2011-11-29



サンゴツリー届けるよ (おきなわ)

サンゴツリー届けるよ 寄せ書き添え被災地保育所に

心を込めて被災地に送るサンゴ石のクリスマスツリーを作った園児ら
=25日、那覇市のたばる愛児保育園

 「サンゴのクリスマスツリーで楽しく過ごしてね」。東日本大震災の被害に遭った保育園児を応援しようと、那覇市のたばる愛児保育園(上原廣子園長)の園児10人が、サンゴ石や松ぼっくりなどを組み合わせてツリーを手作りした。28日、交流のある被災地の保育園に送った。

 たばる愛児保育園は震災後、県内民間団体の仲介で園児が描いた絵を被災地に送った。絵が届けられた宮城県石巻市の「牡鹿臨時保育所」に通う子どもの保護者からお礼の連絡があったことが交流のきっかけになった。

 作ったツリーは全部で12個。園外保育で行った瀬長島で、園児自らサンゴ石を集めたほか、一部は中に電球を仕掛けるなどきれいに見えるよう工夫した。

 ツリーと一緒に「くりすますをたのしんで」「さんごのつりーだいじにしてね」「かぜをひかないでね」など、園児それぞれの思いを記した寄せ書きや手形も一緒に添えた。

 鈴木美穰(みの)ちゃん(6)は「かわいく見えるよう、ツリーの上に貝殻を載せた。うまくできたと思う」と感想を話した。

 大城侑虎ちゃん(同)は「サンゴ石はきれいなものを選んで作った。ツリーを見て、早く元気になってほしい」と笑顔を見せた。

 上原園長は「被災地は寒い冬を迎えると思う。園児の思いが込もった沖縄ならではのツリーで、元気になってほしい」と期待した。


  琉優新報

テンペスト、3Dに PR (沖縄)

テンペスト、3D映画に 仲間さんら出演者がPR

<映画「劇場版テンペスト3D」>「迫力ある3Dの映画を楽しんでほしい」
とPRする主演の仲間由紀恵さん(中央)と、共演者の谷原章介さん(右)、
高岡早紀さん=28日、東京都港区の六本木ニコファーレ

 【東京】
県出身の女優、仲間由紀恵さんが主演を務める19世紀の琉球王国を舞台にした3D(立体)映画「劇場版テンペスト3D」の製作発表会見が28日、東京・六本木のニコファーレで開かれ、「真鶴」と「寧温」の一人二役を演じた仲間さんが「首里城の美しさや迫力ある3Dの映像を楽しんでほしい」とPRした。

 テンペストは県出身の作家、池上永一さんの長編小説が原作で、舞台化されたほか、時代劇としてドラマ化されていた。

 製作発表には、仲間さんのほか、真鶴に思いを寄せる薩摩藩士、朝倉雅博役を演じた谷原章介さんと寧温に敵対心を抱く聞得大君役の高岡早紀さんも登壇。
谷原さんは「琉球では朝倉は異邦人だが、琉球の土地や寧温を愛すなど二律背反しているような役について考えながら一歩一歩やってきた」と振り返った。
自分自身と朝倉の共通点については「沖縄と仲間さんが好きだということ」と話し、
笑いを誘った。

 高岡さんは「沖縄の歴史の深さを、斎場(せーふぁー)御嶽の風を受けて感じた。雨乞いをすると本当に雨が降った」と話した。

 仲間さんは「沖縄で生まれ、何げなく過ごしてきたが、東京に来て初めて自然の美しさなどに気づいた。今の沖縄の実情も知っておかないといけない。役を演じているときは『自分が沖縄を救うんだ』という気持ちだった」と作品への思いを語った。


  琉球新報

2011-11-10

「まもる君」に異動辞令 (宮古島・沖縄)

「まもる君」3体に異動辞令
/地区安全協と宮古島署事故多発地区に配置

null
「宮古島まもる君」3体に異動辞令が交付され、新しい勤務地に向かうまもる君を園児たちが笑顔で見送った=9日、宮古島警察署

 宮古島警察署(島袋令署長)と宮古島地区交通安全協会(宮里敏男会長)は9日、「宮古島まもる君」3体に異動辞令を交付した。

 交付式では3体に代わり、署員がまもる君に扮したリアルまもる君が宮里会長から異動辞令を受け取った。

 異動辞令を受けたリアルまもる君はあいさつで「負傷の2体と激務で色落ちした1体の兄弟がようやく治療を終えて勤務に復帰することになった。3体は交通量が多く事故の発生も多い場所への異動となる。年末に向け宮古から悲しい事故が1件でも減るように交通監視立番勤務を徹底したい」と述べた。

 今回、異動辞令が交付された3体は、長北のまもる君が海宝館前に、東平安名崎入り口のまもる君が恵商店5差路(平良字東仲宗根)に、西辺小学校前のまもる君が平良字下里のブティックエレム前にそれぞれ配置され、監視活動を行う。

 異動辞令を受けた2体は、9月に何者かによって損壊させられたまもる君で残りの1体は風雨などで色落ちし修復が必要となっていたまもる君。3体とも修復作業を終えて勤務復帰となった。

 島袋署長は「今年も残り少なくなった。交通事故も飲酒運転もない住みよい宮古圏域にしていくために大人が模範となっていく必要がある」と訴えた。

 また、宮里会長も「まもる君は宮古の観光にも大きく貢献している。しっかりと新しい勤務地でも交通安全を訴えてほしい」と述べた。

 辞令交付式には関係機関の代表のほか、東保育所の3歳と4歳の園児も参加。園児たちはかわいい踊りを披露し、新しい勤務地でのまもる君の活躍に期待を寄せた。

.宮古毎日新聞

2011-11-01

マブヤー参上 県内で上映  (沖縄)

全国先駆けマブヤー参上 県内で上映

上映開始を喜ぶ出演者ら=北谷町・ミハマ7プレックス

 【北谷】
沖縄から生まれたご当地ヒーロー、琉神マブヤーが活躍する映画「琉神マブヤー・ザ・ムービー 七つのマブイ」の上映が29日から、全国に先駆けて県内3劇場で始まった。
初日は佐野智樹監督のほか、マブヤー役の山田親太朗さん、龍神ガナシー役のISSAさんら出演者が北谷町美浜のミハマ7プレックスで舞台あいさつし、作品への思いを語った。

 出演者の大半が沖縄出身者で、恩納村出身の山田さんは「いろんな方々の力を借りてここまでできた。うれしい。(映画を見た感想は)大丈夫でしたか?」と観客の反応を確かめるようにあいさつ。司会から「ガナシー人気も高い」と褒められた沖縄市出身のISSAさんは「マブヤーあってのガナシー。これからもよろしく」と山田さんに話し掛け、笑いをとっていた。

 ヒロインのアイリ役で、北中城村で育った福本ジュディ幸子さんは「テレビでマブヤーが始まった時から大ファン。撮影も楽しかった」と感想。客席は、家族連れなどでにぎわい、手作りのマブヤー衣装を着た高橋琉海(るう)ちゃん(4)=沖縄市=は「マブヤーもガナシーも好き。楽しかった」と声を弾ませた。

沖縄タイムス