広告バナー
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»

2008-03-22



沖縄移住

沖縄移住者ミドリです。

沖縄移住の際に悩む「住む場所」探し。
前回に引き続き、モノレールの風景から私見で町をご紹介。
雰囲気が伝わればといいなと思います。

沖縄移住情報
ゆいレール小禄駅~奥武山公園駅


ゆいレール小禄駅→奥武山公園駅


ゆいレール奥武山公園駅→小禄駅

モノレールと大型ショッピングセンターと公団があり、
バイパス沿いには本土系含めた各種量販店、飲食チェーン店と
沖縄系の店が混在するエリアで、なんとなく徒歩というより車で移動するイメージな町。
閑静な住宅も多くウチナンチュには人気の場所な気がします。

きみどり+自分の印象は
<小禄>
・ジャスコ
・公団
・カフェ
・那覇西高校
・小麦粉の紅芋パン
・もみじ出身地
<奥武山>
・公園
・マラソン
・漫湖
・豚の丸焼き屋

です。
(あくまで私見ですのであしからず)

2008-03-17

沖縄移住

沖縄移住者ミドリです。

沖縄移住の際、たぶん皆さん困るのが
家をドコにしたらいいのか?という問題。

現役バリバリでの沖縄移住を決意した者として
まずは仕事ありきが優先。
那覇で働く事はなんとか決める事が出来たにして
じゃぁ、どこら辺までが通勤圏内なのか。
どれくらいが妥当な家賃なのか。
台風の時はどうなるのか。
ミドリ&きみどりも随分悩みました。
まして猫(桜)もいましたので。

事前にネットで情報を集めて地元不動産屋からファックスを
たくさん送ってもらう日々。

沖縄移住体験
(約2年半前、一人分の家財道具をつめた車を、沖縄行きの船に。)

結局、家が決まらないまま単身就業の日を向かえ、
まだ見ぬ新居に思いをはせながら那覇に到着、モノレールに身をゆだねたモノです。



…という事で、沖縄移住を考えている方の足しにでもなればと、
こないだきみどりが帰省の際に飛行機に乗り遅れそうになりながら
撮ってきた映像を利用して那覇の雰囲気をご紹介したいと思います。
(あくまで私見ですので事実と違ったらごめんなさい)

沖縄移住体験
ゆいレール 那覇空港駅~赤嶺駅



映像後半までは基地エリアですね。
赤嶺は閑静な住宅地というか、閑静な一軒家から公団的(?)な住居まであって
わりかし風景も新しく見えます。
ただ基地や飛行場が近いので騒音が気になると聞いた事があります。

ちなみにきみどりに聞いた赤嶺のイメージは
・レンタカー
・空港
・自衛隊

沖縄県庁前までは、空いていれば車で15分ぐらいみてれば平気でしょうか。
大きなスーパーとか量販店とかが近くにあって
車さえあれば便利なところではないでしょうか。
家賃レベルはよくわかりません。


2007-10-26

沖縄移住/引越

null
沖縄移住者のミドリです。
激しいロケ攻勢の中、
家を整理してくれるきみどりのお陰もあって、引越先での生活にもなんとなく馴染んできました。

写真はベランダからの夜景…
夜景か!?
…ディープな沖縄移住生活です。


2007-10-23

沖縄移住/引越

沖縄移住者のミドリです。

沖縄移住して以来丸2年住んだ家から、今日引越です。

新居は車が入れない細〜い道の奥に、まるで喧騒から忘れられたようにあるアパート。
たぶんウチナンチュは好んでは借りないような物件なんでしょうね。

夫婦というのはその辺の感覚が一致しているのか、ほぼ即決に近い形で転居となりました。

ま、桜やもみじが同居可というのも大きなポイントでしたが、それ以外にも何というか、沖縄移住した僕らが選ぶ雰囲気がある、そんな素敵な新居なんですね。
これまでの家とこれからの家。
なんだか「沖縄移住」を経て変化した、僕ら夫婦の「沖縄」との距離を象徴してるようで面白いです。


…という事で、この写真の景色も見納めしてきました。
沖縄移住してからの間、楽しい時も辛い時も、自分を送り出してくれた景色。
…ホントにありがとねぇ。
この家で沖縄移住生活をスタート出来て良かったよ。

2007-07-28

沖縄移住

沖縄移住者のミドリです。
たまに沖縄移住について自分の経験から思う事を書いてます。

沖縄は都市圏10に比べ賃金水準が7ぐらいが実感値で、30歳代で給料20万未満も全然普通なんだと思います。
自分も職探しの時、正直「うっ」って思いました。
ただ、比較するとそうなんですけど、こっちではそれが普通なんです。
大事な事は「みんなそれが普通」って事かなと。
本土と比較しても仕方ないんです。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。