沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-10-22



沖縄・南の島々から八重山の味つたえ隊が店頭PR

「あっぱーたちの手作り商品をお歳暮に!」

石垣市と竹富町で農漁業を営む女性10人でつくる
「南の島々から八重山の味つたえ隊」(平安山盛子隊長)が
12月10日からマックスバリュやいま店で歳暮セットの
展示販売をスタートした。

null

同隊は八重山の農漁家のあっぱー(お母さん)たちで2006年に結成。
それぞれが自身の畑や地域で採れた食材を加工し
商品の製造・販売を行っている。
商品は昔から受け継がれてきた味を伝えていこうと
一つ一つが手作り。歳暮セットはこれまで注文販売のみだったが
店頭で行うのは初めての試み。


歳暮セットは「月桃セット(2,500円)」
「ブーゲンビリアセット(2,500円)」
「八重山づくしセット(5,000円)」の3種類を用意。

null


おすすめは「八重山づくしセット」で、青パパイヤと鰹の佃煮、
波照間産のもちきび、麦味噌、グァバジャム、西表島産の原始米
小浜島産の天然もずくなど10点の詰め合わせとなっている。
商品の中には今年から作られた新しいものもあり
伝統製法で作られた黒蜜羊羹「やいま羊羹」と
ハイビスカスの一種・ローゼルを使ったハーブジャム
「ローゼルジャム」が加えられた。


10日~13日の4日間はメンバーが交代で店頭に立ち
試食コーナーを設けながらPRを行う。
展示販売では歳暮セットの商品を単品でも販売する。


平安山隊長は「今年はテレビでも紹介され
全国的にも名前が知られた。
商品は地元でできた物を使って
無添加でそれぞれがこだわって作っている。
皆さんに安心して贈ってもらえるものなので
ぜひ利用してほしい」とアピールした。


歳暮セットの注文受付は25日までで
店頭での展示販売は28日まで行われる

注文は電話かFAX(0980-83-5771)で。

問い合わせは平安山さん
(090-1947-5872)または池村さん(090-8417-0520)まで。


( 八重山日報の記事より)

2010-10-20

狂言・舞踊 感謝の奉納 小浜島で結願祭

null
4人一組で息のあった踊りを見せた「ダートゥーダー」
竹富町小浜島・嘉保根御嶽

【小浜島=竹富】豊作など神への願いが結ばれたことを感謝する
竹富町小浜島の結願祭が16日から3日間の日程で行われ
17日、同島嘉保根御嶽の神前でさまざまな奉納芸能が
繰り広げられた。

住民や郷友会、観光客らが多数集まり、伸び伸びと小浜方言で
演じられる狂言や多彩な舞踊などの芸能を堪能した。

この日は南集落と北集落から伝統芸能が次々と奉納された。
島の老若男女から本島や石垣市の郷友まで島の縁者が
舞台に上がり、見応えのある舞台を繰り広げた。

「ハピラー」や「ダートゥーダー」など、結願祭でしか
見ることができない演目も披露され、集まった人を喜ばせた。

(奥沢秀一通信員)


(沖縄タイムス紙面より)

2010-10-19

沖縄・西表祖納・干立で節祭

「オホホ」笑い 福招く

null
ひょうきんなしぐさで観客を笑わせた干立のオホホ
17日、竹富町西表島・干立御嶽

【西表島=竹富】国指定の重要無形民俗文化財で、

500年以上の歴史があるとされる「西表島の節(しち)祭」
中日の「世乞(ゆーく)い」行事が17日、同島の祖納、
干立の両集落でそれぞれ行われた。

集落独自の奉納芸能や船こぎ競漕(きょうそう)などを披露して
豊作に感謝し、住民の無病息災と地域の繁栄を祈願した。

サバニを浜に浮かべる儀式で始まった祖納ではミルク(弥勒神)行列や
黒装束の女性による「アンガー行列」の入場後「祖納岳節」
「丸間盆山節」など奉納芸能が繰り広げられた。
船こぎでは舟子が力強い櫂(かい)さばきを見せ
「ミルク世果報(ゆがふ)(幸せや豊年)を舟に乗せてきた」と
報告した。

干立でも船こぎや狂言、アンガー踊りなどを奉納。

ミルク行列の最中に現れた、同地域だけの仮面神「オホホ」が
奇声を上げながら行列や観客をはやし立て、笑いを誘った。


(沖縄タイムス紙面より)

2010-10-14

沖縄・浜比嘉島でカジマヤー

浜比嘉島でカジマヤー

null
カジマヤーを迎えた(左から)新里マスさん、前宮サヨさん、須田房子さん
14日・うるま市 勝連 浜

【うるま】旧暦9月7日にあたる14日午前、うるま市勝連浜で
3人の97歳の長寿を祝うカジマヤーパレードが行われた。

きれいに着飾った新里マスさんと前宮サヨさん、須田房子さんは
家族に付き添われ、車で区内を練り歩いた。

パレードでは、比嘉小学校の児童23人がカリーをつける演奏で先導。
それぞれの車の後ろについた家族が太鼓をたたき、
お祝いに訪れた人たちに風車を配って回った。

バンドで太鼓を担当した新里優太君(比嘉小5年)は
「マスおばあちゃんは優しい。これからも元気で長生きしてほしい」と笑顔を見せた。


(沖縄タイムス記事より)

«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。