沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2011-10-23

伊江、民泊事業が好調 (沖縄)

伊江、民泊事業が好調 本年度3万300人見込む

民泊を体験し“伊江島の両親”に「行ってきます」と手を振る生徒たち
=17日、伊江港

  【伊江】
秋の修学旅行シーズンを迎え、ことしも伊江村は連日多くの修学旅行生でにぎわいを見せている。中でも伊江島観光協会(山城克己会長)の民泊事業は引き続き好調だ。
2011年度は172校(日帰り、連泊含む)約3万300人の民泊が見込まれている。
10年度に比べ16校減少したが、2900人増え、都道府県数も過去最高の40となる。
 
修学旅行ピークの10月から12月までは58校、約1万300人が島を訪れる見込み。伊江港は入村、離村する生徒で毎日のようにごった返す。民泊事業は現在、100軒の受け入れ民家が会員として登録し、サポート会員も60軒になる。
 
多くの学校が1泊2日の日程で“伊江島の両親”と楽しいひとときを過ごす。島を離れる時は出港直前まで会話を交わし、互いに抱き合い、握手を交わす光景が見られる。中には泣き出す生徒もおり感動的な場面に遭遇する。フェリーが離岸すると島の両親が「行ってらっしゃい」と声を掛け、生徒らは「行ってきます」と手を振り返す。
 
近年は民泊を体験した生徒やその家族が数年後に再び“島の両親”を訪ねるなど、絶大な効果を挙げている。

 同協会は「03年度にテスト受け入れからスタートしたこの事業も好調に推移している。今後は教育旅行における安心、安全を重要課題に職員が一丸となって取り組んでいく」としている。

(金城幸人通信員)


   琉球新報  
category沖縄ホテル・民宿・ペンション  time16:32  authorseasa 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。