2011-03-15



被災地の早期復興を・募金活動はじまる (沖縄)

被災地の早期復興を・募金活動はじまる
null
東日本大震災を受け、 設置された募金箱
=マックスバリュ宮古南店

3月11日に発生した東日本大震災により、 広範囲で建物の倒壊、
津波による多数の死者、 行方不明者が出るなど甚大な被害が発生
している。 これを受け、 宮古でも募金活動がはじまり、 多くの
市民らが被災地の復興に向け募金に協力。 市内の大型スーパー
などに募金箱が設置され、 買い物客らが積極的に募金する姿が
見られている。 今後も支援の輪が広がりそうだ。

琉球ジャスコ (栗本健三代表) は店内に募金箱を設置し、
「東北地方太平洋沖地震において被災した人々に向け、
緊急支援の募金活動を開始した」 とコメントを寄せ、 活動への
協力を求めている。

宮古ではマックスバリュ宮古南店、マックスバリュ宮古西里店の
レジ付近に募金箱が置かれ、 市民の支援、 協力を呼びかけて
いる 実施期間は31日まで。

琉球ジャスコは地震発生の翌日、 12日から募金箱を設置。 全国
およそ7000カ所の店舗、 事業所で募金活動を展開している。
また、 期間中に寄せられた募金総額とほぼ同額を、 イオン1%
クラブが加算し、 寄付するという。

贈呈先は被害に遭った各都道府県の自治体となっている。

マックスバリュ宮古南店で買い物を終え、 募金した30代女性は
「テレビなどで見る現地の被害状況は大変なもの。 募金が少し
でも被災者の方々にとって役に立てたら幸い」 と話し、 被災地
の早期復興に期待を寄せていた。

このほか、 市平良字西里のNPO法人宮古島スポーツ科学セン
ター (MSSC) でも、 東日本大震災の義援金の受付を開始
した  ホームページhttps://justgiving.jp/c/2865で受付。
また アスリートサイクルショップ 「くるくる」 宮古島トライ
アスロンスクールでも現金での募金を受け付けている。

 詳しい問い合わせは同センター事務局長の中西卓哉
 (080・1540・6244)。



( 宮 古 新 報 )

石垣市が東北地方大震災で義援金箱設置 (沖縄)

石垣市が東北地方大震災で義援金箱設置
null
石垣市役所ロビーに3月14日、東北地方太平洋沖地震災害義援金箱
が設置され、市民に募金の協力を呼びかけている。

石垣市は庁舎ロビー、市教育委員会、市立図書館、市健康福祉セン

ターの4カ所に義援金箱を設置した。受付時間は8時30分~17時15分
窓口となっている市民生活課では「物資を送りたい人もいると思う
が、義援金で協力いただきたい」と話している。

また与那国町も同日、町役場に義援金箱を設置。竹富町も準備を
進めている。




(八重山日報)

被災地支援で救急隊員ら派遣 募金活動も開始 (沖縄)

被災地支援で救急隊員ら派遣 募金活動も開始
null
東北地方太平洋沖地震への支援で石垣市は14日までに、救急消防
援助隊として消防隊員3人、災害普及要員として水道部職員1人の
派遣を決めた。当初予定していた救急車の派遣については物理的
な理由で見合わせることになった。救急隊員は16日、那覇で県全
体の援助隊に加わり、17日に東京経由で被災地に向かう。市役所
では14日から募金箱を置き、義援金の募集を開始した。

中山義隆市長は14日午前10時に開会した市議会本会議で「被災地
への救援派遣の第一弾として救急隊員3人と救急車1台、災害復旧
要員として水道部職員1人の派遣を決定した」と報告した。

その後、市消防本部に県から正式な要請があり、日程が決まった。
救急車については船舶を利用することから時間的に間に合わず、
県に要望して人員のみの派遣となった。

水道部によると、水道部職員については、日本水道協会九州地方
沖縄県支部の一員として復旧に取り組むが、派遣時期や日程に
ついては調整中という。

中山市長は本会議で「その他の市職員の派遣や市民ボランティア
についても、出来る限り迅速に対応すべく、体制を整える」と
述べ、派遣体制を構築する考えを示した。

募金箱は市役所と市健康福祉センターで設置する。中山市長は
「特に岩手県とは種もみが取り持つ縁で盛んな交流を行い、
高校生の姉妹校(八重山高校と盛岡第四高)としての交流も活発。
議員はじめ市民の皆さまに復旧、復興活動への支援と協力を
お願いしたい」と呼びかけた。




(八重山毎日新聞)