2011-08-31



超新星の撮影に成功 回転花火銀河に出現 (八重山・沖縄)

超新星の撮影に成功 回転花火銀河に出現

石垣島天文台は26日夜、24日に発見された渦巻き銀河M101
(NGC 5457)に現れた超新星の撮影に成功した。

超新星は、北斗七星の柄の先のそばにある天文ファンに人気の「回転花火銀河」と呼ばれる渦巻き銀河M101(NGC 5457)で発見。同銀河は、おおぐま座にあり、地球から約2100万光年の距離にある。
 
太陽系が含まれる天の川銀河(銀河系)の2倍ほど大きさ(直径約17万光年)を持ち、渦巻き状の形をしている。渦巻き状の腕と呼ばれるガスや塵(ちり)の集まりの中で、たくさんの星が生まれており、太陽のような星でも1億個あるといわれている。

また星の最期である超新星爆発もこれまでに、いくつか観測され(最近では、1970年)ており、今回の超新星は、アメリカで発見。その後、世界各地で観測が行われている。
 
当初は17等の明るさを見せたが26日には、13.2等にまで増光しており、これからさらに明るくなる可能性がある。石垣島天文台では引き続き光度の変化などを観測する。
 
このまま明るくなると、2週間後には、カミオカンデでニュートリノが発見され、世界的にも有名なマゼラン星雲で見つかり、3等の明るさになった超新星SN1987Aに次ぐ明るさになるのではないかと、予想する研究者もいる。


  八重山毎日新聞

2011-08-12

「宮古島まる子です。よろしく」(宮古島・沖縄)

「宮古島まる子です。よろしく」
/宮古島署に着任女性白バイ隊員として活動

10日付で宮古島署交通課に着任した宮古島まる子ちゃん(右)
=10日、宮古島警察署
 
宮古島まもる君の妹・宮古島まる子ちゃんが10日、
宮古島警察署交通課に配属された。

まる子ちゃんの階級は警視待遇巡査。1993年3月3日生まれ18歳。
身長は180㌢。趣味はバイク乗車とカラオケ。好きな言葉は「パニパニで
行こう」。名前は交通事故ゼロの願いから「まる子」と命名された。

まる子ちゃんは今後、多忙な兄を助け、女性白バイ隊員のシンボル
である赤い乗車服とヘルメットを着用して、交差点での交通監視および
各種メディアに出演し、交通安全を呼び掛ける広報活動を展開する。

将来の夢は、同署の島袋令署長のようになることと、パニパニJrか
AKB48に負けないユニットを作って「宮古島まる子ちゃん」のテーマ
ソングでデビューすること。

着任について、まる子ちゃんからは「女性らしさの中に凛とした強さで
みんなに夢と希望が与えられるよう各種活動に頑張りたい。宮古島署
の庁舎前で監視活動の勤務に就くのでぜひ、立ち寄って記念撮影をして
ほしい」とのメッセージが寄せられた。

.  宮古毎日新聞

2011-08-10

「マブヤー3」10月開始 謎の新キャラも登場 (沖縄)

「マブヤー3」10月開始 謎の新キャラも登場

「琉神マブヤー3」に出演する琉神マブヤー(左から3人目)、
龍神ガナシー(同2人目)、凰神カナミー(同4人目)=8日、県庁
 
マブヤー企画(豊見城市)の畠中敏成社長らは8日、
県庁で記者会見し、テレビ番組「琉神マブヤー」の第4弾と
なる新番組「琉神マブヤー3(ミーチ)」を10月1日~
12月24日に放送すると発表した。
 
第1弾については8月に大阪、10月に東京の地上波での
放送がそれぞれ決まり、北海道、名古屋、福岡、海外での
放送も調整している。
 
さらにこれまで県内のみの発売だった第1~3弾のDVDを
10月12日から全国発売する。
 
「3」の放送は、琉球放送(RBC)で毎週土曜の午前10時25~
同55分の30分番組。今回は敵に敗北を喫してしまうマブヤーが
修行など数々の困難を乗り越え、成長する姿を描くドラマ性の
高い内容で謎の新キャラクター「ニフェー」らも登場する。
 
主役の琉神マブヤー(カナイ)を演じる翁長大輔さんは「キャストの
チームワークを生かし、最高傑作にしたい」、龍神ガナシー(ニライ)を
演じる末吉功治さんは「マブヤーの姿を通して東日本大震災という
災害から乗り越えていく元気を与えられればいい」などと抱負を語った。


   琉球新報