沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-12-09



アジア大会で「金」メダル 新川の吉藤博章さん凱旋 (八重山・沖縄)

アジア大会で「金」メダル 新川の吉藤博章さん凱旋
null
ヨット・セーリング競技で快挙

 45の国と地域が参加し、11月に中国で開催された第16回アジア競技大会で、
ヨットのセーリング競技に初出場した新川に住む吉藤博章さん(30)が
日本代表チームの一人として金メダルを獲得し、6日午後に空路、
凱旋(がいせん)した。石垣空港では関係者が出迎え、快挙をたたえた。

 吉藤さんが金メダルを獲得したヨットのセーリング競技マッチレースは、
4、5人が1チームとして決められたコースをヨット2艇が競うもの。
勝ちチームにはポイントが与えられる。

 アジア大会で吉藤さんは日本代表「シエスタ」(4人)チームに参加。
8カ国の総当たり予選を経て、準決勝の韓国、決勝のインドにはそれぞれ
ポイントを譲ることなく優勝を飾った。

 吉藤さんは、埼玉県出身。高校、大学とヨット部に所属。現在は石垣に
移住して小浜島のシー・テクニコに勤めている。
 
 今大会では、セール(帆)の上げ下ろしのタイミングや海面の状況を把握する
「バウマン」として活躍。4月の国内予選を突破し、本土での練習や海外合宿で
チーム強化を図っていた。

 吉藤さんは「目標は金メダルだったのでうれしいし、ホッとしている。
これからも続けていきたい」と感想、「本番は風が弱くとても苦戦した。
予選通過もぎりぎりだったが、準決勝、決勝は好きな風になった。
石垣での海の仕事が役に立った」と振り返った。

 市役所では、中山義隆市長が「日本一を飛び越えてアジア一なので
びっくりしている。何らかなの形で子どもたちにも活躍を伝えたい」と喜んだ。



(八重山毎日新聞)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。