沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2011-10-25

全盲の久銘次さん 故郷久米島駆ける(沖縄)

全盲の久銘次さん 故郷久米島駆ける

津波めぐみさん(右)の伴走で初マラソンに挑んだ久銘次位得さん
=23日、久米島町営仲里野球場近く

 視覚障がいのあるあん摩・指圧師の久銘次位得さん(69)=久米島町=は5キロで、人生初マラソンに挑んだ。伴走者は常連客の同町立大岳小学校教諭の津波めぐみさん(40)。
久銘次さんの夢をかなえようと初めて伴走に挑戦。信じ合う“初心者”同士がロープでつながり、走る喜びを実感した。

 久銘次さんは、病気で50歳ごろに完全に光を失った。建設会社を辞め、盲学校へ。15年前に同町内で治療院を開設し、久米島マラソンではマッサージのボランティアをしていた。

 「一度は走ってみたい」。治療院で発した一言を聞いた津波さんが「日ごろの恩返しを」と伴走を引き受け、今大会に誘った。沖縄伴走ランナーネットワークの大見謝辰男会長から実技講習を受け本番に備えた。

 人々の温かさに触れながら「昔見た風景」がよみがえったと振り返る久銘次さん。「くせになりそうです。沿道からの声援もすごかったし、本当に感謝。楽しかった。来年も参加したいですね」と笑顔で話した。

 津波さんは「学ぶことが多かった。出たくても出られない人はまだまだ居るはず。地元でもっとサポートできないのか」と、障がい者が気軽に参加できる態勢づくりの必要性を語った。(新垣玲央)

  沖縄タイムス  
categoryスポーツ  time09:50  authorseasa 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

freshwater pearl pendant wrote:

久銘次さんの夢をかなえようと初めて伴走に挑戦。信じ合う“初心者”同士がロープでつながり、走る喜びを実感した
2015-03-25 time11:49

pearl ring wrote:

人々の温かさに触れながら「昔見た風景」がよみがえったと振り返る久銘次さん。「くせになりそうです
2015-03-25 time11:49

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。