沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»

2012-09-05



「カラカラ」ダブル受賞 (OKINAWA)

「カラカラ」ダブル受賞 モントリオール映画祭   
null
宮平貴子さん

 第36回モントリオール世界映画祭の授賞式が3日(日本時間4日)、カナダのモントリオールであり、県出身映画監督の宮平貴子さんがプロデューサーを務め、全編沖縄で撮影された「カラカラ」(クロード・ガニオン監督)が観客賞とオープネス・トゥ・ザ・ワールド(世界に開かれた視点)賞に選ばれた。

 観客賞は来場者の評価が最も高かった作品、「-ワールド賞」は多様な文化を世界に広める作品に贈られる。同映画祭で沖縄を題材とする映画が受賞するのは2004年にイノベーション賞を受けた「風音」以来で、ダブル受賞は初めて。

 配給会社のビターズ・エンドによると「カラカラ」は「映画の登場人物たちが個人レベルだけでなく、文化を超えて互いを理解していくプロセスを非常にうまく描いている」と評価された。

 宮平さんは「映画を通して沖縄の魅力がカナダの人々に伝わったように、沖縄の文化は世界の人々に希望を与えることができると思う」とコメントした。「カラカラ」は「大人の家出」をテーマに、第二の人生の岐路に立つ60代のカナダ人男性ピエール(ガブリエル・アルカン)と沖縄在住の主婦・純子(工藤夕貴)が沖縄を共に旅する中で、生き方を見つめ直す物語。

 那覇市や伊是名村などでロケを行い、大宜味村で芭蕉布の制作現場も撮影した。初の日本・カナダ正式共同制作で県内企業などが出資し、制作を支援した。
2013年1月に全国で劇場公開される予定。ほかに日本から出品された高倉健さん主演の「あなたへ」(降旗康男監督)は審査員特別賞(エキュメニカル賞)を受賞。グランプリはトルコ映画「ホエア・ザ・ファイヤー・バーンズ」だった。


  琉球新報

2012-08-10

アジア圏域にPR (八重山・沖縄)

アジア圏域に石垣市PR
null
 石垣市国際観光大使委嘱状交付式が9日午後、ユーグレナモール内のまちなか交流館ゆんたく家で行われ、台湾の俳優「王傳一(ワン・チュアンイー)」さんに委嘱状を交付した。石垣市では具志堅用高さん、BEGIN、夏川りみさんが観光大使を務めているが、国際観光大使は今回が初めて。

 国際観光大使は、アジアを結ぶ国際交流結節点として、本市が有する魅力ある文化と芸能、豊かな自然環境および特性をアジアはじめ世界に発信し、観光イメージの向上と海外からの観光誘客の促進を図るのが目的。

 王さんは、今年3月に石垣島で撮影が行われた辺銀食堂の辺銀暁峰・愛理さん夫妻をモデルにした映画「ペンギン夫婦の作りかた」に夫の暁峰さん役で出演した。

 ドラマや音楽活動で活躍しており、台湾のエミー賞に当たる金鐘賞の最優秀助演男優賞受賞も受賞。日本では「ハジメちゃん」の愛称で人気となっている。

 中山市長は「新石垣空港が開港すれば、台湾との交流はこれまで以上に広がってくると思う。また、アジアとの交流も考えているので王さんには国際観光大使としてアジア全土への石垣島のPRをお願いしたい」と協力を求めた。

 王さんは「石垣島の印象は、みんな情熱があり、礼儀正しく、優しい。そんな石垣市の国際観光大使に任命され、とても光栄。新空港が開港すれば、台湾から石垣に来やすくなるので、大好きな石垣牛を食べに来ます」と笑顔を見せた。

 任命式後には、国際観光大使就任記念として、辺銀愛里さんから特別メニューが紹介され、試食した。


 八重山毎日新聞

2012-07-27

キジムナーフェスタ 開幕 (OKINAWA)

キジムナーフェスタ28日開幕
null
「夢あふれる舞台を楽しんでほしい」と、来場を呼び掛ける
関係者=沖縄市役所

 【沖縄】
2012国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ(愛称・キジムナーフェスタ)が28日に開幕する。
実行委員長の東門美津子沖縄市長や国内外の出演者らが26日、市役所で会見し、公演の見どころや来場を呼び掛けた。主催は沖縄市など、共催・沖縄タイムス社など。

 東門市長は「子どもたちが本物の舞台に触れることで素晴らしい将来が広がることを期待したい。親子、仲間で舞台を楽しんでほしい」とアピールした。3度目の来県となるデンマークのソレン・オブセンさんは「世界的にも素晴らしい取り組みで、観客の反応も熱い。たくさんの人と交流できることを期待している」と笑顔で語った。

 同フェスタは8月5日まで同市民会館など市内19会場で開かれる。日本を含む過去最多の20カ国から86作品(230ステージ)が上演される。

同フェスタのホームページはhttp://www.kijimuna.org/ 

チケットセンターは 電話098(921)2100。

   沖縄タイムス

2012-06-25

岸本監督が優秀賞 (OKINAWA)

岸本監督が優秀賞 ショートショートフィルムフェス

 15日から東京で開かれている国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2012」で、地域の魅力を描いた作品を全国から募集した「第3回旅シヨーット!プロジェクト」部門の優秀賞(部門最高賞)に24日、名護市出身の岸本司監督による「ニービチの条件/Mother of the Groom」が選ばれた。

 事務局によると同映画祭で沖縄から出品された作品が入賞するのは初めて。

 同作品は沖縄で撮影した19分の短編。結婚の報告のため東京から沖縄に戻った
主人公の男性と恋人に、ヤマトゥンチューの嫁を認めたくない母と祖母が「ウークイの手伝い」という“条件”を課す物語。

 同部門は観光庁がプロジェクトパートナーとなり、日本の魅力を発信する作品を募った。106作品の応募があり、入選10作品が映画祭で無料上映された。

 岸本監督は1968年名護市生まれ、東京映像芸術学院卒。映画「アコークロー」やテレビドラマ「琉神マブヤー」などで脚本・監督を務めた。


   琉球新報

2012-06-21

「やぎの冒険」きょう発売 (OKINAWA)

映画「やぎの冒険」DVDきょう発売
null
「やぎの冒険」のDVDをPRする仲村颯悟君
=那覇市おもろまち・沖縄タイムス社

 日本映画初の中学生監督作品として話題を集めた映画「やぎの冒険」
(2010年、仲村颯悟(りゅうご)監督)のDVDが21日、全国発売される。

 現在、球陽高校の2年生になった仲村監督は「今見てもいい映画。
公開時に見逃した人にも見た人にも見てほしい」とアピールしている。

 ヤギを食べる沖縄の食文化をほのぼのと描いた「やぎの冒険」は、県内観客動員数4万5000人、全国36カ所で公開され、2万5000人を集めるなど、異例のヒットとなり、海外でも紹介された。

 新作「人魚に会える日。」を制作中の仲村監督。三重県の水族館でジュゴンの
撮影をして17日に沖縄へ帰ってきたばかりで、「一人で行って来ました」と
頼もしい笑顔を見せた。

 DVDには同作の予告編が特典映像として盛り込まれ、中学1年生で制作した
劇場未公開作品「耳切坊主」も入っている。

 県内ではレコード店などで販売。価格は4700円。

  沖縄タイムス
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。