沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2014-05-01

南城市大里字古堅の伝統行事

昨日、大里字古堅の伝統行事「みーみんめー」を見に行った。

地元の人に聞くと「みーみんめー」は豊年祭と答えが返ってきた。

なぜ旧暦の4月1日に行われるのでしょうか。
「みみんめー」の由来はなど分からず終いで見学をした。

伝統行事凄い。今も守り受け継がれていた。

御嶽(うたきで)の奉納の踊り
子供達が赤田首里殿内の童歌に乗って踊る。




弥勒(みるく)を先頭に行列が始まる。




神家(かみやー:神様が鎮座する家)での奉納
勇壮な棒術

棒術は邪鬼を払い場を清めると伝えられたいる。
勇壮さは村の勢いにもつながるとのこと。

村屋(むらやー:公民館)、村の中心の広場(あしびなー)でも踊りや棒術を奉納














この祭りの踊りの奉納の順番を見ていると、初めに赤田首里殿内の
童歌に乗せた踊りを踊る。この曲は「弥勒迎け(みるくうんけー)」
で唄われていた童歌である。
弥勒を迎えて豊年祭が始まるのである。
この歌詞が祭りの名称「みーみんめー」になったのでわと思いなが帰った。

1.あかたすんどぅんち くがにどぅーるーさぎてぃ
  (赤田首里殿内 黄金灯籠提げてぃ)
  うりがあかがりば みるくうんけー
   (うりが灯がりば 弥勒御迎え)
 しーやーぷー しーやーぷー みーみんめー みーみんめー
 ひーじんとー ひーじんとー いーゆぬみー いーゆぬみー
2.あがりあかがりば しみなれーがいちゅん
   (東明がりば 墨習いが行きよん)
  かしらゆてぃたぼり わうやがなし
   (頭結てぃ給り 我親がなし)                  
 しーやーぷー しーやーぷー みーみんめー みーみんめー
 ひーじんとー ひーじんとー いーゆぬみー いーゆぬみー










 
category生活  time16:37  authorn6160 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。