沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»

2011-09-20



映画「天国からのエール」 本部町で試写会 (沖縄)

映画「天国からのエール」 本部町で試写会
null
映画をPRする高良文雄町長(左から3人目)や
熊澤誓人監督(左)ら=17日、本部町立中央公民館
 【本部】
映画「天国からのエール」の完成試写会が17日、本部町立中央公民館であった。
映画は、同町渡久地で無料音楽スタジオ「あじさい音楽村」を設立、2009年に病気で他界した仲宗根陽さん(享年42歳)の実話を基に描いた。
舞台あいさつで、熊澤誓人監督や女優のミムラさんらが完成の喜びを語り、約400人の町民らが集まった。

 熊澤監督は「本部町の皆さんがまちを愛していることがすごく伝わった。この場所で撮影できて光栄」と感謝。主題歌を担った音楽村出身バンド「ステレオポニー」のメンバーは「作品は、大切で大きな存在だったにぃにぃ(仲宗根さん)の生きた証し」と広く鑑賞を呼び掛けた。

 俳優の阿部寛さん演じる主人公の仲宗根さんは、弁当店経営の傍ら、若者の居場所づくりとしてスタジオを開設。メジャーデビューを果たすバンドを輩出し、県内外から注目を集めた。08年、第1回沖縄タイムス地域貢献賞を受賞。

 作品は10月1日から全国ロードショー。県内ではシネマQ、ミハマ7プレックス、サザンプレックスで公開予定。

   沖縄タイムス

2011-09-20

映画「天国からのエール」 ロケ地本部町で舞台あいさつ (沖縄)

映画「天国からのエール」 ロケ地本部町で舞台あいさつ

舞台あいさつする(左から)熊澤誓人監督、ミムラさん、
ステレオポニーの3人=17日、本部町立中央公民館
 
多くの高校生バンドを輩出した本部町の音楽スタジオ「あじさい音楽村」を
題材にした映画「天国からのエール」の特別試写会が17日、本部町立
中央公民館であった。

舞台あいさつで熊澤誓人監督、同スタジオを作った故・仲宗根陽さんをモデルにした主人公・大城陽(阿部寛さん)の妻・美智子を演じた女優のミムラさん、主題歌を歌う同スタジオ出身のバンド「ステレオポニー」の3人が登壇した。
 
ミムラさんは「撮影した本部町に戻ってこられてうれしい」と笑顔で語り、熊澤監督は「暮らしている人々がこの町を愛しているからあじさい音楽村は生まれた。ここで撮影できて光栄」と語った。ステレオポニーのシホさんは「映画がニーニー(仲宗根さん)の生きた証しになる。天国で喜んでいると思う」と涙で声を詰まらせながら語った。主演の阿部さんは電話でメッセージを伝えた。映画は10月1日からスターシアターズ系劇場で公開される。

 琉球新報

2011-09-16

韓国映画ロケ開始 (八重山・沖縄)

主演のファニさん石垣入り 韓国映画ロケ開始
null
韓国映画「Star」の石垣島ロケが始まった15日、
主演のファニさんらが石垣入りした。同日午後、石垣市役所を
訪ね、中山義隆市長に映画にかける意気込みを語った。

 石垣島の印象についてファニさんは「短時間しか見物していないが、絵のような美しい景色に驚いた」と話し、この風景に負けないくらいの演技を見せたい」と抱負を述べた。
 中山市長は「美しい島」などと好印象を受けたことを喜び、「撮影に頑張ってください。今度はぜひプライベートでも遊びに来てください」と激励した。

  八重山毎日新聞

移住者と県人の交流描く (沖縄)

移住者と県人の交流描く 映画「カラカラ」製作発表
null
「沖縄から世界に発信できる映画にしたい」などと語るクロード・ガニオン監督(左から2人目)、宮平貴子プロデューサー
(同3人目)ら=15日、県庁
 
沖縄を舞台にカナダや県外からの移住者とウチナーンチュの
心の交流を描く日本・カナダ共同製作の長編映画「カラカラ」の
製作発表が15日、県庁であった。
カナダ出身のクロード・ガニオン監督や県出身の宮平貴子プロデューサーらが会見し「沖縄から世界に発信できる映画にしたい」と語った。
県や沖縄観光コンベンションビューロー、県内企業などでつくる制作委員会が製作を支援する。
 
主演はカナダの人気俳優ガブリエル・アルカンさんと女優の工藤夕貴さん。物語はカナダ人ピエールが滞在先の沖縄で道に迷い、移住者の純子と友人に助けられる。3人は沖縄の小旅行を共にし、自身の生き方を見詰め直す。泡盛の器「カラカラ」が満たされていくような「心の旅」を描く。
 
ガニオン監督は「特別なエネルギーを持つ沖縄を題材に撮影したいと以前から思っていた。生きることへの希望を感じ取れる映画にしたい」と語った。
 
伊平屋島など県内オールロケで11月に撮影開始、2012年秋の沖縄先行公開を目指す。純子の親友・明美などキャストを県内で募集(26日締め切り)。スタッフも募集する。詳細は「カラカラ」ホームページで公開中。


琉球新報

2011-08-23

対馬丸67年の鎮魂 チョウに平和託す(沖縄)

対馬丸67年の鎮魂 チョウに平和託す

沈痛な面持ちで焼香をする参列者
=22日、那覇市・小桜の塔

1944年に学童疎開船「対馬丸」が米潜水艦に撃沈され1476人が犠牲に
なって67年を迎えた22日、那覇市若狭の小桜の塔で慰霊祭が営まれた。

 生存者や遺族ら約350人が参列し、犠牲者の冥福を祈った。

対馬丸の悲劇を題材にした劇「命どぅ宝」を企画した女優の三枝万祐さんと
出演する那覇市内の児童が「ふるさと」を合唱。参列者が犠牲者への鎮魂と
平和への思いを託し、オオゴマダラ67匹を空に離した。

対馬丸記念館の高良政勝館長は「子どもたちがよりよく生きていける
社会の実現に向けて、平和の創造・発信拠点としてますます重要な
役目を担っていく」と戦争体験を次代へ継承していく決意を語った。

那覇市内を訪れるたびに塔に詣でる生存者の宜志富紹心さん(76)
=西原町=は、対馬丸で母親と5人きょうだいのうち4人を失った。
「戦争は何もかもを失わせる。平和な時代がいつまでも続いてほしい」と語った。

  沖縄タイムス
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。