沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2011-10-17

宮古牛まつり、消費拡大むけ肥育牛アピール (宮古島・沖縄)

宮古牛まつり、消費拡大むけ肥育牛アピール
null
約4000人分が用意された宮古牛まつりの大試食会
=カママ嶺公園

第2回宮古牛まつり (主催・同実行委員会) が16日、 市内平良のカママ嶺公園で行われた。
宮古牛の消費拡大と島内外へのピーアール、 肉用牛肥育の普及などを目的に約4000人分の焼肉や牛汁、 ハンバーグの大試食会が行われた。
会場には大勢の家族や観光客らが訪れて長蛇の列をつくり、 宮古牛を味わっていた。 また牛鳴き声コンテスト、 ロールラップ回し大会、 牛1頭が当たる抽選会、 牛の図画・ポスター入賞者の表彰など牛に関わる様々な催しが行われ、 ステージイベントなどでも盛り上がった。

 午前10時から開会セレモニーが行われ、 実行委員長の下地敏彦市長が 「宮古島市は素牛の拠点産地であり、 ことし3月には肥育牛の拠点産地にも認定された。 昨年から牛まつりを開催したところ好評だった。 今回もまつりが出来ることに感謝したい。 皆さんきょうは一日楽しんでほしい」 とあいさつ。 下地明市議会議長、 仲宗根盛和県宮古農林水産振興センター所長、 砂川博紀県農協代表理事が祝辞を述べた。 舞台では与那覇ヨンシー保存会、 上区獅子舞保存会が幕開けの踊りを披露した。
 
ことしは前回を上回る約4000人分の焼肉、 牛汁、 ハンバーグに加え、 格安の牛丼も500食用意した。 会場の屋台前には開会前からすでに大勢の人たちが順番待ちの行列を作っていた。 午前10時半になると試食会が開始され、 待ちにまっていた宮古牛に舌鼓を打っていた。 午後1時半頃にはほぼ完食となった。
 
正午からは牛鳴き声コンテストが行われ、 子供たちの精一杯の鳴き声に会場からは拍手が起こっていた。 ロールラップ回し大会では重さ250㌔の梱包された牧草を2人1組で転がし、 その速さを競った。 20㍍を往復するコースで行われたが、 折り返し地点で立ち往生するなどあまりの重さに苦戦していた。 舞台ではバンドのライブや高校生によるダンス、 宮古民謡ショー、 ぱんだる50㏄による宮古方言ラジオ体操などが行われた。
 
図画・ポスターの表彰では入賞した児童たちに賞状と記念品が贈呈され、 まつりのポスターに採用された上原みなみさん (久松中1年) は 「牛を下から見てインパクトのあるように描いた。 自分の作品がポスターになったのを見てびっくりした」 と感想を述べた。 牛100日肥育コンテストで優勝した宮城秀幸さんは 「コンテストのため特に変わったことをせず、 エサの駆け引きやその日の体調、 牛舎の衛生管理に努めてきた。 経産牛は価格が安いが、 コストをかければ良い値段で取引される。 今後の畜産農家の励みになれば。 地産地消も広めていきたい」 と話していた。

  宮古新報  
category沖縄ホテル・民宿・ペンション  time16:10  authorseasa 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。