沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2011-11-24

 米軍属不起訴で遺族支える会 (OKINAWA)

「国内法に基づき起訴を」 
米軍属不起訴で遺族支える会

null
日米地位協定の不平等とともに、加害者軍属を「日本で裁いて」と訴える新垣翔士さん(中央)
=24日午前、県庁

 今年1月に交通死亡事故を起こした米軍属が公務認定により不起訴となった事件で、事故で亡くなった男性=当時(19)=の遺族を支える会は24日、県庁で記者会見を開き、那覇検察審査会の起訴相当議決を受けて再捜査中の那覇地検に対し、「国内法に基づいて起訴すべきだ」と訴えた。
また、不平等な地位協定の抜本的改定の必要などとも訴えた。

 同会共同代表で、友人の新垣翔士さん(21)は「不起訴になれば遺族は悲しい思いで生きていかなければならない。絶対に日本で裁判してほしい」と訴えた。同代表で親族の與儀利枝さん(60)は「子を持つ親として許せない。加害軍属を起訴し、日本の司法で裁いて」と述べた。

 事故を起こした軍属男性は米軍の「公務証明」によって米側が第一次裁判権を行使し、5年間の運転禁止処分となった。

 那覇地検の不起訴処分により、遺族の不服申し立てを受けて那覇検察審査会が起訴相当と議決したことで、那覇地検は再捜査を実施。再捜査捜査期限となる25日に米軍属の起訴、不起訴を発表する。

【琉球新報電子版】

  琉球新報  
category沖縄ニュース  time17:39  authorseasa 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。