沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 108 | 109 | 110 || Next»

2013-11-26



社説 公約撤回  辞職し有識者に信を問え (OKINAWA)

社説 公約撤回 犠牲強要は歴史的背信だ
 辞職し有識者に信を問え


 公約は有権者との約束だ。それを裏切るなら、そもそも公約をする立場に立つべきではない。自民党国会議員3氏が米軍普天間飛行場の辺野古移設容認を表明した。

 たやすく圧力に屈し、主張を撤回するなら政治家の資格はない。
屈服でないと言うなら、容認が正しいと判断した根拠を堂々と有権者に訴え、審判を仰ぐのが筋だ。いずれにせよ先に容認した2氏を含め、自民国会議員の5氏全員、職を辞して信を問うべきだ。

 首相官邸も自民党本部も「オール沖縄」の民意を知りつつ、力ずくで屈服させた。暴政は植民地扱いに等しく、許しがたい。

暴政の先導役 
宮崎政久氏は会見で「状況が変化」したと釈明した。
だが「変化」したのは党本部の圧力の度合いと宮崎氏の意思だけだ。
いったいいつ、世論調査で辺野古移設容認が県民の過半数になったのか。

 比嘉奈津美氏は「(普天間)固定化の可能性が非常に高いというので(容認を)判断した。県民の命の方が大事だ」と述べた。だが、移設すれば北部の東海岸を垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが飛ぶことになる。「県民」の中に東海岸の住民は入らないのか。

 国場幸之助氏の弁も奇妙だ。確かに石破茂幹事長に対し、県外移設の公約について「組織人としてふさわしくなく、何らかの措置があるなら甘んじて受ける」と述べた。だが「辺野古移設も含むあらゆる可能性を排除しない」のだから、辺野古容認には変わりない。

 「県外移設はあり得ない」と主張する政府・与党の説得に応じ、「辺野古移設実現に全力を尽くす」と発表する会見に同席しておいて、「県外を求める公約は変えない」と言うのは無理がある。

 国会議員に政府・与党が次に求めるのは、辺野古埋め立て申請を承認するよう仲井真弘多知事を説得する役であろう。

 沖縄の有権者たちから票と信頼を得た議員たちが、政府・与党の先導役として沖縄に基地を押しつける作業にいそしむのか。
議員たちが自らの保身のため、沖縄に犠牲を強要する姿を見るのは悲しい。

 森本敏前防衛相は普天間基地の移設先について「軍事的には沖縄でなくてもよいが、政治的には沖縄が最適の地域だ」と述べ、海兵隊の常駐場所は沖縄でなくてもよいと暴露した。
基地に反対する本土の民意は重く見るが、沖縄の民意は無視していいということだ。本土のために沖縄は犠牲になれというに等しい。

分断統治

 その犠牲強要のシステムに県民は気付いた。だからこそ普天間の県内移設に全市町村長が反対し、全市町村議会と県議会が反対決議をした。そこへ政府・与党が分断のくさびをうちこんだのだ。

 古今、植民地統治の要諦は「分断統治」(divide and rule)とされる。支配層が、支配される側をいくつかのグループに分け、対立をあおり、分裂・抗争させることで統治の安定を図る仕組みのことだ。支配層は善意の裁定者のごとく、涼しい顔をしていられる。

 沖縄の世論が割れていればいるほど、政府・与党と防衛・外務官僚はそのような「高み」にいられるわけだ。今回、その分断統治の試みは成功しつつある。

 国会議員たちは、沖縄を代弁するのでなく沖縄に犠牲を強要する側についてしまった。民意に背いただけでなく、沖縄戦の犠牲者たちへの歴史的背信でもある。

 この局面で、政府と自民党本部の狙いはもう一つあろう。沖縄に抵抗は無駄だと思わせることだ。力ずくで公約を撤回させたのは、沖縄に無力感を植え付け、抵抗の気力を奪おうとしているのだ。

 だがそれはまた、彼らが沖縄の抵抗を恐れていることの裏返しでもある。当然だ。日本が民主主義を標榜(ひょうぼう)する以上、主張の正当性は沖縄の側にあるのだから。

 沖縄の将来像を決めるのは自民党本部や官邸ではなく、沖縄の民意だ。その正当性を自覚したい。

  琉球新報

2013-11-26

自民県連にも辺野古容認案 きょう再協議(OKINAWA)

自民県連にも辺野古容認案 きょう再協議

 自民党県連(翁長政俊会長)は26日から、米軍普天間飛行場の県外移設を求める県連方針の再協議を始める。
県関係の自民国会議員団「かけはしの会」が辺野古移設を容認したことを受け、県連内には追加的な基地負担軽減策を政府に約束させることを条件に、辺野古容認を受け入れる案が浮上している。


  沖縄タイムス

地元自民5議員、辺野古移設容認 「あらゆる可能性排除しない」 (OKINAWA)

地元自民5議員、辺野古移設容認
 「あらゆる可能性排除しない」


 【東京】
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画を推進する自民党本部の方針に従うよう求められていた県選出・出身の自民国会議員5人が25日午前、党本部で石破茂幹事長と会談し、辺野古移設を容認する考えで一致した。
県外移設の選挙公約を堅持すると主張してきた国場幸之助、比嘉奈津美の両衆院議員も同調した。

 石破氏は会談後の記者会見で「普天間飛行場の危険性除去のため、辺野古移設を含むあらゆる可能性を排除しないという結論で一致した」と述べた。

 一方、国場氏は独自に会見し「有権者との約束は重い。県外移設の公約は堅持する。その結果、処分があれば甘んじて受ける」と述べ、今後も県外移設を求めると説明した。

 ただ辺野古移設に関しては「普天間飛行場の固定化は許されない。『あらゆる可能性を排除しない』というのは選挙時から訴えてきたことだ」と述べ、辺野古移設計画を事実上容認する姿勢を示した。


【琉球新報電子版】


2013-11-25

地元自民5議員、辺野古移設容認 (OKINAWA)

地元自民5議員、辺野古移設容認 
「あらゆる可能性排除しない」


 【東京】
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画を推進する自民党本部の方針に従うよう求められていた県選出・出身の自民国会議員5人が25日午前、党本部で石破茂幹事長と会談し、辺野古移設を容認する考えで一致した。
県外移設の選挙公約を堅持すると主張してきた国場幸之助、比嘉奈津美の両衆院議員も同調した。

 石破氏は会談後の記者会見で「普天間飛行場の危険性除去のため、辺野古移設を含むあらゆる可能性を排除しないという結論で一致した」と述べた。

 一方、国場氏は独自に会見し「有権者との約束は重い。県外移設の公約は堅持する。その結果、処分があれば甘んじて受ける」と述べ、今後も県外移設を求めると説明した。

 ただ辺野古移設に関しては「普天間飛行場の固定化は許されない。『あらゆる可能性を排除しない』というのは選挙時から訴えてきたことだ」と述べ、辺野古移設計画を事実上容認する姿勢を示した。


【琉球新報電子版】



辺野古の海守る ピースキャンドル(OKINAWA)

辺野古の海守る ピースキャンドル
null
ピースキャンドルを掲げ、辺野古への新基地建設反対を訴える渡具知さん一家ら=16日、名護市のキャンプ・シュワブ前

 【名護】
政府が米軍普天間飛行場の代替施設として名護市辺野古への新基地建設に向け手続きを進める中、同市のキャンプ・シュワブ前で毎週土曜の夕方にろうそくをともし、辺野古の海の保護を訴える活動「ピースキャンドル」が24日までに10年目を迎えた。
発案した測量士の渡具知武清さん(57)と妻の智佳子さん(52)の思いは子どもたちに受け継がれている。夫妻は「平和な世の中になってほしい」と語り、“希望の光”に基地建設断念への願いを込めている。

 ピースキャンドルが始まったのは2004年11月。
基地の建設が予定される大浦湾に面した瀬嵩に住む渡具知さん夫妻と息子の武龍(たけりゅう)君(16)、生まれて間もなかった双子の姉妹・和紀(かずき)さん(11)と和奏(わかな)さん(11)が活動を始めた。
その後、賛同する人々が活動に加わり、新基地建設ノーを訴え続けている。

 シュワブ前の国道329号沿いで「辺野古の海をみんなで守ろう」と日本語と英語で書いた横断幕を掲げ、道行く車や基地に出入りする米軍関係者に手を振ったり、声を掛けたりしている。

 当初は子どもたちが参加することに異論もあった。それでも智佳子さんは「子どもたちのためだ。親の背中を見てほしい」と沿道に立ち続けた。その思いは子どもたちに伝わっていた。

 「ピースキャンドルをやっているうちに、何のために米軍基地があるのか考えるようになった」と語るのは和紀さん。和奏さんも「ニュースを見て、新しい基地やオスプレイの問題も分かるようになった。少しでも反対する人が増えたらいい」と語り、「お父さん、お母さんと話しながらやれるので楽しい」と笑顔で語った。

 12月以降にも、辺野古埋め立て申請に対する仲井真弘多知事の可否判断が出される見通しだ。「国が基地建設をやめるまで活動を続ける。そして10年目で終わりにしたい」―。武清さんはろうそくの炎をじっと見詰めた。


   琉球新報
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 108 | 109 | 110 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。