2011-03-11



鬼の芸能など学ぶ 星砂の島文化講演会 (八重山・沖縄)

鬼の芸能など学ぶ 星砂の島文化講演会
null
 
【竹富】全国竹富島文化協会(高嶺方裕理事長)はこのほど、
竹富島まちなみ館で「第15回星砂の島文化講演会」を開催した
 
今回は國學院大学の長野隆之准教授が「鬼の芸能」、沖縄国際
大学の狩俣恵一教授が「鬼狂言と組踊り」と題して講演した。

「鬼」というテーマに関心の高さを示してか、会員以外の参加
もあり例年以上に多くの参加者があった。
 
長野准教授は「学生だった15年前に初来島し文化協会の設立
総会にも参加したが、何よりも種子取祭を見て神が感じられた」
と述べ芸能がそれぞれの時代、演者により創意工夫が加えられ
魅力的になっていると指摘。

その中で「鬼狂言」に出てくる女鬼は、日本の民俗芸能全体を
見渡しても見ることはできないと話し、全国各地の鬼が出る祭
を分類しながら映像で紹介した。

狩俣教授は「佐敷ミントングスクの角の生えたアマミキヨ神と、
赤マタ黒マタの来訪神は鬼と神の要素を併せ持っている。
種子取祭の鬼はスーパースターはいないが、以前は鬼にもせりふ
があったがなくしたり、子役は若衆姿からかすりの着物になったり
鬼退治の武士は足袋からわらじ履きになったりと、組踊りの様式
から写実的に改革されていった」と説明。

また「本来は1匹だったのが雌鬼を登場させ、迫力を出すために
子鬼まで出したが、さすがにそれは先輩からしかられた」と裏話
まで紹介し、無邪気でユーモラスな伊江島の「ペンシマ」の鬼の
映像と比較した。

懇親会では鬼捕り狂言の元鬼の演者と現役の鬼、元武士役が解説
と感想を述べ、裏話も多々出るなど和やかに交流した。


(竹富通信員)


(八重山毎日新聞)

笑顔いっぱい、野菜収穫/池間小児童12日にあたらす市で販売(宮古島・沖縄)

笑顔いっぱい、野菜収穫/
池間小児童12日にあたらす市で販売

null
タマネギを収穫し笑顔を見せる児童たち
=10日、平良福山の農場

池間幼稚園、小学校の園児と児童が10日午後、平良福山の
砂川寛裕さんの農場で野菜の収穫を体験した。昨年11月に植え
付けたもので、土中から出てくる野菜を手に子どもたちは歓喜
飛び切りの笑顔を見せて収穫の喜びを表現した。収穫した野菜
は12日にあたらす市で販売する。

JAおきなわの食育活動の一環。昨年11月にジャガイモ、
ニンジン、タマネギを砂川さんの畑に植えた。

収穫祭で下地政昭校長は「自然の中ですくすくと育った野菜を
楽しみながら収穫してください。今まで育ててくれた砂川さん
への感謝の気持ちを忘れないように」と話した。

砂川さんが野菜の生育状況を説明し「曇りが多かったので少し
野菜が小さい。それでも頑張って大きくなっているので感謝の
気持ちを忘れずに収穫してください」と話した。

この後、タマネギから収穫。子どもたちは土中から引き抜いた
タマネギを誇らしげに掲げて収穫の喜びを味わっていた。

ジャガイモやニンジンも収穫し、収穫物は準備した軽トラックに
次々と積み込んだ。

5年生の佐久本光樹君は「野菜がいっぱい取れた」と満足そうに
笑顔を見せた。「初めての収穫体験でたくさん取れたのでとても
うれしい」と話した。



(宮古毎日新聞)

きょう南風原中を卒業 車椅子で小中学校通った上間君(沖縄)

きょう南風原中を卒業 車椅子で小中学校通った上間君
null
<中学校卒業式>クラスの仲間たちと共に卒業を迎える
上間祥之介君(前列中央)=10日、南風原中学校

11日は県内の多くの中学校で卒業式が開かれる。南風原中の
卒業生の一人、上間祥之介君(15)は先天性の脳性まひで体が
不自由だが、周囲に支えられ、車椅子で地域の小中学校に9年間
通いきった。

3年では副級長を務めるなど学級でも存在感を発揮。明るく前向
きな上間君は、いつも友人たちの輪の中にいたという。「こんな
体に生まれてこられて自分はラッキー。普通の体じゃないから
こそ周りの支えも協力もあり、ここまで来られた」と周囲の人々
に感謝し、新たな道へとスタートを切る。

友達が行く学校に一緒に行きたい―。上間君の願いと統合教育の
拡充を願う両親の思いを受け、町教育委員会は小中にわたり学習
支援員を配置してきた。進学当時は不安もあった上間君だが、
友人たちがいつも自然にサポートしてくれたという。

3年間同じクラスだった比嘉大輔君は「祥之介は一緒にいて
楽しい。クラスの雰囲気も良くなる」と話し、名嘉村大樹君は
「友達が多いから、いつも誰かがそばにいて普通に手伝う感じ」
と笑顔で話した。

「自分で歩きたい、いろんなスポーツをしたいという気持ちは
今もあるけど、こんな体だから親も周囲も頑張ってくれた」と
感謝を込める。「障がいのある子の励みになりたい」と声を
弾ませ、将来は自分を最大限に生かせると感じている
「しゃべる仕事」に就くのが夢だ。
「諦めなければ必ず思いはかなう」と力強く語った。

(佐藤ひろこ)



(琉 球 新 報)

世界のウチナーンチュ大会 マーク完成(沖縄)

世界のウチナーンチュ大会 マーク完成
null
第5回世界のウチナーンチュ大会ロゴマーク

県は11日午前、第5回世界のウチナーンチュ大会の
シンボルマークとキャッチフレーズを発表した。
シンボルマークは那覇市の高島彦志さんが「心」という文字を
モチーフに制作した。キャッチフレーズ「ちゅら島の 魂響け
 未来まで」は石垣市の仲島未来(みく)さん(白保中2年)
が考案した。

大会ポスターやホームページなど広報媒体で使用される。
大会は今年10月12〜16日の5日間の日程で開かれる。


(沖縄タイムス)