2011-11-03



ラグビー高校県予選決勝、宮古 (沖縄)

ラグビー高校県予選決勝、宮古はコザに敗れる

厳しいマークを振り切りながら突進する宮古の石垣航平
(左から2人目) ら=名護21世紀の森ラグビー場


【那覇支局】
ラグビーの第91回全国高校大会県予選は2日、 名護21世紀の森ラグビー場で決勝が行われた。 離島勢初となる花園への出場を目指した宮古だったが、 コザに0―40で敗れ2年連続の準優勝に終わった。 コザは12年ぶり11度目の全国切符を得た。

 宮古は準決勝で強豪・名護を下し、 勝った勢いをそのままに県制覇を狙ったが、 前半2分にトライを決められ、 その後も相手に2トライを許すなど厳しい展開に。 後半は奮起を見せたが、 得意とするパワーを生かした攻撃がコザのディフェンスに封じられ、 相手の素早い展開に翻ろうされるなどして点を奪うことができなかった。

 試合後、 渡嘉敷通大監督は 「最初のトライでリズムが崩れた。 得意のモールをつくらせてもらえず、 ミスも続いて悪循環だった」 と振り返った。 続けて 「明日から新チームとなる。 頑張って来年もこの舞台に戻ってきたい」 と語った。

 石垣航平主将は 「技術面でも気持ちの面でもコザのほうが上。 決勝の雰囲気にものまれていた。 名護の時のようなゲーム展開ができず、 全体的に自分たちの出来が悪かった」 と悔しそうに話した。

 結果は次の通り。
【決勝】コザ40 (23―0、 17―0) 0宮古


  宮古新報

んみゃ~ち古里へ/生まり島ミャーク大会 (宮古島・沖縄)

んみゃ~ち古里へ/生まり島ミャーク大会 
関西宮古郷友会が来島


生まり島大会参加のために来島した関西宮古郷友会の皆さん
=2日、宮古空港
 全国各地の郷友が集う生(ん)まり島(ずま)ミャーク大会まであと3日。
市内各地には横幕やのぼりが設置され、祭りの雰囲気も徐々に高まってきた。
2日には参加者第1陣となる関西宮古郷友会の面々が来島。
口々に「もう最高の気分です。この古里で素晴らしい思い出を作りたい」と
笑顔を見せた。

 郷友の帰省は1日から始まっており、2日には関西郷友会を中心に11人が来島した。午後3時30分ごろ宮古空港に着いた郷友は一様に帰省を喜んだ。

 空港到着ロビーには大会実行委員会事務局のメンバーが参加証の交付カウンターを設置して応対し、「おかえりなさい」と声を掛けて郷友を歓迎した。

 関西郷友会の与那覇信吉会長は「古里はいつ来ても良いもので、ずっとここにいたい気持ちだよ」と表情を緩めた。「生まり島大会では全国の郷友たちと交流を深め、横のつながりを広げたい。こういう機会はなかなかない。思い切り楽しみたい」と話した。

 寺脇昭子さん(60)は7~8年ぶりの帰省になるという。「宮古がどのように発展したのかをゆっくり見たい。大会は良いイベントで本当に最高。素晴らしい思い出を作りたい」と話し帰省の喜びをかみしめた。

 大会は5、6の両日開催される。5日は午前時からマティダ市民劇場でクイチャーパラダイスの公演が開かれる。午後2時からは市内商店街でパレード、午後5時からはJAおきなわ宮古地区本部で歓迎ぷからすパーティーがある。

 2日目の6日は午前時からマティダ市民劇場でスマフツ自慢、午後2時からはカママ嶺公園広場でクイチャーフェスティバルが開催される。最後はトゥズミパーティーで締めくくる。

.宮古毎日新聞