2011-11-21



菜の花、100人で種まき (宮城・亘理)

除塩の菜の花、100人で種まき 宮城・亘理
null
一面に広がる菜の花畑を想像しながら種をまいたボランティアら=20日、宮城県亘理町吉田

 東日本大震災の津波で浸水した宮城県亘理町吉田のイチゴ農地の再生を目指す「しあわせきいろプロジェクト」が始動した。20日、現地でボランティアら約100人が、除塩効果があるとされる菜の花の種をまいた。

 菜の花の色から名付けたプロジェクトは、浸水した13ヘクタール、31農家分のイチゴ農地の除塩を進め、畑として再生させるのが狙い。野菜の宅配サービスなどを手掛ける「ふるさとファーム」(仙台市太白区)やNPO法人「大阪NPOセンター」(大阪市)が、被災農家らとともに企画。町職員のほか、宮城大や東北芸工大などの学生らがボランティアとして参加した。

 種まきは19、20の両日行われ、20日は約3ヘクタールに約20キロの種をまいた。花が咲く来春には菜種を収穫し、製油にも挑戦する。その後はサツマイモなどを植えて除塩を進め、将来的にはイチゴ農地としての復活を目指す。

 参加した地元農家の1人、斎藤正一さん(65)は「復興のための第一歩。自分は年齢的にイチゴ生産を再開することは難しいが、この土地を再び産地として復活させたい」と話した。


  河北新報

「前進」だが「遅い」 (OKINAWA)

日米地位協定 「前進」だが「遅い」 
地位協定運用見直し
 

公務中に日本で事件事故を起こした米軍属の裁判権を条件付きで日本が行使できることや、公的行事の飲酒後に米軍人・軍属の交通事故も日本が起訴できる内容が日米合同委員会で合意される見通しが立ったことに、米軍人・軍属による事件事故の被害関係者や市民団体からは、「一歩前進」との期待や、「県民の怒りをかわすパフォーマンス」と冷静な声が上がった。
一方で、協定の運用改善にとどまっていることへの不満や、国民が犠牲にならないと重い腰を上げないこれまでの対応を「遅きに失する」と強く非難する声もあった。

 1月に沖縄市で米軍属が起こした交通事故で亡くなった與儀功貴君の遺族を支える会の玉那覇淑子事務局長は「今までされていなかったので当然のことだが、一歩前進だ。25日に那覇地検の最終判断が出るが、光が見えてきた。これを機に地位協定改定まで至ってほしい」と話した。

 與儀さんの同級生で会共同代表の新垣翔士さん(21)は「やっと政府も動いてくれてうれしいが、罪は償うのが本当は当たり前だ。これから先、他の誰かが同じような被害に遭わないためにも、今後も改定を求めていきたい」と話した。

 與儀さんの事故で米軍属が不起訴となったことについて、代理人として那覇検察審査会への不服申し立てを行った池宮城紀夫弁護士は「当然のことだ。遅きに失することといってもいい」と指摘。「今後は軍属について当初から、第1次裁判権を行使し厳正な対応を取っていくべきだ。與儀さんの件も検察庁で審議しているだろうが、起訴するべきだ」と強調した。

 米軍犯罪被害者救援センターの都裕史事務局長は「亡くなった與儀功貴さんの事故を受けた那覇検察審査会の(起訴相当という)真理ある議決を機に、地位協定の運用が改善されることは驚くべきことだ」といい、「米軍属が適切に裁かれないという矛盾を米国は分かっていながら、運用してきたはずだ。23日には韓国でも在韓米軍地位協定の米韓合同委員会が開かれる。日米地位協定と同等の扱いを目指す韓国側からみても、日米の運用改善は大きな出来事だ」と話した。

 沖縄平和運動センターの山城博治事務局長は「事実であれば一歩前進。ただ、公務中の事件事故のうち軍法会議にかけられた案件がゼロとの報道がされた後なので、にわかには信じがたい。また、例外的にという条件がついているのが気になる。沖縄県民の怒りをかわすためのパフォーマンスにすぎないのではないか。日本側の生命や人権が侵害された場合は、無条件に日本側が起訴できるようにするべきだ」と訴えた。


  琉球新報

キングス、82―73 滋賀 (OKINAWA)

キングス、滋賀に82―73
null
キングス―滋賀 第4Q、キングスのジャーフロー・ラーカイ(左)がシュートを決める=那覇市民体育館(勝浦大輔撮影)

 プロバスケットボールbjリーグ西地区2位の琉球ゴールデンキングスは20日、那覇市民体育館で行った今季第12戦で、同地区3位の滋賀レイクスターズを82―73で破った。通算成績は9勝3敗で2位のまま。滋賀との今季対戦成績は1勝1敗となった。

 キングスは第1Q、滋賀のゾーンに対しジャーフロー・ラーカイとレジー・オコーサを中心にインサイドから攻め、23―8と大量リードを奪った。第2Q終了間際には並里成の3点シュートも決まり、20点リードで折り返した。シュートの精度を欠いていた滋賀に後半は立て直され、一時7点差に追い上げられたが、序盤のリードを守り抜いた。

 次戦は26、27の両日、沖縄市体育館で大分ヒートデビルズと2連戦を行う。

  沖縄タイムス

両手いっぱいピーマン (沖縄)

両手いっぱいピーマン 八重瀬、旬入り宣言
null
ピーマンつかみ取りに挑戦し笑顔を見せる来場者ら
(新垣玲央撮影)

 【八重瀬】
旬を迎えた具志頭ピーマンの消費拡大を図る「旬入り宣言」が20日、JA具志頭支店であった。
地産地消がテーマの「第3回JA具志頭支店まつり」の一環。ピーマンつかみ取りなどもあり多くの来場者でにぎわった。

 町のピーマン生産量は年間800~900トンで、県内シェア約6割を占める県内最大の産地。生産農家が年々増え作付面積も約30%拡大したことから、今年は約1000トンの生産を見込んでいる。セレモニーで野菜生産部会の東江泰彦部会長は「これから3月、4月までが非常においしい時期。ぜひ皆で食べてください」と呼び掛けた。

 ピーマンつかみ取りでは、両手いっぱいに抱えた子どもや高齢者らの笑みが広がった。新城シゲ子さん(70)=町玻名城=は「具志頭ピーマンは一番。チャンプルーにして皆で食べるさ」と喜んだ。

  沖縄タイムス

 地位協定運用改善へ (OKINAWA)

米軍属、日本で裁判 地位協定運用改善へ 

日米両政府は在日米軍で働く軍属が公務中に起こした事件、事故で米国での裁判が難しい場合などは例外的に日本で裁判できるよう日米地位協定の運用を改善する方向で調整に入った。
日本側が提起し、米側が譲歩した。日米合同委員会で近く正式合意する見通しだ。関係筋が20日、明らかにした。

 また米軍人、軍属が公的行事で飲酒後に起こした交通事故も泥酔時に限らず、すべて日本側が起訴できるよう見直すことで大筋合意した。

 軍属については扱いがあいまいで、日米双方で裁判ができない状態が続き「法の抜け穴」(関係筋)とされていた。条件付きながら日本での裁判が認められることは一歩前進と言えそうだ。

 地位協定は米軍人、軍属の犯罪の第1次裁判権について公務中は米側に、公務外は日本側にあると規定。米軍が「公務証明書」を発行するなど公務と認定した場合、日本の検察当局は「裁判権がない」として不起訴処分にしてきた。

 関係筋によると、第1次裁判権は米側にあることを確認した上で個別の事情に考慮しながら、米国で適当な裁判所を見つけることが困難と判断した場合などは例外的に日本での裁判が可能になる方向だ。米国の裁判所は海外で起きた事件の審理を受けたがらないことも背景にあるとみられる。

 今年1月、沖縄市で帰宅途中の米軍属による交通死亡事故が発生。那覇地検は「公務中」を理由に不起訴処分にしたが、那覇検察審査会は起訴相当を議決した。

 米連邦最高裁判決により軍属を「平時に軍法会議にかけることは憲法違反」となるため、軍属は米国内の一般の裁判所で裁かれることになるが、最近起訴された事例は見つかっていない。

 公的行事に絡んだ飲酒事故を公務扱いにすることは国会でも問題になり、日米両政府は日本が起訴できる方向で運用見直しを進めていた。

[ことば]

 軍属 軍人ではなく、軍隊に所属する文官、技師などの総称。在日米軍には約4700人の軍属が陸海空3軍と海兵隊に所属し、軍務を支援している。米連邦最高裁判決で平時に軍属を軍法会議にかけるのは憲法違反となったため、軍属が犯罪に関与した場合は「接受国(米軍基地の受け入れ国)が専属的に裁判権を持つ」との見解もある。

  沖縄タイムス

うないフェスタ開幕 (沖縄)

うないフェス開幕 26日まで

 うないフェスティバル2011(主催・同実行委員会、那覇市、共催・沖縄タイムス社)が20日、那覇市のさいおんスクエア牧志で開幕した。
27回目の今年は、牧志駅前ほしぞら公民館となは女性センター(新都心銘苅庁舎)を主会場に、出場団体の企画展やワークショップなどが開かれる。26日まで。

 初日は、ハワイへの留学経験者らでつくる「オキスタ107」が、「しまくとぅばイマージョンスクール設立に向けて」と題して、緊急集会を開いた。

 琉球大学の石原昌英教授は、ハワイ語で教科教育などを行うイマージョンスクール「プーナナレオ」の視察を報告。失われかけていたハワイ語が、幼児教育から大学院まで教育実践されている現状を紹介した。「言葉とは、人間と土地や祖先をつなげる役割がある。言葉を失うということは、土地や祖先との断絶になる」と指摘し、しまくとぅば継承の重要性をあげた。

 沖縄NGOセンターの新垣誠代表理事は「本土並みを求めるあまり、物質的な豊かさばかりに目を奪われてきた。言葉の中にあった歴史や土地とのつながりが失われてきた」と危機感を募らせた。

 オキスタの崎原千尋さんは「若い人たちが方言を語れる人たちとつながることで、文化や歴史、風習をつないでいくことになる。できることから広げていく」と話した。

 オキスタでは、子育て中のメンバーを中心に、方言を話せるお年寄りと母親たちのサークルの立ち上げを検討中。さらに賛同者を募り、しまくとぅばイマージョンスクール開講に向けての実行委員会を発足させる。

  沖縄タイムス

沖縄県被災者受入相談窓口 

【被災者受け入れ】 【沖縄県被災者受入相談窓口】

 沖縄県は、民間賃貸住宅の借り上げによる応急仮設住宅の提供と、被災地から沖縄までの往復分の航空券、住宅を探してから入居するまでの期間の宿泊施設(3食付き)の提供を行っている。
宿泊施設の一時的な提供は最長で1カ月間。対象は、地震発生時に福島県に居住していた世帯と岩手県、宮城県、茨城県の3県の災害救助法が適用された市町村が発行する「り災証明書(全壊、大規模半壊、半壊)」を有する世帯。洗濯機、冷蔵庫、テレビなど生活家電の提供は、相談に応じる。

 また、協力する県内のスーパーや交通機関などから来年3月末まで各種の割引サービスが受けられる二ライカナイカードを発行している。
 問い合わせは、以下の沖縄県被災者受入相談窓口まで。月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで。

090(3794)0530
090(3790)0137
090(3790)1713

【沖縄県宅地建物取引業協会】 沖縄県宅地建物取引業協会では、県の協力要請に応じ、被災者を受け入れるための空き室や空き家情報の集約をしている。原則として、県から紹介のあった被災者から要望を聞き、住宅を提供する。
 必要に応じて、同協会098(861)3402でも問い合わせに対応する。


【全日本不動産協会沖縄県本部】
 全日本不動産協会沖縄県支部では、協会に加盟している会員企業から、被災者に提供可能な空き室情報などを募っている。問い合わせのあった被災者から要望等を聞き取った後、集約している情報の中から提供可能な物件を所有している会員企業に連絡し、被災者と繋いでいる。
 問い合わせは、同協会098(867)6644。



【石垣市】
 石垣市は、東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島の3県の児童の修学支援のため、小中学生を最大965人受け入れる。高校生も県と調整しながら受け入れる方針。罹災または被災証明書(原子力災害関係)、住所が確認できる運転免許証等が必要で、被災時の状況により所持していない場合は相談に応じる。宿泊は県立石垣青少年の家に最大7家族50人程度、それ以上の応募があればホームステイで受け入れる。給食費免除などの修学支援は原則として2012年3月末まで。その後は、被災地の復興の状況をみて検討していく。修学児童を含む家族単位での避難者についても、宿泊施設の無償提供など生活支援を行っている。期間は同様に2012年3月末まで。
 児童の受け入れ人数は各学校の空き定員から算出しており、新たな教職員採用は行う必要がない。給食費などは石垣市で対応する予定で、規模が大きい場合は市民から寄せられた義援金での対応も検討している。
 問い合わせは、石垣市役所秘書広報課0980(82)1243。


【東日本大震災被災者支援 一般社団法人つなぐ光】
 福島第一原発から200キロ圏内に居住している「妊婦と子ども連れの家族」を対象に、被災地から沖縄までの緊急避難支援と移住支援を実施。最大で1か月、NPO法人プロミスキーパーズと共同で運営する恩納村の支援ハウス「ゆいまーるの杜」で受け入れている。入居後、希望があれば、一泊(3食付き)500~1000円で1週間から2週間の短期ホームステイも支援する。移住を決めた避難者が地域にとけ込み、コミュニティを形成する支援のため、浦添市に事務所を開設し、コミュニティスペースとして開放。交流イベントなども開催している。
 問い合わせは、恩納村本部098(966)1103、浦添事務所098(943)3693。メールアドレスは、tsunaguhikari@gmail.com
詳細は同会ホームページhttp://tsunaguhikari.jp/、またはブログ http://mothership2012.ti-da.net。


【NPO法人プロミスキーパーズ】
 つなぐ光と連携して恩納村にある中長期受け入れ支援ハウス「ゆいまーるの杜」を運営し、那覇市曙にある事務所内に「物資支援センター」を開設している。「ゆいまーるの杜」では、支援ハウスに入居した避難者の生活支援や心のケアを目的とした交流会などを開催。「物資支援センター」では、県民から支援物資を募集し、避難者や困っている県民の事情に応じ、物資を無償で提供している。
 問い合わせは098(988)4783。
 同法人ホームページはhttp://www.promisekeepers.jp/。


【妊婦・母子・子育て家族支援ハウス「ゆいまーるの杜」】
 つなぐ光とプロミスキーパーズが共同で運営する避難者受け入れ施設。最大1カ月の宿泊施設提供によるメンタルケアと沖縄への移住支援を行っている。大人は1日当たり500円、子どもは無料で利用可能で、食事、掃除などは入居者が分担して行う。
問い合わせは、つなぐ光 恩納村本部098(966)1103、浦添事務所098(943)3693。メールアドレスは、tsunaguhikari@gmail.com。
 詳細は http://yuimarunomori.blog97.fc2.com/。

【情報支援ボランティア沖縄】
  被災地と沖縄をつなぐ支援情報紙「風の便り」の発行や相談窓口「よりそい」で被災避難者や支援に関わる県民に情報提供を行っている。「風の便り」は毎週土曜発行で、沖縄県内の主な公的機関およびジュンク堂那覇店などに設置。「よりそい」は毎週金曜日の19~21時、那覇市・平和通り商店街内の那覇市協働大使活動支援センターで開設中。
 問い合わせは、080(2696)4044(稲垣)、または kajitayori@gmail.com。
 詳細は同団体ブログ http://okitiki.ti-da.net/。


【NPO法人しまづくりネット】
 岩手、宮城、福島の3県の被災避難者を対象に、ママチャリの無料貸し出しを行っている。通常の使用範囲でのパンクについては、同法人が運営する美栄橋レンタサイクルで無料修理も行う。期間は12月27日まで。
 問い合わせは098(862)1852。メールアドレスは。
 詳細は同会ホームページhttp://shima.p-kit.com/。


【沖縄萩の会(戸袋勝行会長):沖縄在住宮城県人会】
 避難または移住してきた人が沖縄での暮らしに早く定着できるように、交流会、懇親会などを企画している。また仕事などの相談にも出来る限り応じている。
 問い合わせは098(875)1458(事務所)。
 同会東北地方太平洋沖地震対策本部ブログhttp://haginokai.jugem.jp/。


【あったかふくしま(古川喜美男会長):沖縄在住福島県人会】
 新年会や観月会など通常の交流会のほか、毎月第3日曜の13時から小禄カトリック教会で避難者の情報交換の場を設けている。県人会がお茶とお菓子を用意し、気軽に参加するよう呼びかけている。
 問い合わせは090(9784)3788(木村)、または毎月第3日曜日に開催している会へ。


【美らめんこい会(加賀哲彦会長):沖縄在住岩手県人会】
 会員から義援金を募って被災地へ送っているほか、相談があればその都度、支援を行っている。県や社会福祉協議会、NPOなどボランティア団体と協力して、今後も出来る範囲で継続的に支援を行う。
 問い合わせは090(6868)2687(菊池)。
 同会ブログhttp://iwatetyura.ti-da.net/e3557797.html。


  琉球新報

宮古の産業まつり開幕友好 (沖縄)

特産品ずらり、特売で盛況/宮古の産業まつり
開幕友好、交流都市の物産も販売

null
シビマグロ一匹の丸揚げを買い求める市民
=19日、ダイワドライビングスクール跡地

 第34回宮古の産業まつりが19日、ダイワドライビングスクール跡地を主会場に開幕した。
会場では新鮮な農林水産物や花の苗、伝統の工芸品など地元の特産品が展示販売され、開場とともに押し寄せた多くの市民が特売の商品を買い求めた。
米や野菜など友好・交流都市の物産も多数販売された。ステージ部門では宮古織のデザインコンテストやファッションショー、各種表彰式が行われた。祭りはきょう20日まで。

 産業まつりは宮古の一大イベント。生産者の生産意欲の高揚と県産品に対する消費者意識の啓発が大きな狙い。毎年多くの市民が足を運び、安価で新鮮な特産品を手にしながら地場産業を見つめ直している。

 開会セレモニーが午前10時から行われ、実行委員会の下地義治会長が「宮古の特産品をはじめ島内外の商品に触れ、その品質の良さを再認識する機会」と祭りの意義を強調。「事業者や生産者は自社製品の紹介や販売を通して、消費者のニーズに対応した新製品や技術の開発、販路拡大に取り組んでほしい」と述べた。

 仲井真弘多知事と下地敏彦市長が祝辞を寄せ、それぞれ祭りを契機にして地場産業に対する認識が一層高まることを期待した。

 この後、下地会長ら関係者がテープカットを行って第34回祭りを開場。訪れた市民がどっと押し寄せ、特産品が並ぶ各ブースで見学や買い物を楽しんだ。

 どのブースも魅力的な商品がずらりと並んだ。キクやブーゲンビレア、マリーゴールドの苗が安値で販売されたほか、新鮮なダイコンやキャベツもあった。トマトやピーマン、ナス、ブロッコリーも展示販売され大人気だった。

 水産物ではモズク商品をはじめシビマグロ一匹の丸揚げ、クルマエビの串焼きコーナーが盛況。多くの市民が長蛇の列を作って商品を買い求めた。

 友好、交流都市のブースも人気を集めた。福島県西会津町は米やリンゴなどを販売。静岡県藤枝市はレタスやシイタケ、岐阜県白川町は米、茶、豆腐、新潟県上越市は米や地酒をそれぞれ安値で売り出した。

 各ブースに訪れた市民は特産品の試食を楽しみながら気に入った商品を次々と購入し、友好、交流都市の特産品に理解を深めた。

 ぱいながまホールで開かれたステージ部門も盛り上がりを見せた。北中学校生徒は躍動感あふれるダンスパフォーマンスで観衆を魅了、宮古織デザインコンテストとファッションショーもにぎわった。

 20日の祭りは午前10時から午後5時まで。初日同様に島内外の特産品を含む商品が展示販売される。

. 宮古毎日新聞

トックリ木綿満開 (八重山・沖縄)

トックリキワタ満開
null
 南米ブラジル原産のトックリキワタ(パンヤ科)の花が各地で満開し、濃いピンク色の花が見ごろを迎えている。

 石垣市の宮良川河口にあるトックリキワタは樹高が4~5メートルあり、華麗な花をたくさん咲かせ圧巻。
橋の欄干近くにあることから、車から降りて、花見を楽しむ人もいる。

 南米では4~6月に開花するが、沖縄では10月下旬から咲き出し、12月下旬まで沖縄の初冬の空を鮮やかに彩る。
 

  八重山毎日新聞