23日、那覇市松尾のにぎわい広場
で開店した。2005年に始まった取り組みは5年目を迎えた。企
業とのタイアップ企画や社会貢献活動など、年々活動の幅を広げて
いるほか、今では卒業生が現役生にデザインや接客をアドバイスす
る姿も定着。後輩たちは「今のMAMOYAは先輩たちのおかげ。
さらにグレードアップしたい」と先輩の経験や思いを継承・発展さ
せている。



(琉球新報の紙面より)

2010-10-11

熱闘6分 引き分け 

那覇大綱挽に27万5000人
null
声を合わせ綱をひく那覇大綱挽の参加者
10日午後、那覇市・久茂地交差点(仲間勇哉撮影)

那覇まつりのメーンイベント「那覇大綱挽(ひき)」が10日、
那覇市の国道58号久茂地交差点周辺で行われた。

地元住民や外国人、観光客ら約27万5千人(主催者発表)が参加。
東西に分かれ、大綱に結び付けられた280本の手綱を「ハーイヤ」の
かけ声に合わせて力いっぱい引き合い、約6分間の熱闘の末、引き分けとなった。

ギネスブックで世界最大と認定された大綱は昨年より2トン重くなった
総重量45トン、全長200メートル、直径1・56メートル。
今年の引き分けで、通算成績は12勝12敗
13分けとなった。

家族で参加した新里龍生君9と太陽君6は「毎年参加している。
綱の間に挟まって痛かったけど楽しかった」と笑顔で語った。


(沖縄タイムスの記事より)

時間切れ引き分け 那覇大綱挽

null
東西に分かれて大綱を引き合い、勝負がつかず引き分けとなった那覇大綱挽
10日午後、那覇市の久茂地交差点

400年以上の伝統があり、ギネスブック認定の世界一の
大綱を引く第40回那覇大綱挽(ひき)(那覇大綱挽保存会主催)が
10日午後、那覇市の国道58号の久茂地交差点で行われ、
27万5千人(主催者発表)が来場した。

観衆が東西に分かれて全長200メートル、高さ1・58メートル、
総重量約46トンの綱の手綱を引き、熱戦の末、引き分けに終わった。
通算成績は東西とも12勝12敗13引き分け。
勝負前に旗頭や空手演武が披露され、勝負を盛り上げた。

西の女綱と、東の男綱が直径43センチ、
重さ365キロの紫檀(したん)の棒で結合される「綱寄せ」で
一つになると、会場の熱気は頂点に達した。

綱寄せなどで時間がかかり、予定より30分遅れで綱を引き始めた。
会場の使用許可時間の終了が迫り、勝負の制限時間30分を待たずに
約6分で幕を閉じた。

(琉球新報の記事より)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。