2020-03-31



ノアの方舟

旧約聖書の有名な話。
神様がこの世に人間を誕生させた、当初はめでたいことだということで、
産めよ増やせを奨励していたが、そのうちに多くなりすぎて、人間が傍若無人
にふるまうようになり、それに怒った神様が人間を全滅させることにしたが、まじめで信心深い
ノアとその家族、一部の動物だけを生かせるために、ノアに船を造らせて、
それに乗せて救うことにした。乗船後に神様は、40日間連日連夜大洪水を起こさせて、
地上の動物や人間を消滅させ、ノア達だけが生き残ったというお話。

人間は歴史上いろんな悪さをして生命が生存できる奇跡の星地球を荒らしまくっています。
異常気象とか言うけれど、これも人間がしでかしたことです。
豊かさを求めて自然を壊し、破壊しています。

爆弾、ミサイルと地上めがけて打ち込んでいますので、大地もたまったものでは
ありませんね。

そればかりでなく、昨今は、生物学の領域にも破壊が進んで、遺伝子組み換え
やら、クローン技術やら、科学の力で神の領域まで荒らしています。

エボラ、サーズウィルス、そしてコロナウィルス、自然界から発生したものなのか、

それとも人間が意図的に作った人工ウィルスなのか、真相はわかりませんが、
中国武漢に端を発したウィルスは、当初市場のコウモリから広がった
という話だが、どうも怪しい、コウモリも人間に責任を押し付けられて
気の毒である。そもそも動物も人間にはめったに悪さをしないです。

いじめるのはいつも人間であり動物ではありません。

神様は本当に厄介な生き物を作ってしまったと思っているでしょう、あの時
絶滅させておけば地球の命はもっと永らえたのにと後悔していると思います。

事実、地球を破壊させる核兵器は存在します、水爆は広島に投下された原爆の
3千倍の威力あるといわれてます、それは水爆が作られた50年以上も前
の話です、その後改良されて威力は数倍も上がっているでしょう。
アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国が保有しています。
何発あるかわかりません、想像したくないですね。

そして、恐るべき静かなる殺人生物兵器。コロナウィルスで世界中がパニック
戦時状態です。空襲警報が鳴りっぱなしの状態です。

今や、医療先進地であるヨーロッパ、アメリカでさえ手を付けられない状態。
これが医療未開地に蔓延したら億単位の犠牲者が出るでしょう。
日本とて油断はできません。

東京都では酒場などに出かけるのは控えるようにとのおふれも出ました、
経済的ダメージも相当なものですね。

第二次世界大戦の犠牲者6千万人~8500万人と言われています
コロナウィルス細菌戦争も世界大戦と同様にならないことを祈ります。

なんの因果か知らないが、くしくも80年前1940年の東京オリンピックも大戦で
中止になりました。今回は中止でなく延期になりました、
何とか難局を乗り越えて来年は是非とも、平和の祭典を実現させたいですね。

嘗て、ヨーロッパは世界を席巻繁栄していました。ローマ帝国、無敵艦隊のスペイン、七つの海を
制した大英帝国、ナポレオンのフランス、そして、第二次世界大戦後のアメリカ。
大航海時代には、イタリアのコロンブス、ポルトガルのバスコダガマ、マゼランなどの探検家が、
アジア、アメリカ大陸に上陸し、列強の進出のきっかけを作りました。

それによって、傍若無人にふるまい植民地にして暴利をむさぼり大国になりました。
中国も列強の犠牲になりました、アヘン戦争やアロー号事件でイギリスにフルボッコにされて、
香港を租借されたりと、散々な目にあいました。世界の中心であるという中華思想も
ズタズタにされたでしょう。いつかはリベンジをと言う発想は中国人のDNAに刻まれていると思います。

偶然なのかどうかは知らないが、イタリア、スペイン、イギリス、フランス、アメリカでコロナウィルスが
猛威を振るっています。早くウィルスと戦うワクチンが完成するといいですね。

昔、ミクロ決死隊という漫画がありましたが、彼らに登場願いましょう、しかしコロナウィルスは
1/10ミクロンだそうです、なかなか手ごわい相手だ。
当分は自己防衛で頑張るしかないですね。