沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2010-10-23

朗読劇「ハテルマ ハテルマ」八重山(沖縄)

null

 戦争マラリアをテーマにした朗読劇「ハテルマ ハテルマ」が24
日に行われるのを前に、主催する「戦争マラリアを語り継ぐ会」(玉
城功一会長)のけいこも熱を帯びている。玉城会長は「朗読劇を通し
て、弾を撃ち合うのとは全然違う戦争があったということが分かる
と思う」と話し、多くの来場を呼び掛ける。

 「ハテルマ ハテルマ」は戦争マラリアの体験者の証言で構成し
た朗読劇で、和歌山県の作家、栗原省さん(81)の作品。「疎開地へ
」「マラリア地獄」など7場で構成されている。八重山では2005年に
波照間などで上演されている。

 同会は、戦争マラリアの体験者が高齢化していることから、その
体験の継承を目的に今年6月に結成。最初の取り組みとして今回の朗
読劇を企画した。

 出演者は、感情を込めて証言を朗読したり、時には芝居さながら
に演技したりしながら、80分間の公演を披露することになっている
。現在の波照間島の景色や旧盆行事の「ムシャーマ」の写真なども
進行に合わせてスクリーンに映し出すことにしている。

 20日夜のけいこは大浜信泉記念館で行われ、出演者や音響、影像
の担当者、ステージ上でいすやマイクスタンドを動かす八重山高校
の3年生など約30人が参加し、3時間近くかけて全編を読み通した。

 作者の栗原さんが指導に当たり、「人形のように立ってないで、
少し動きながら」「テンポを上げて」などと朗読者の動きや発声に
厳しく注文を付けることも。

 家族10数人を戦争マラリアで失い、一人生き残ったことに苦悩す
る女性の証言を朗読する元小学校校長、慶田盛京子さん(62)は「戦
争マラリアの体験者が高齢になっている。朗読でその体験を語り継
ぐことは意義があると思う」と話していた。

 朗読劇「ハテルマ ハテルマ」は24日午後7時から市民会館大ホー
ル。問い合わせは同会事務局(090-7453-1823)。


(八重山毎日新聞記事より)  
categoryうちなーぐち  time13:58  authorseasa 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

ゾフラン   wrote:

素敵なブログ...これは...本当にマラリアは赤血球に感染する寄生虫、原虫によって引き起こされる感染症は、上の多くの情報があります。マラリアは悪寒、発熱、痛み、発汗のサイクルで特徴づけられる。歴史的な記録は、マラリアは、人類の初めから感染した人間を持ってお勧めします。名前は"マルのアリア"(イタリア語で"悪い空気"を意味する)最初の病を記述する際に時間ウォルポールが1740年に英語で使用されていた。用語は20世紀に"マラリア"に短縮された。 C.ラブランは、1880年にヒトの血液中の寄生虫を識別するために第一号だった。 1889年とR.ロスは蚊がマラリアを送信したことを発見した。 4つの一般的な種の原因のマラリアは、最も深刻なタイプは、熱帯熱マラリア原虫マラリアであることを確認します。それは生命を脅かすことができます。ただし、別の比較的新しい種は、マラリアknowlesiまた、一般的に長い尾とピグテールマカクザルが見つかっただけで危険な種である。熱帯熱マラリア原虫と同様に、のP. knowlesiは誰も感染して致命的な可能性があります。マラリア(三日熱マラリアは、P.マラリアとP.卵)の他の3つの一般的な種は一般的にそれほど深刻され、通常の生活を脅かすされていません。それは同時にマラリアの複数の種に感染することが可能です。

現在、世界中で毎年約2万人が死亡は、マラリアの感染によるものです。大半は、サハラ以南のアフリカ諸国では5歳未満の子供で発生します。世界中で毎年約400万人が新たに例があります。
http://www.japanrx.com/jpn/...
2011-03-09 time15:21

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。