2011-03-07



ビーチクリーン作戦に400人(宮古島・沖縄)

ビーチクリーン作戦に400人/
保良漁港隣の砂浜レギュラーが参加
null
「当たりごみ」を楽しみに砂浜を清掃する参加者たち
=5日、保良漁港隣の砂浜

紳助社長のプロデュース大作戦(TBS)主催の宝探しを
兼ねたごみ拾いとして「東平安名崎宝探し大会」が5日、保良
漁港に隣接するビーチで行われ、お笑いコンビのレギュラー
や市民ら約400人が参加した。集められたごみは㍑入りの
ごみ袋約800枚分。

主催者を代表してTBSテレビバラエティー制作1部の山本
正昭さんは「レギュラーが宮古島に移り住んで約1年。お世話
になったので恩返しを兼ねて企画した」と話した。

集められたごみには「当たりごみ」が決められており、
会場で用意された商品券やレギュラーのサイン入りグッズ
などが当たる仕組み。

宮古島観光協会の池間隆守専務理事は「ビーチをきれいにして
くれるのは観光面でもありがたいことなので、話があったとき
に会員にも声を掛けて協力することにした」と話した。


(宮古毎日新聞)

石垣島サンゴウィークがスタート (八重山・沖縄)

石垣島サンゴウィークがスタート
null

石垣島サンゴウィークが、「サンゴの日」の3月5日からスタート
した。サンゴ礁の保全を呼びかけながら、石垣島が世界に誇る
大自然を守り楽しむイベントが行われる。

サンゴウィークは、サンゴ礁の保全やエコ・グリーンツーリズム
の普及、次世代の人材育成などを含む、石垣島の自然と観光産業
が調和した新たな観光メニューの創出と県内外からの観光誘客を
目的に開催するもの。

期間中はイベントを実施するほか、市内の宿泊施設、飲食店、
マリンレジャー、土産店など観光関連の事業所がプレゼント
などサービスを提供する。

主なイベントはチャリティーライブ「SANGO SONGs」、ビーチ
クリーンアップなど。詳しくは公式ホームページで確認できる。

http://sango-ishigaki.jp/



(八重山日報)

泥んこで田植えに挑戦 食育体験隊の子どもたち (八重山・沖縄)

泥んこで田植えに挑戦 食育体験隊の子どもたち
null
芋掘りも体験

石垣青少年の家の2010年度主催事業「わくわく食育体験隊」
の第4回事業が5日、実施され、参加した10人の子どもたちと
保護者が田植えと芋掘りを体験した。

このうち平得山田の水田(新崎和治氏所有)で行われた田植え
体験では、総面積17アールのうち約3アール部分を参加者が
手植えした。

子どもたちは、膝まで田につかり、手足を泥だらけにしながら
稲の苗を2、3本ずつ丁寧に植えていた。手植え終了後は、
子どもたちが田植え機のハンドルを握り、機械植えも体験した

初めて田植えを体験した俵木陽奈子さん(平真小6年)は「足が
にはまって思ったより大変だったが、楽しかった」。宮城将光
君(真喜良小5年)は「実家がサトウキビを作っているので、
田植えを体験したかった。田に入る時、ぬるっとして気持ち
良かった。楽しかった」と話した。 水田を提供した新崎さん
は「手植えと機械植えの両方を体験することで効率の良い
農業を知ってもらいたい」と話した。

定植した米は、新崎さんと青少年の家の職員が肥培管理を行い
6月中旬に収穫することになっている。
 
午後からは同家の農園で芋掘りも体験した。

同体験事業では昨年6月に米の収穫体験。12月には餅つきと
収穫した稲わらを使ったしめ縄作りも行った。



(八重山毎日新聞)