沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 67 | 68 | 69 || Next»

2011-03-04



「里帰り」で再会喜ぶ/農家民泊卒業生らが宮国さん宅を訪(宮古島・沖縄)

「里帰り」で再会喜ぶ/農家民泊卒業生らが
宮国さん宅を訪問

null
1年ぶりの再会を喜ぶ宮国さん夫婦と卒業生たち
=2日、城辺の宮国さん宅

「ここに来ると落ち着くんです」―。2008年、修学旅行で
宮古に訪れた大阪府在住の卒業生たちが、「里帰り」と称して
当時民泊でお世話になった宮国恵信さん(78)=城辺下里添=
宅を訪問している。卒業生も、宮国さん夫婦も「私たちは
家族同然」と再会を喜び合っている。

宮国さん宅を再び訪問したのは福田恵理さん(20)、永山
玲那さん(同)、勝野明穂さん(19)の3人。今月1日に来島
3泊4日の日程で訪れ、宿泊はいずれも宮国さん宅。

2日には宮国さんのサトウキビ畑で収穫作業を手伝った。
卒業生たちは「大切なおじいとおばあに楽をさせてあげた
かった」と笑顔を見せながら話した。

食事も日中のドライブも宮国さん夫婦と同じ時間を過ごす。
「自分たちだけで遊ぶよりすごく楽しい」と民泊で結ばれた
宮国さん夫婦との絆を強調した。

卒業生たちは08年以降、毎年来島して宮国さん夫婦と交流。
福田さんは「電話で話すよりも直接会った方が安心するし、
とても楽しいんです」と笑顔。永山さんは「ここに来れば
たくさん元気をもらえるんです」、勝野さんは「ここに来る
のが毎年の楽しみ。自分たちで遊ぶよりもずっと楽しいんで
す」と来島理由を話した。

恵信さんは「1日に宮古に来ると聞いて待ち遠しかった。
この子たちは高校生のときと何も変わらない。私たちにとって
はかわいい孫と同じ」と喜ぶ。妻の良子さん(73)は「帰って
きた時は飛んで踊りたい気持ちだった。自分の孫を迎える時と
同じ気持ち。
私にとっては本当の孫です」と再会の喜びを表現した。



(宮古毎日新聞)

2011-01-26

今年も与那国に援農隊 北海道から第1陣石垣着(沖縄)

今年も与那国に援農隊 北海道から第1陣石垣着
null

与那国島でサトウキビの収穫や製糖工場の作業を行う第36回与那国島
サトウキビ刈り援農隊は今期、約70人が参加することになっており、
このうち、北海道からの25人が24日夕、石垣空港に到着した。
一行は25日にフェリーで与那国入りする。

 JAおきなわ与那国支店製糖工場は27日から操業。原料は前期より
約400トン多い約5000トンを見込む。援農隊の参加者は民宿や農家に
分宿して、2カ月近くキビ刈りや工場の作業を行う。

 札幌市の自営業、長岡由紀子さん(36)は去年に続いて2度目の参加で、
「去年はきつい思いをしたが、それ以上に島の人の温かさが素晴らし
かった。景色もきれい。素晴らしいところでまた働きたいと思い、
参加した」と話していた。



(八重山毎日新聞)

2011-01-21

旅行社の担当者が宮古視察/修学旅行誘致景勝地など巡る(宮古島・沖縄)

旅行社の担当者が宮古視察/修学旅行誘致景勝地など巡る
null

一行は与那覇冴子さんのガイドで宮古島を視察した
=20日、東平安名崎

 旅行会社の教育旅行担当者ら11人が沖縄修学旅行現地視察研修会
(主催・沖縄観光コンベンションビューロー)で20日から2日間、
市内の観光地などを視察している。初日の20日は午前中に
博愛漁港から水中観光船で海中の模様や、地下ダム資料館、農家民泊の様子、
東平安名崎などを視察した。

 エイチ・アイ・エス大阪教育旅行営業所の大野文恵さんは
「大阪では決して味わえない体験ができる島。農家民泊の受け入れ農家が
しっかりしているので、安心して(学校に)薦められる」と述べ
「まさに百聞は一見にしかずで今回の視察は有意義だった。
来年は(宮古島への修学旅行を)実施する可能性は大きい」と
高く評価した。


 一行は午後から島尻のマングローブや池間大橋を視察した。
21日午前中は伊良部島に渡り白鳥岬や渡口の浜などを訪れる。

 同研修会は宮古島への修学旅行を誘致するために旅行会社の
教育旅行担当者をコンベンションビューローが招待した。



(宮古毎日新聞)

2010-11-10

ベロタクシーで首里散策いかが(沖縄観光)

ベロタクシーで首里散策いかが 沖縄都ホテルと連携
null
首里を走行するベロタクシー(ベロタクシー沖縄提供)

 環境に配慮した三輪自転車、ベロタクシーを運行

するベロタクシー沖縄(高江洲悦子代表)が那覇市

の沖縄都ホテルと提携し、首里の史跡や城下町を2

時間かけて案内するサービスを16日から開始する

。同ホテル玄関から発着する市内線バス「首里城下

町線」とベロタクシーを組み合わせた環境に優しい

ツアー。史跡巡り、酒蔵所巡り、菓子店巡りの3コ

ースがある。

 ベロタクシーは守礼門前で待機し、専属ドライバ

ーの与那覇仁さん24が、解説や唄、三線とともに

世界遺産の園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)石門

や金城町の石畳道などの史跡を案内する。酒蔵所巡

りでは泡盛の試飲ができ、菓子店巡りでは落雁(ら

くがん)やまんじゅうが食べられる。

 城下町を自ら歩きコースを考えた、与那覇さんは「史跡を見て帰るだけでなく
城下町の雰囲気を、ベロタクシーでゆっくり感じてほしい」と話した。

 料金は、1人4500円、2人で8000円(各施設入場料など含む)。
火・木・土曜日の週3回、1日2組限定。午前、午後に各1組ずつを
予定している。電話で事前予約が必要。

問い合わせ先はベロタクシー沖縄、
電話098(868)5105。



(沖縄タイムス)

2010-11-08

石垣島まつり(八重山・沖縄)

雨の中、15団体800人がパレード 石垣島まつり
null
デイゴ再生願う踊りも昼すぎ雨上がり、大勢の人出

 第46回2010年石垣島まつり最終日は7日、ハイライトの市民大パレードを
市役所通りで行った。朝からあいにくの雨天となり、規模を縮小して実施。
15団体800人余が雨にぬれながらもパフォーマンスを披露して笑顔を振りまいた。
デイゴ再生を願った踊りや日本一を目指す千葉ロッテの応援を呼びかける
横断幕も登場した。途中から雨が上がると沿道の市民も増え、晴れ間がのぞき
始めた夕方から真栄里公園に大勢の市民が繰り出した。
2日間の来場者は延5万2000人(主催者発表)。

 パレードは降雨の中、午後1時すぎ、中山義隆市長が「雨の中でも市民に元気を
与えよう」と呼びかけて新川小学校前をスタート。小学校のマーチングバンドに
代わって市商工会青年部の勇壮な太鼓が先導した。実行委員役員やミス八重山に加え、
岡崎市や犬山商工会議所の人たちも参加してパレードに花を添えた。

 このうち石垣市は「めざせ日本一千葉ロッテマリーンズ」の横断幕を準備し
市民の応援を呼びかけ。各字が自慢の旗頭を勇壮に担ぎ、中山市長も参加した。
石垣市民踊愛好会は手作りのデイゴを持った踊りで「デイゴ再生」を願い、
県建設業協会八重山支部は石垣空港ターミナルビルをかたどった車両を先頭に行進、
「地元優先発注を」とターミナルビル建設に期待した。

 通り会名を変えたばかりのやいま大通り会は、通り会音頭で名称変更をPR。
還暦を迎える25トラの会は軽快なリズムに乗せて、若さをアピールした。
 真栄里公園では午後5時からステージパフォーマンス、RYOEIのライブ、
郷土芸能の夕べが繰り広げられた。午後8時40分から夜空に400発の花火が
打ち上げられ、2日間にわたった祭りのフィナーレを飾った。




(八重山毎日新聞記事より)

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 67 | 68 | 69 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。