沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2012-05-17

「復帰40周年」 

5月15日で沖縄が本土に復帰して40年が経ちました、
小生が中学3年のときでした、テレビではお祝いの記念式典
の中継が流れていました、学校はお祝いだということで
午前中で終わって午後から帰宅です、お祝いなのに
饅頭が配られなかったのは少々ガッカリしました。

円を見たときには復帰して何かが変わったということが子供ながら
感じるものがありました。

あれから40年、道路等のインフラ部分は大分整備されて立派になりましたが、
相変わらず、低所得、失業率の高さ、基地負担の大きさは変わりません、
普天間基地移設問題も一向に解決の糸口が見えない、あと10年以上も
このままズルズル行きそうです、沖縄県民は県外移転を望んでいる、
本土の人達は、迷惑な基地は引き受けないと言い張るし、でも基地は必要だと
言うし、かといって米軍は日本から撤退しても困るという本音も見え見だし、
(日本単独では国防の負担が増えるからかな)それならばいっそのこと、
弱い沖縄に基地負担を押し付けちゃえと、なんだかんだと「抑止力」なる
屁理屈をくっつけて、ほっかむりをしている状態です。
これでは普天間が動くはずがありません。
実際、ヤフーニュースでこの手の記事のコメントを読んでみると、
ほとんどの書き込みが、沖縄に基地があるのはやむを得ないと言う、
容認派が大半です(書き込みの大半が本土の人達)。

変わるとすれば本土の人達が沖縄に対する差別意識が無くなったときでしょう。

人間も所詮、他の動物達と一緒で、弱いものよりは常に優位の立場でありたいと
いう、本能が働きます、自分より弱いものがいることによって精神的な安心感
が得られるからでしょう。

しかし、人間には理性というものがあるから、日頃は本能を抑えることが
できるのでしょうが、いざ土壇場になると本能が頭を持ち上げてきます、生きるものの
悲しい性でしょうか。

嘗て、江戸時代の身分制度の中で士農工商の農の農民達の不平不満を和らげる
ために、さらに低い身分の「えた・非人」を作って、農民達に精神的な
優位さを持たせたようです。(実際は他にも理由があったようですが)

本来、個々には能力的な差はほとんど無いはずなのだが・・・。
これが、今でも被差別部落や、同和問題として尾を引いているようです。

このように、コメントで沖縄への基地負担容認を考えている人達は、沖縄は
本土より下であり、平等の権利を有する必要は無いと考えているように思えて
なりません。


又、大和民族は、朝鮮、中国民族よりも上だと考え、米国や欧州民族よりは下だと
、本能的に思っているようです。

ちなみに、アメリカ人は「父、母」のことを「お父さん、お母さん」と呼びませんが、
日本人は「パパ、ママ」と呼んだりします。

以前は、ラジオを聞いている人を「聴取者」と言いましたが、今は「リスナー」
と呼ぶようになったようです。
これも又、悲しい日本人の性なのだろうか・・・・。

復帰の日を迎えて、ウチナーンチュの悲しい性を憂う今日この頃です。

追記、東都大学野球で東浜投手擁する、亜細亜大学が今期優勝を決めました、
彼は、通産31勝、21完封勝利を飾りました、おめでたいことですが、
あまり投げすぎて肩を壊してプロで活躍できなくなってしまうことが心配です、
後は無理をせず、ほどほどの活躍でいいかも。
とにかくあっぱれです。

又、巨人の宮国投手も肩に違和感を訴えたようです、大事に至らなければいいのだが。

中央大学の島袋投手も左肘に違和感があるようです、無理をせずゆっくり治して頂きたいですね。

null  
categoryうちなーぐち  time20:53  authormagumataisi 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。